Read Article

日本人オーナーから聞いた!ハワイのコンドミニアムの部屋を買って嬉しかったこと

日本人オーナーから聞いた!ハワイのコンドミニアムの部屋を買って嬉しかったこと

今回は、ハワイでのお得な宿泊方法を探している方へのご参考として。日本人オーナーから伺った、ハワイのコンドミニアムの部屋を買って嬉しかったことをご紹介します。

コンドを買うとお得にハワイに泊まれる理由

はじめに。コンドミニアム(以下、コンド)とは、日本で言うところのマンションのことです。で、その部屋の1物件を自分で購入してしまえば、ハワイに自分の別荘ができるわけですね。

そして、これがハワイのコンドを買った場合の特徴なのですが、自分が部屋を使っていない場合は、その部屋をバケーションレンタル、略してバケレンとしてそれを旅行者に貸し、収益を得ることができます。

そして。仮にその収益で、コンドの運用に必要な管理費やローンの金利をまかなえれば、自分がハワイに滞在する費用は、「無料にできる」というわけです。つまり、これがハワイにお得に宿泊する方法というわけです。

果たしてそんなうまい話があるんでしょうか。そこで、その実際のところを、ワイキキのコンドを購入した日本人オーナーに聞いてきました。

以下は、そのオーナーがおっしゃっていた話として、お読みください。つまり、以下で「私」と言っているのは、記事を書いている私(ヒデ)ではなく、「コンドのオーナーですよ」ということです。

ハワイにコンドを買うことにした決め手

私は、ハワイにほんの数回訪れただけですっかりハマってしまい、「ハワイにコンドを買いたい」と考えるようになりました。

そして、その考えが、よりしっかりしたものに固まった決め手は、「ハワイ不動産購入完全ガイド」という本を読んだことでした。

Amazonで「ハワイ不動産購入完全ガイド」を見る

この本ですが、そのタイトルの通りハワイの不動産を購入する際の具体的な手順を本当に細かく紹介されていました。たとえば、ハワイには、「こんな物件があり、こんな契約方法があり、その契約の手順はこのようにして・・・」と言った具合です。

私は、この本を「資産運用のノウハウの1つを知りたい」と言う気軽な気持ちで読んだのですが、結果として漠然としていた「ハワイにコンドを買う」と言う行為が、より具体的な手段としてイメージできるようになりました。

そして、私はハワイにコンドを本当に買うことにしたのです。

コンドを買って嬉しかったこと

さて。実際にハワイにコンドを買ってみて、嬉しかったことや想定外だったこともありました。先に、嬉しかったことからご紹介すると。

まず正月を含む年末年始のハワイのホテルの宿泊費用が最も高くなるハイシーズンに、それを気にせずハワイに泊まれるようになったことがありました。これは、ハワイのコンドを所有したオーナーならではの特権と感じました。

正月にハワイに滞在して、特に印象的だったのは、「花火」です。これは、大きな打ち上げ花火ではなく、ワイキキの山側の住宅街で、一般の家庭の人が楽しんでいる花火です。その一般家庭で花火するたくさんの光が、ハワイの山側の一面を彩って、本当に綺麗だったんですね。

この経験をして、「正月のワイキキでは、このような景色がみられるのか」と驚くことになりました。ちなみに、正月はワイキキの海の方では、お金をかけた本当の打ち上げ花火が上がることも、知りました。

実際にお得に泊まれているか

私がハワイにコンドを買った理由として、「ハワイに何度も来るだろうから、お得に泊まれる宿泊先を確保したい」という考えがありました。その方法が、「ハワイのコンドを買う」ということだったですね。

なぜコンドを買うとハワイにお得に泊まれるかですが、次のようにできるからです。

  1. 自分が使っていない間の部屋を、「バケレン」として旅行者に貸し出す
  2. その収益でコンドの管理費とローンの金利を賄うことで、物件の維持費をかからないようにできる
  3. 自分の宿泊分も踏まえた価格で、コンドを貸し出しすことで自分の宿泊費用分も賄える

つまり、コンドを買う頭金さえ用意できれば、あとは、自分がハワイに泊まる際の宿泊費用は、「必要なくなる」、という想定でいました。

で、気になるその実際のところですが・・・、秘密です。というのは冗談で、「大きく損もしてないけど、それほど得もしていない」というところが実情です。

ただ、私はこの結果でも満足しています。なぜかというと、もともとハワイのコンドを買うにあたり、「自分のハワイ滞在時の宿泊費用分も含めて、収支がトントンになればいいや」と言う考えだったからです。つまり、もともと、「この物件を運用して儲けよう」と考えていなかったんですね。

また、もし「儲けよう」と考えて、ハワイのコンドを買う場合ですが、為替のレートが大きく影響します。不動産は金額が大きいので、1ドルが80円の時に買うのと、120円の時に買うのでは、必要なお金が全然違ってくるんですね。なので、儲けることまで考えると、かなりシビアに考える必要がでてきます。

買う前は想定外だったこと

最後に、ハワイのコンドを買う前は想定外だったことをご紹介します。まず感じたのは、「管理組合の力の強さ」です。ハワイのコンドの管理組合ですが、日本のマンションのボランティアでやる管理組合とは、全く別物で、ほとんど会社のような組織として運営されています。

実際に管理組合のスタッフは、給料をもらっていますし、理事は選挙で決められ、その理事には積極的に立候補する人がいます。特に理事長は、社長のような存在で、まわりに一目おかれているような人なんですね。

そのため、「管理組合の決めたことは絶対」と言っていいほど、影響力があります。そして、それによって、買う前は想定していなかった出費が必要となることもありました。

たとえば、管理組合が、「管理費を上げる必要がある」と、言えばそれが絶対で、実際に月々の管理費が高くなります。ほか、「大規模修繕のために臨時の管理費が追加で必要」となったこともありました。

ほか、想定外の出費としては、部屋で使っている家電類の急な故障ですね。たとえば、エアコンが壊れた、テレビが壊れた、と言ったことが想定外のタイミングで起こります。今では、むしろ、「アメリカの家電は壊れやすい」と言う印象さえあります。

ただ、このような想定外の出費を踏まえても、さきほど述べた通り、大きくは損はしていません。なので、トータルでは、ハワイにコンドを買って良かったと感じています。

ハワイにお得に泊まる1つの方法として

以上が、ハワイのコンドを実際に買った日本人オーナーから伺った話です。ここからは、話し手を私(ヒデ)に戻しまして。

上では触れていませんが実際のところ、ハワイのコンドを大損しないように運用するには、それなりの額の頭金(最低でも30%以上)が必要になるそうです。この頭金が少ないと、その金利の支払いが大きくなってしまい、収支が合わずむしろ大損をするリスクもあるそうなんですね。

なので、「ハワイにコンドを買うことでお得にハワイに泊まる」という方法は、それなりに資金力がある人しかできない方法と言えます。一方、日本人オーナーのお話の中にあったように、「正月でも気軽に泊まれる」のようなメリットがあるのも確かです。

また、頭金をそれなりに用意できれば、実際に自分のハワイの宿泊費用を含めても、お得にハワイに泊まれるようになることも事実です。なので、本当にハワイにはまった方は、ハワイにお得に泊まれる1つの方法として、このような方法があることも知っておくと参考になりますね。

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top