Read Article

ハワイのビーチで遊ぶ時に気をつけること

ハワイのビーチで遊ぶ時に気をつけること

今回は、ハワイ旅行が初めての人に向けて、ビーチで遊ぶ時の注意点をご紹介します。

ハワイのビーチには、日本とは異なる常識やルールがあります。そのため、初ハワイの人は、その違いに気をつける必要があります。

金目のもの以外でも置き引きに注意

まず、ハワイのビーチで遊ぶ時には、「どんなものでも盗られる、置き引きされる可能性がある」と言う点に気をつけたほうが良いです。

この「どんなもの」には、日本だったら、「これは盗られないよな」と考えて、ビーチ上に放置しがちなものも含まれます。具体的には、使い古しのビーチサンダルであったり、タオルであったりです。

私が、「なるほど、ハワイのビーチでは、とにかく置き引きに注意しないとならないんだな」と実感した体験として、ハワイに長年暮らす在住者の方に、ワイキキビーチでサーフィンを教わった時の体験があります。

そのとき、私は、ワイキキビーチのレンタル業者でサーフボードを借りていました。で、そのレンタル業者のテントの横には、板をレンタルした人のための、ビーチサンダルやタオルを預ける箱がありました。この箱には、戸はあるのですが、鍵がかからないものでした。

そして。その箱に、私がビーチサンダルを入れようとしたときに。「そこに入れると盗られる危険があるから、サンダルはこれに入れて」と、サーフィンを教わる在住者の方から、袋を差し出されました。そして、「サンダルは、その袋に入れて、自分のサーファー仲間が常に見ている場所に保管しておかないと安心できない」と言うことだったんですね。

在住者の方からこのアドバイスをもらい、私は最初「この使い込んだサンダルを盗る人なんているんだろうか」とも思ったのですが、素直にそのアドバイスに従うことにしました。実際、使い込んだものであろうと、サンダルが盗られてしまうと、サーフィン後ビーチから裸足で帰ることになり、不便だからです。また、在住者の方によると、「ボロボロだろうと、盗られる可能性はある」とのことでした。

というわけで。ハワイのビーチが初めての人は、どんなものでも置き引きされるリスクがあることを知っておいた方がよいです。で、それを防ぎたければ、本当に信頼できる人が、ちゃんと見ているしかありません。これは、カップルで二人でハワイを訪れた場合は、どちらかが監視する役割をすることになるので、意外と不便をです。

それ以外の方法として。「盗られてよいものしか持っていかない」と言う方法もあります。ですが、よく考えると、「盗られてよいもの」ってあまりないんですね。上で述べた通り使い古しだろうがサンダルを盗られると困りますし、ホテルで借りたバスタオルを盗られた場合は、弁償することになる可能性もあります。

結局は、信頼できる人が目を離さずに用心するのがベストです。

日焼けのしすぎに注意

次に。ハワイのビーチで遊ぶときは、日焼けのしすぎに注意した方がよいです。特に日差しの強い夏場は要注意です。

実体験として。私は、夏場のオアフ島のハナウマ湾に、朝から行って午前中一杯遊んだことがあります。その時は、つい遊ぶのに夢中になり、日焼け止めをマメに塗らず、海に入ったり、日光浴をしたりを繰り替えしました。

結果として、おなか側も背中側も日焼けしすぎてしまい、ほぼやけどのような状況となりました。そのやけどの痛さのため、夜はベットで横になるのが辛く、大変でした。

加えて。その日焼けの跡は、水着以外の部分がくっきりとわかるように、残りました。私の場合は、サーフパンツという、ハーフパンツ状の水着を着ていたので、ひざ下から腰が白く、それ以外が黒い、という跡になりました。そして、この跡がなかなか消えませんでした。それが完全に消えるまでは、1年以上かかった印象です。

私は、もともと海水浴で日焼けをすると、肌が赤くなってしまうタイプなのですが、ハワイの日差しはレベルが違いました。私は、日本の海で日焼けをした場合は、その秋頃には、その日焼けも目立たなくなります。ですが、ハワイでした日焼けは、そう簡単には消えなかったわけです。

というわけで、特に女性で日焼けの跡を残したくない方は、日焼け対策は万全にしたほうがよいですね。その対策として、日焼け止めを塗るよりは、ラッシュガードを着る方が簡単でオススメです。

岩礁・サンゴ、クラゲに注意

次に。日本のビーチであまり気をつける必要はなく、一方ハワイでは気をつけないといけないことに岩礁やサンゴがあります。ハワイのビーチは、ビーチによっては、海底が硬い岩礁やサンゴになっていて、油断して踏んだり、ぶつかったりすると思わぬ怪我をします。

そのようなビーチとして、初ハワイの人は必ず訪れるであろう、ワイキキビーチからしてそうです。ワイキキビーチは、もともと岩礁であったところに、人工的に砂を運んで作ったビーチのため、砂浜からちょっと沖の方に入っていくと、海底はすぐ岩礁になっています。

それを知らずに、ずっと砂浜が続くものだと思い込んで、ずかずか入っていくと、その岩礁を思いっきり踏み込んで、痛い思いをします。

このワイキキビーチの岩礁は、サーフィンなどちょっと沖でするアクティビティの時にも注意が必要です。というのも、サーフィン中、「ドボンッ」と板から海に落ちた時に、足から落ちると、その岩礁に思いっきり足をぶつけることになるからです。なので、海底が岩礁になっているビーチでは、足からドボンと落ちないように気をつける必要があります。

また、サンゴに注意が必要なビーチとしては、ハナウマ湾があります。というのも、ハナウマ湾は、海底がサンゴになっているからです。そして、そのサンゴで暮らす海の生き物をシュノーケリングをしながら観察できるんですね。

で。泳いでいると、そのサンゴと海面が結構ギリギリのところがあります。つまり、泳いでいる人がサンゴにぶつかりそうになります。そのサンゴには、尖っている部分があり、ぶつかると思わぬ怪我をします。

ほか、ハワイの海の一部のエリアには、毎月定期的に毒針を持ったクラゲが発生する時期があります。具体的には、オアフ島の南東側から東側のビーチです。このエリアには、ワイキキビーチやハナウマ湾、カイルアビーチなどが含まれます。

その発生時期は、具体的には、満月の後から8日後〜10日後と言われています。

日本の海でも、「この時期を過ぎたらクラゲが出て、もう海には入れない」と言うことがありますが、それがハワイでは毎月起こるわけですね。で、クラゲが大量に発生した場合は、ビーチが閉鎖されることもあります。

なので、自分のハワイ旅行の日程に、クラゲの発生時期が含まれないかを確認しておいた方がよいです。

ビーチでお酒は飲めないし、酔っ払って訪れるのもダメ

最後に。ハワイのビーチでは、お酒を飲むことが法律で禁じられています。また酔っ払って訪れることも同様にできません。

最近では、日本でも湘南のビーチで、飲酒が禁止される動きがありますが、まだまだお酒を飲めるビーチの方が多いですよね。一方、ハワイではそれができないのがルールです。

なので、日本の感覚でお店で買ったお酒を「ビーチで一杯」とやらないように気をつけて下さい。

もし合法的にビーチでお酒を飲みたい場合。ワイキキであれば、ビーチ沿いのホテルに、ビーチに面したバーがあります。なので、そこを利用するのがオススメですね。

Return Top