Read Article

ワイキキで泊まるホテルを絞りきれないときの奥の手

ワイキキで泊まるホテルを絞りきれないときの奥の手

はじめに

「ロイヤルハワイアンにしようか、ハレクラニにしようか。どちらにするか決められない…。それともシェラトン・ワイキキか、ヒルトン・ハワイアン・ビッレジにしようか…。いやハイアット・リージェンシーか…。」

ワイキキには本当にたくさんの宿泊施設があるため、ホテルを選ぶ時にこのように悩むことになります。

予算と口コミである程度は絞れるが…

泊まるホテルを絞り込むにあたり、ホテルのグレードと部屋から眺望で変わる宿泊費用と自分の予算を比較することで、ある程度は絞り込めます。しかし、それでも選択肢が2つ、3つと残ります。そしてそこから絞り込むのに悩むことになります。

ここから絞り込むにあたり、実際に泊まったことのある人の話を聞いたり、トリップアドバイザーやYelpのようなネット上の口コミ情報を参考にしたりして、自分の旅の目的に合いそうな1つのホテルに絞るのが一つの方法です。

それでも絞りきれない場合

ですが、それでも絞りきれないこともあります。比較したホテルのどちらの評判も良いこともありますし、逆にどちらの評判も良くない場合もあるからです。

複数のホテルに分けて宿泊する

このようなときにオススメの方法があります。それは、複数のホテルに分けて宿泊する方法です。つまり迷ったホテルどちらにも泊まってしまうわけです。

たとえば、ワイキキに4泊であれば、2泊をロイヤルハワイアン、2泊をハレクラニのように分けて泊まると言うことですね。

複数のホテルに分けて宿泊する方法のメリット

複数のホテルに分けて宿泊する方法のメリットについて考えます。

違ったホテルの雰囲気を楽しめる

まず、そのままですが複数のホテルに泊まれることで、ホテル毎の違った雰囲気を楽しむことができます。特にワイキキは、宿泊したホテルによって旅の印象が大きく変わります。

ワイキキには、ワイキキビーチに面しホテル内の施設だけでも楽しめるリゾートホテルと、宿泊することをメインとしたシティホテルがあります。複数のホテルに宿泊する場合、異なるリゾートホテルに泊まるのも楽しいですし、リゾートホテルとシティホテルに泊まり違った雰囲気を楽しむこともできます。

予算があるならば、歴史のあるロイヤルハワイアンと近代的なトランプ・インターナショナル・ホテルに分けて、新旧の高級ホテルの違いを楽しむということもできますね。

グレードの異なるホテルでメリハリをつけられる

複数のホテルに宿泊する場合は、グレードの異なるホテルに泊まることで、メリハリをつけることができます。

たとえば、ハワイに現地5泊するとして。最初の4泊をグレードの低い宿泊費用の安いホテルに泊まり、最後の1泊をグレードの高いホテルに泊まるわけです。

「終わりよければ全てよし」と言いますが、このように宿泊することで旅の最後を『高級ホテルでの滞在する』と言う良い思い出にすることができます。加えて、全体の宿泊費用も抑えられるわけです。

ちなみに逆のパターンはオススメしません。私が実際に体験したのですが、最高グレードのホテルに滞在した後、最低グレードのホテルに滞在しました。その際、高級ホテルでの夢見心地の気分が一気に現実に引き戻されました。

異なる宿泊施設も利用できる

複数のホテルに分けて宿泊する場合ですが、何もホテルにこだわらなくても良いわけです。たとえば、コンドミニアム(以下、コンド)とホテルのような形で滞在することだってできます。

なので、たとえば拠点をワイキキのコンドに置いて暮らすように滞在し、リゾート気分を味わいたくなったら、コオリナのリゾートやノースショアのタートルベイリゾートに滞在する、と言うこともできます。

コオリナやノースショアに行かなくても、ワイキキのリゾートホテルとコンドで泊まり分ける、でも楽しいでしょう。

複数のホテルに分けて宿泊する方法のデメリット

複数のホテルに分けて宿泊する方法のデメリットについてです。

旅が慌ただしくなる

まず、一つのホテルに泊まり続けるのと比べて旅行が慌ただしくなります。複数のホテルに滞在するため、荷造り、移動、荷解きを別途行うことになるからです。

ただ移動に関しては、同じワイキキ内のホテルとする場合は特に問題ないでしょう。荷造り、荷解きも各ホテルに滞在する日数を考えて行えばそれほど手間にはならないはずです。

連泊割引がなくなる

連泊割引があるホテルの場合、その割引がなくなるデメリットがあります。ホテルのキャンペーンで4連泊以上で1泊無料のようなキャンペーンや、キャンペーンでなくても連泊すると割引サービスがあるホテルがあります。

複数のホテルに滞在する場合は、1ホテルに滞在する日数が減ることになるので、このような連泊割引がなくなる可能性があります。これは複数のホテルを楽しめる代償としてシンプルに諦めるしかないです。

個人手配でしかできない?

複数のホテルに分けて宿泊する方法ですが、個人手配でホテルを予約する場合は特に難しいことはありません。自分の組みたい旅程の通りにホテルを予約するだけだからです。

一方で、パッケージツアーの場合はどうでしょうか。パッケージツアーの場合は、1度の旅行で複数のホテルに宿泊するのは難しいことが多いです。しかし、中には、ハワイ旅行のツアーで複数のホテルに泊まれるツアーも存在します。

たとえば、近畿日本ツーリストのハワイツアーでは、複数のホテルを選べるコースがあります。ほかの旅行代理店でも複数ホテルに宿泊できるツアーがある可能性はあるので、実際に旅行代理店に確認するのが良いです。

まとめ

以上、ワイキキに宿泊するホテルを絞りきれない時にオススメの方法として、複数のホテルに分けて宿泊する方法についてご紹介しました。

複数ホテルに宿泊する場合、次のようなメリットがありました。
・違ったホテルの雰囲気を楽しめる
・グレードの異なるホテルでメリハリをつけられる
・異なる宿泊施設も利用できる

複数のホテルに分けて宿泊する方法は、個人手配で行うのが簡単でした。一方で、旅行代理店のパッケージツアーでも、複数のホテルに泊まれるコースを提供している場合もありました。

今回ご紹介したように複数のホテルに泊まっておくと、次回またワイキキに泊まる時にもホテルを選ぶ参考になりますので、オススメです。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す (要reCAPTCHAチェック)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top