Read Article

ハワイ旅行でビーチで遊ぶ予定を立てる時に気をつけること

ハワイ旅行でビーチで遊ぶ予定を立てる時に気をつけること

今回は、初めてハワイ旅行を計画する人に伝えたい注意点として、ハワイ旅行でビーチで遊ぶ予定を立てる時に気をつけることをご紹介します。

今回ご紹介する注意点は、ガイドブックなどであまり紹介されないのですが、知らずにハワイを訪れると、「せっかく来たのに海で遊べない・・・」と言う目に遭います。なので、ハワイ旅行では、事前にこの注意点を把握した上で、ビーチで遊ぶ旅程を立てることをオススメします。

ビーチで遊ぶ旅程を立てる前に確かめること

では、早速始めましょう。その注意点なのですが、クラゲです。ハワイの特定のエリアの海には、毒針を持ったBox Jellyfish(ハコクラゲ)と言うクラゲが、毎月定期的に大量に発生します。

このクラゲが発生する時期にハワイを訪れると、最悪の場合は海に入って遊ぶことができません。

ハワイでのクラゲが発生するエリアですが、主にアラモアナ・ビーチから、ワイキキビーチ、ハナウマ湾も含めて、オアフ島の東海岸であるリーワード・コーストのビーチまでです。なので、美しいビーチとして人気のカイルアビーチやラニカイビーチも、このエリアに含まれます。

クラゲの発生時期の予報カレンダーがある

またクラゲが発生する時期ですが、毎月満月の日の10日後くらいから発生します。次の3つのサイトでは、その発生時期の予報をカレンダーで確認できるので、このカレンダーで確認した方がわかりやすいですね。

1つ目のサイトでは、現在の年(2015年であれば2015年)の1年間のクラゲの発生予報が確認できます。掲載している期間の範囲が長いので、先の予定を確認する時はこちらが便利ですね。また年が新しくなると、その年の予報に更新されます。

2つ目のサイトは、ワイキキ水族館が提供しているクラゲの発生時期の予報カレンダーです。こちらは1ヶ月単位でその予報が見られ、初期表示は、見たその日の当月になっています。月をめくって先の予定も確認できますが、遠い先の予報を見るのは、何度もめくることになるので少々大変ですね。

ここまでの2サイトは英語のサイトとなっていますが、3つ目のサイトは、日本語でクラゲの注意時期が確認できるサイトとなっています。このサイトでは、クラゲの注意時期に加えて、ハワイの祝日が確認できますので、ハワイ旅行の旅程を立てるのに便利ですね。

ハナウマ湾が閉鎖されることも

このクラゲが発生する時期ですが、あまりにも大量に発生し危険がある場合は、ビーチが閉鎖されることもあります。たとえば、この記事を書いている2015年5月の直近では、2015年の2月にクラゲによってハナウマ湾が一時閉鎖されることになりました。

その事件について詳しくご紹介しますと。2015年2月13日(金)にクラゲの大量発生がありました。そしてハナウマ湾では、少なくとも80人が刺されることになりました。その結果、ハナウマ湾が一時閉鎖されることになったのです。

Box jellyfish influx closes Hanauma Bay Friday, reopened Saturday

上のリンクは、そのニュースを伝える記事です。英語の記事となりますが、このニュースに関する動画も見られ、その動画の中で問題のクラゲの様子を見ることができます。

クラゲの発生を避けて海で遊ぶ旅程を立てる

ここで、上でご紹介したクラゲの予報カレンダーを見ていただきたいのですが、ハナウマ湾が閉鎖された2015年2月13日は、見事にクラゲが発生する時期として予報されているんですね。

このように実際の予報通りにクラゲが発生してしまうと、最悪の場合は、「ハワイに来たのに海で遊べない・・・」と言うことにもなりかねません。ハナウマ湾のように閉鎖される可能性があるからです。

なので、ハワイ旅行でビーチで海に入って遊ぶ旅程を計画する時には、このクラゲの発生時期を避けられるなら避けた方が賢明です。

また上のニュースでは、ハナウマ湾の閉鎖がクローズアップされていますが、実際にはワイキキビーチやカイルアビーチと言った観光客に人気ビーチも同様の懸念があります。これらのビーチでも、クラゲが発生して危険な時は、「クラゲ注意」の警告の看板が立ちます。この看板が立っていても、海に入ることが禁止されるわけではないのですが、積極的に入る人はまずいません。

ほか、サーフィンをする人の中には、「サーフィンをする時に着るラッシュガードを着ればクラゲは大丈夫?」と思うかもしれません。ですが、残念ながらラッシュガードを着ていても、クラゲに刺される危険は十分にあります。なので、この時期はサーフィンも避けた方が賢明です。

と言うわけで、ハワイ旅行でビーチで遊ぶ予定を立てる時に気をつけることとして、クラゲの発生カレンダーを事前に確認してください。そして、その時期と重なる場合。予定がずらせるならずらした方が良いですし、ずらせない場合は、「最悪海に入って遊べないかも」と、覚悟した上でハワイ旅行を計画するのがオススメです。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す (要reCAPTCHAチェック)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top