Read Article

ワイキキに行かない人のハワイ旅行の楽しみ方

ワイキキに行かない人のハワイ旅行の楽しみ方

今回は、初めてのハワイ旅行で訪れる島を選んでいる人にお伝えしたいお役立ち情報です。

で、このサイトでは、基本的に初ハワイの人には、オアフ島のワイキキに滞在することをオススメしているんですね。その理由ですが、次の通りです。

  • ホノルル空港から近くアクセスしやすい
  • 宿泊先の選択肢が多い
  • 観光客向けの交通手段の選択肢が多い
  • 都会も自然も見所が多い
  • 日本語でのサポートを受けやすい
  • 日本語が通じる病院もある
  • などなど・・・

と、本当にたくさんの理由があります。

その一方で。ハワイ好きの人の中には、「私はワイキキには行きません」という人もいるんですね。

今回は、私の知っているハワイ好きの人のうち、そのように「ワイキキに行きません」という人が、「どのようなハワイ旅行の楽しみ方をしているか」をご紹介します。そして、その過ごし方を、ハワイ旅行の島選びの参考にして欲しいわけです。

ちなみに、このハワイ好きの方ですが、子供が生まれる前からハワイにはまっていて、今はそのお子さんが高校生になっています。その間、「ほぼ毎年ハワイを訪れている」というくらいハワイ好きの方です。

つまり大体20年間くらいハワイに行き続けている方なんですね。

オアフ島のワイキキに行かない理由

まず、そのハワイ好きの方が、オアフ島のワイキキに行かない理由からご紹介しますと、「日本人だらけだから」というのが、その理由です。

実際、オアフ島のワイキキに滞在する場合、日本人と会わないことは、まず考えられないんですね。特に、日本の旅行シーズンであれば、ワイキキのメイン通りのカラカウア通りは、本当に日本人がたくさん歩いています。

そのため、オアフ島のワイキキに滞在すると「あまり海外に来た気がしない」と、感じる人も中にはいるわけです。

一方、オアフ島以外を訪れると、日本人と遭遇する確率が本当にぐっと減るんですね。

例えば、訪れる年間の観光客数で言うと、オアフ島についで、マウイ島、ハワイ島の順に多いです。で、観光客数が2番目に多いマウイ島でさえも、日本人に会う確率が本当に減ります。

私がある年の冬場に5日間マウイ島を訪れた際に、出会った日本人(と思われる人)の数は3人だけ、ということもありました。もちろん、これは時期で変わることですが、こんな感じでオアフ島以外では日本人に会うことが本当に少ないんですね。

このような背景があるため、オアフ島以外では日本語のサポート環境がほぼありません。つまり、アメリカ本土を訪れる時と同じような英語力が求められるんですね。結果として、海外旅行気分をより味わいやすいわけです。

ハワイ島のリゾートホテルで何もせずゆっくり過ごす

では、ハワイ旅行歴20年のワイキキに行かない人が、ハワイでどのように過ごすかのかというと。

ハワイ島のリゾートホテルに滞在します。で、基本何もせず、ホテルでゆっくり過ごします。観光に出かけませんし、アクティビティにも参加しません。滞在中、利用するのはホテルのプールくらいで、本当に何もしないことを楽しんでいるんですね。

ただ食事に関しては、ホテルのレストランで食べ続けるのは飽きます。なので、車で出かけて、地元の住人向けスーパーで食料を買って、それを食べる、ということもします。

それ以外は、とにかく、「何もしない・出かけない、をする」というような過ごし方をするんですね。で、ハワイ滞在中は、このような過ごし方を毎日繰り返すわけです。

ハワイ島の宿泊先にヒルトン・ワイコロア・ビレッジを選び続ける理由

では、その方が、具体的にハワイ島のどのホテルでそのような過ごし方をしているかというと、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジに滞在しています。で、ハワイ島に滞在するときは、基本このホテルにしか泊らないんですね。

で、なぜ、このホテルにしか泊らないのかというと、「ヒルトン・ワイコロア・ビレッジのタイムシェアを買ったから」とのことでした。

ご存じない方のためにご紹介すると、タイムシェアというのは、リゾートマンションに滞在する権利を週単位に分割して共同所有する仕組みです。

毎年ハワイに行く人は、「都度ホテルを予約するより、タイムシェアでハワイのリゾートマンションに滞在した方が、お得に豪華な部屋に滞在できますよ」というのが、タイムシェアのメリットです。

で、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジですが、ホテルとして宿泊することもできますが、タイムシェアのオーナーが利用出来る部屋もあるわけですね。そして、この方は、そのタイムシェアのオーナーなので、毎年、ここに滞在しているわけです。

車で約15分の距離に地元向けスーパーがあり暮らすように過ごせる

で、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジですが、私はタイムシェアではなく、普通のホテルとして予約し、宿泊した経験があります。

その実体験からわかったのですが、このホテルはリゾートホテルにも関わらず、車で約15分の距離に地元向けスーパーがある点がとても便利なんですね。

Googleマップでヒルトン・ワイコロア・ビレッジから地元スーパーへの道順を見る

上の地図を見ると分かる通り、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジからは、Waikoloa Village Marketという地元向けスーパーが近いわけです。このスーパーの存在のおかげで、リゾートホテルに滞在する場合でも、暮らすようなハワイ滞在ができるんですね。

で。一般的には、ハワイのリゾートホテルの近くに、地元向けスーパーがあるとは限らないんですね。なので、リゾートホテルに滞在する場合、ホテル内の飲食店を利用するか、もしくは、そのリゾートエリアの飲食店を利用したくなります。遠出せずに済み便利だからです。

一方で、そのような食事が続くと、胃が疲れ「あっさりしたものを食べたいな〜」となるわけです。そのような時に、地元向けスーパーで食料を調達できると嬉しいんですね。

つまり、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジでは、リゾートホテルでありながら、地元向けスーパーを利用出来る点が、ナイスな立地なんですね。リゾートホテルのゆっくりした時間を楽しみつつ、食事に関しても暮らしているような食材を手に入れやすいからです。

なので。今回ご紹介しているハワイ歴20年の方が、ハワイ島でこのような過ごし方をしているのに、「なるほど」と感じることになりました。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す (要reCAPTCHAチェック)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top