Read Article

ハワイでのサーフィンデビュー前に見るとためになる映画

ハワイでのサーフィンデビュー前に見るとためになる映画

今回は、「ハワイで初めてサーフィンに挑戦するよ」、と言う人にオススメしたい映画をご紹介します。

この映画を見ることで、ハワイでするサーフィンの楽しさから危険な点まで知ることができるので、ハワイでの初サーフィン前に役立ちますよ。

Blue Crush

その映画ですが、Blue Crushと言うタイトルの映画です。この映画は、2002年にアメリカで制作され、オアフ島のノースショアを舞台にしたサーファーの女の子が主人公の物語です。

Amazonでブルークラッシュについて見る

この映画ですが思い出してみると、私の初めてのハワイ旅行前に、「これ見ておくと良いよ」と薦められた映画でもありました。そして、初めてこの映画を見たときの感想は、「サーファーって凄いな〜」と言う程度の印象でした。ハワイを訪れる前でしたし、サーフィンの経験もなかったからです。

ところが。最近、改めてこの映画を見た結果、「これはハワイでサーフィンデビューをする前に見ておくとためになる映画だな」と感じる事にことになりました。ハワイでのサーフィンを自分で体験した上でこの映画を見た結果、そのような印象に変わったんですね。

ちなみに、最近私がこの映画を見ることになったきっかけは、日本のhuluでBlue Crushが見られることに気がついたことです。

初めて波に乗れたときの感動がよく分かる

では。なぜハワイでのサーフィンデビュー前にBlue Crushを見ておくとためになるのかと言いますと。

まず、この映画の中に初めて波に乗れたときの感動がよく分かるシーンがあるからです。具体的には、主人公の女の子とその友人が、本土から来たNFLの選手に初めてのサーフィンのレッスンをするシーンがあります。

そのシーンの中で、初サーフィンのNFLの選手が、初めて波に乗れて感動している場面があるのですが、その感動がとてもよく表現されているんですね。私が初めてサーフィンを体験し、立てたときもこの場面と同じような感想を持ちました。

実際のところ、サーフィン未経験でこの場面を見ても、あまりピンと来ないかもしれません。事実、私もサーフィン未経験でこの映画を見たときは、この初めて立てた場面に特別な印象を持たなかったからです。

ですが。実際にサーフィンで初めて立てた喜びを知ってから見ると、このシーンにとても共感することになりました。なので、これからハワイでサーフィンを体験し、うまく波に乗れたときの楽しさを知りたい人には、とても参考になるシーンと感じています。

サーフィンの基本を知る

次に。この映画は、サーファーの女の子を主人公にした映画ですので、随所にサーフィンをするシーンがあります。そして、そのシーンを見ることでサーフィンの基本を知ることができます。

たとえばですが、パドリング。パドリングとは、サーフボードの上に寝そべって、クロールのように腕を使って漕いで進む動作のことです。で、この映画を見ると、サーフィンで波に乗るためには、そのパドリング進んで勢いつける必要があることがよくわかるんですね。

私は実際にサーフィンを体験する前までは、このパドリングがこんなに重要な動作だと認識していませんでした。何というか、「波が起こるポイントまで進むための手段」と言う印象しかなかったんですね。

つまり波に逆らって進むときに必要な動作のように考えていました。そして、波が起こるポイントに着けば、あとは勝手に波が押してくれて波に乗れるような印象を持っていたのです。

一方で。実際には波に乗るためにも、一生懸命パドリングする必要があるんですね。パドリングしないと波に追い越されて、波に乗れず置いてけぼりになってしまうからです。

この映画を見ると、このパドリングの重要性がよくわかります。

サーフィンの危険性を知る

次に。この映画ですが、サーフィンの危険性もよく描かれています。具体的には、大きな波に巻かれて岩や珊瑚にぶつかって怪我をする危険がよくわかります。

そもそもですが、この映画の主人公の女の子は、一度そのようにサーフィンで怪我を負ってしまいそれがトラウマになっている設定なんですね。

なので、サーフィンの怖さについても、よく分かるシーンが何度も出てきます。たとえばですが、「海底に打ち付けられて岩に頭をぶつける」や「波に巻かれてサーフボードが割れる」や「パーリングしてサーフボードが上から降ってくる」などです。

ほか、これは映画なので極端に表現している例でもあると思いますが、「地元を愛する閉鎖的な若者たちが、サーフィンの練習の邪魔をする」と言ったシーンもあります。具体的には、「ドロップイン」と言う、波にすでに乗った人の前に割り込む形で、波に乗る行為で邪魔をするシーンがあります。

サーフィンは、このようにほかのサーファーとの関わりあい方にも注意が必要なことも、この映画を通じて知ることができます。

ハワイでするサーフィンの楽しさが分かる

最後に。この映画を見ると、ハワイでするサーフィンの楽しさが分かります。たとえばですが、ハワイの絶景を見ながらするサーフィンの楽しさが、よく表現されています。

またこの映画のメインの舞台は、オアフ島のノースショアとなっています。そして、冬のノースショアの大波の凄さもよく表現されています。初めてのサーフィンで、このような大波に挑戦することはあり得ないのですが、ハワイの波の凄さを知る良い機会となります。

実際のところ初めてハワイでサーフィンをする人は、オアフ島のワイキキでするのが一般的です。なぜかと言うと、そもそも宿泊先がワイキキになることが多く、そこから近くて便利だからです。

なので。ワイキキビーチでするサーフィンは、自然に囲まれたビーチで撮影されているこの映画とは、若干趣が異なります。ですが、ワイキキビーチでのサーフィンも十分に楽しめますので、その点は心配ありませんよ。

Return Top