Read Article

家族カードでハワイ旅行中利用する空港のラウンジを使えるのか試した結果

家族カードでハワイ旅行中利用する空港のラウンジを使えるのか試した結果

今回は、ご家族でのハワイ旅行を計画している人のうち、クレジットカード会社のラウンジを使うのが初めての人にお伝えしたい情報です。

家族カードでラウンジが使えるのか心配だった

私は、ハワイ旅行には、複数のクレジットカードを持って行きます。そのうちの1枚にセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがあります。

このカードには、Priority Passという空港のラウンジが使える会員サービスが付帯されます。加えて、Priority Passを利用しなくても、このカード自体の特典で、日本国内の空港やハワイのホノルル空港のクレジットカード会社提携のラウンジが利用できます。

私は、このクレジットカードの「家族カード」を作り、妻に使って貰っています。そして、ハワイ旅行にあたり、その家族カードに疑問を1つ持ちました。

その疑問とは、「妻の家族カードで、空港のクレジットカード会社のラウンジが使えるのか?」というものです。

「家族カードでラウンジが使えるのか」と疑問を持った理由

なぜそのように疑問を持ったのかというと、このカードの公式サイトに、家族カードでの空港のラウンジ利用に関する詳しい説明がなかったからです。

そのため、ラウンジの利用にあたり、「何らかの制限があるのか、それともないのか」がよくわからなかったんですね。

また、この家族カードは、その年会費が、正規のカードより安くなっています。具体的には、正規の年会費が2万円なのに対し、家族カードは、3千円です。

そのため、その特典に「何らかの制限があるのではないか?」と考えてしまいました。

そして、このカードでは、ラウンジに同行者を伴う場合は、同行者は有料となるのが基本です。そのため、「家族カードの特典に、何らかの制限があるとしたら、もしかするとそれはラウンジの利用なのではないか?」と、変に勘ぐってしまったわけですね。

家族カードで使えた空港のラウンジ

このような疑問があったので、実際にハワイ旅行で使えるかを試すときは、「使えません、と言われたらどうしよう・・・」と不安を感じました。

そこで、実際にハワイ旅行で利用する空港において、家族カードでラウンジが使えるかを試した結果をご紹介します。

少なくとも、羽田空港とハワイのホノルル空港のカード系ラウンジでは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの家族カードでも、ラウンジを無料で利用することができました。

具体的には、羽田空港の出国後エリアにある「SKY LOUNGE / TIAT LOUNGE / SKY LOUNGE ANNEX / TIAT LOUNGE ANNEX」のラウンジと、ホノルル空港の「IASS HAWAII LOUNGE」において、家族カードで無料でラウンジを利用できました。

また成田空港では実際には家族カードでの利用はしませんでしたが、第1ターミナルの「IASS Executive Lounge 1」の受付スタッフに「このカード(家族カード)で利用できますか?」と確認した分には、「できます」とのご回答でした。

ちなみに、この結果から、以上のラウンジに限らず、成田空港の他のターミナルラウンジでも、利用できそうな感触を得ました。実際に利用してみないと、真相はわかりませんが、大丈夫そうな手応えでした。

事前に問い合わせるのがオススメ

今回、私は、「家族カードで空港のラウンジが利用できるか?」をぶっつけ本番で試しましたが、今考えると、先に「家族カードでラウンジを使えるかどうか」を、カード会社の窓口に問い合わせておけば、良かったです。

そうすれば、いざ実際に利用する段階になって、「このカードでは入れません」と言われる不安を解消できるからです。

私は、その確認を怠ったばかりに、妻とホノルル空港の「IASS HAWAII LOUNGE」を利用する際には、ちょっと姑息な方法を取りました。

具体的には、冒頭で述べた通り、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、このカード自体のラウンジ利用の特典とは別に、Priority Passも利用できます。

そして「IASS HAWAII LOUNGE」は、このPriority Passでも利用できます。

なので。このラウンジを利用する際に、私は、Priority Passで利用し、妻は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの家族カードで利用する、という方法を取りました。

こうすると、ラウンジの受付のスタッフに、妻のカードが「家族カード」と思われないように感じからです。

私と妻が、全く同じ見た目のカードを提示した場合、どちらか一方が「家族カードですよね?」と、言われて利用できない可能性を考えての、この作戦でした。

実際には、このような姑息なことをしなくても、家族カードで「IASS HAWAII LOUNGE」は利用できました。そのため、私もPriority Passではなく、クレジットカードの提示で利用できたわけです。

このような方法を取ってしまった背景には、「家族カードでラウンジが使えるのか」がはっきりわからないことがありました。なので、その不安がある人は、事前に自分が使っているカード会社の窓口に問い合わせて、それを確認するのがオススメです。

Return Top