Read Article

ハワイ旅行中に1ドル札と25セント硬貨を簡単に両替する方法

ハワイ旅行中に1ドル札と25セント硬貨を簡単に両替する方法

先日『ハワイのチップの習慣をそんなに心配しなくてOKな理由』の記事の中でハワイ旅行中には、「チップのために1ドル札が必要」とご紹介しました。しかし。ハワイがはじめての人は、その1ドル札を「どうやって準備をするんだ?」と疑問に思いますよね。

そこで今回は、ハワイ旅行中にたくさん必要になる、1ドル札と25セント硬貨をハワイ現地で簡単に両替する方法をご紹介します。ちなみに25セント硬貨は、ハワイでコインランドリーの洗濯機や乾燥機を使うときにたくさん必要となります。またコインパーキングに長めに駐車したい場合にも25セント硬貨が役立ちますね。

ホテルのフロントで簡単に両替できる

では、早速1ドル札と25セント硬貨を簡単に両替する方法をご紹介します。その方法ですが、とてもシンプルでして、自分が宿泊しているホテルのフロントで簡単に両替することができます。

これまで私は、ハワイの様々なグレードのホテルに泊まった経験があるのですが、グレードの低いホテルのフロントであってもお金を細かくする両替ができなかったことはありません。なので、ホテルのフロントであればほぼ間違いなく両替に対応してくれるはずです。

一方、「自分が泊まるのはコンドミニアムでホテルのようなフロントがなさそうだよ」と言う場合。この場合はちょっと面倒になります。なぜなら、この場合は、買い物時に現金で支払いこまめに1ドル札を残す努力が必要になるからです。

ただコンドミニアムによってはフロントがある建物もあります。なので、その場合はそこで両替するとよいですね。また、そのホテルの宿泊客ではなくても、近くのホテルのフロントにお願いしてみるのも一つの方法です。私の見た感じホテルのフロントは一々その人が宿泊客かどうかをチェックして両替に対応しているようには見えません。なので、宿泊客でなくてもお金を細かくする両替であれば対応してくれる可能性があります。

1ドル札の両替の仕方

では、具体的にホテルのフロントで、どのように両替するのかをご紹介しましょう。

たとえば、5ドル札を1ドル札5枚にしたい場合。ホテルのフロントのスタッフに5ドル札を見せながら、「ファイブ ダラーズ プリーズ(Five dollars, please.)」と言うと、「OK」と両替してくれます。

この時、ダラーズの部分をアメリカの口語で「ドル」を意味する「バックス(Bucks)」で言ってみても恐らく大丈夫です。つまり、「ファイブ バックス プリーズ(Five bucks, please.)」ですね。通じなかったら、ダラーズに言い直してください。

これがわかると、10ドル札を1ドル札10枚に両替するのも簡単ですね。つまり10ドル札を見せながら、「テン ダラーズ プリーズ」と言えばOKです。

25セント硬貨の両替の仕方

次に、25セント硬貨の両替の仕方です。はじめに、ハワイ旅行中どのような時に25セント硬貨が必要になるかと言いますと。

上でちょっと触れていますが、ハワイのコインランドリーを使う場合は、たくさんの25セント硬貨が必要になります。たとえば、洗濯機の1回の利用料が1.5ドルだった場合は、25セントが6枚も必要になるわけです。また乾燥機を利用する場合も同様にたくさんの25セントが必要になります。

そのため、ハワイのコインランドリーで洗濯をしたい場合、かなり枚数の25セント硬貨が必要になります。そのため、ホテルのフロントで両替する際には、思い切ってたくさんの25セント硬貨に両替するのがオススメです。

具体的には、10ドル札をフロントのスタッフに見せて、「クォーターズ プリーズ(Quarters, please.)」と話して、丸々両替して貰うわけです。ちなみに、クォーターと言うのは25セント硬貨の名前です。1/4と言う意味ですね。

すると、次の写真のように、10ドル分の25セント硬貨を紙で筒状にまとめたものをポンッと渡してくれます。
IMG_5234

この筒には、40枚の25セント硬貨があります。なので、1週間程度のハワイ滞在の洗濯に使う25セント硬貨としては、十分な枚数となります。また洗濯で使い切れず、硬貨が余った場合も心配ありません。なぜなら、ホテルのフロントで25セント硬貨4枚を1ドル札に両替できるからです。なので、思い切って10ドル札分丸々両替してしまうのがオススメです。

日本で準備するのはホテルに着くまでに必要な分でOK

以上、1ドル札と25セント硬貨をハワイ現地で簡単に両替する方法をご紹介しました。

ご紹介した通り、1ドル札と25セント硬貨ともに、ホテルのフロントで簡単に両替できます。なので、ハワイ旅行にあたって、日本でチップのために用意する1ドル札は、ホノルル空港から宿泊先のホテルに着くまでに必要な分でOKです。

その場合に考えられるチップとしては、たとえば、ホテルに到着後荷物を自分の部屋に運んでもらったスタッフに渡すチップがあります。ほか、タクシーでホテルまで移動した場合は、10%〜15%のチップを踏まえた上での運賃分の現金が必要になります。どちらにしても、1ドル札を5枚程度準備してれば心配ないでしょう。

英語が苦手な場合、ホテルのフロントで両替して貰うのに不安を覚えると思います。ですが、今回ご紹介したように簡単な英語で両替できますので、安心して活用してください。

関連コンテンツ・広告

スポンサーリンク

Return Top