Read Article

ハワイの持ち帰り料理をより美味しく食べる方法

ハワイの持ち帰り料理をより美味しく食べる方法

今回は、ハワイ旅行中にプレートランチなどの持ち帰り料理を食べたい人へのお役立ち情報として。ハワイの持ち帰り料理をより美味しく食べる方法をご紹介します。

先に結論からで、その方法をご紹介すると。ズバリ、ご飯、つまりライスを自炊するとハワイの持ち帰り料理をより美味しく食べることができます。

で、「ご飯を自炊する」という言葉には、「米を自分で炊く」の意味のほか、「食事を自分で作る」という意味がありますよね。その紛らわしさを回避するために、この記事では「米を自分で炊く」という意味で、「ライスを自炊する」と表現します。

ハワイにはライスを炊ける環境の宿泊先がある

では、早速始めましょう。ハワイでの宿泊先ですが、ホテルのキッチンがある部屋を選んだ場合、またはコンドミニアムに宿泊した場合は、部屋の設備として炊飯ジャーがあることがあるんですね。

なので、そのような部屋に宿泊した場合、米を用意すれば、炊飯ジャーを使ってライスを自分を炊くことができます。

また炊飯ジャーがない部屋でも、通常はキッチンに蓋つきの鍋が用意されています。なので、その鍋でご飯を炊くことができます。それをやったことがない人は、最初は戸惑うかもしれませんが、鍋を使ってご飯を炊くのは、意外に難しくないんですね。

その時に使う米も、ハワイでは簡単に用意することができます。なぜかというと、スーパーで簡単に手に入るからです。例えば、ワイキキにあるFood Pantryというスーパーでは、田牧米というブランドのカリフォルニア米を買うことができます。

また、米は、日本から持ち込む方法もあります。ただこの場合、ホノルル空港で入国する際に、関税申告書の食品持ち込みの欄にチェックをし、申請する必要が出てきます。ですが、通常、精米であれば簡単なチェックで済むので、それほど手間ではありません。

というわけで、ハワイでキッチンのある環境の部屋に宿泊する場合、ライスを自炊できる環境が整っているんですね。

お店のライスの炊き加減が日本人好みでないことも

そして。このようにライスを自炊できると、ハワイの持ち帰り料理をより美味しく食べることができます。

なぜより美味しく食べられるかというと、ハワイのお店で買った料理についてくるライスの炊き加減が日本人好みではないことがあるからです。

具体的には、ハワイの飲食店のライスは、ちょっとパサついている場合があるんですね。もっとも、そのような炊き加減が好みの方もいるかもしれませんが、一般的にハワイの飲食店のライスの炊き加減は、日本人の好みとはちょっと違うんですね。

そのため。持ち帰り料理のおかずの味が好みだった時に、「このご飯さえ自分好みの炊き加減だったら、もっとこの料理を美味しく楽しめただろうな・・・」と思うことになるわけです。

具体的なお店の名前は出しませんが、私の実体験としては、ハワイでマグロのヅケ丼やステーキ弁当を食べた時に、このように思ったことがありました。「ごっ、ご飯さえ好みの炊き加減なら言うことなしなのに・・・」という感じですね。

ライス抜きで買うとお得な店もある

ちなみに。ハワイには、持ち帰り料理専門の飲食店があります。で、そのような店で、ライス抜きで買うとお得な場合があります。

例えば、ワイキキには、コリアンBBQの持ち帰り専門店としてMe’s BBQという店があります。で、この店ではプレートランチとして、ライスとおかずのセットを買うのが通常です。

で私は、この店で「ライスなしで」と注文したことがあるんですね。なぜなら、宿泊していた部屋にキッチンがあり、ライスを自炊することができたからです。

そして、ライスなしで注文したところ、この店では、「その代わりにもう1品おかずを選んで」ということになったんですね。そのおかずの追加にあたり、追加で料金を取られることもありませんでした。

他、ワイキキから北東側にちょっと外れた場所には、Ono Seafoodというポケの専門店があります。ポケとは、つまりマグロの刺身のヅケのような食べ物なのですが、この店ではそのヅケをご飯に乗っけた「ポケ丼」を買うことができるんですね。

この店は、このポケ丼が有名ではありますが、実はご飯なしのポケのみを買うこともできるんですね。そして、ポケのみを買う場合、重さの量り売りで買うことができます。

で。ポケ丼の場合、普通サイズと大きいサイズの2択でしかその量を調節できないんですね。一方、ポケのみ買う場合は、量り売りなので、お好みの量を買うことができるわけです。

このような感じで、お店のライスをつけず、自炊する前提にすると、持ち帰り料理をお得に楽しめるというメリットがあるんですね。

日本の計量カップを持参した方が良い理由

以上ご紹介してきた通り、ハワイ旅行中、ライスを自炊するとメリットがあります。これを聞いて、「じゃ〜、自分もハワイで米を炊いてみるか」と思った方へ。最後に、1つご紹介したいお役立ち情報があります。

それは、ハワイでライスを炊きたい人は、日本から日本の計量カップを持ってきた方が良いことです。なぜかというと。まず部屋の設備に炊飯ジャーがなかった場合に、計量カップがあると水の量を測るのに便利だからです。

また炊飯ジャーがある場合でも、その水の量のメモリが、日本1合に合わせたものなのか、わからないことがあるんですね。なので、日本の計量カップがあると便利なのです。加えて、普段米の量を測るときに、米用の計量カップを使っている人は、それも持ってきた方が量を計りやすいのは間違いないですね。

ちなみに、ハワイのキッチンにある計量カップは、普通はアメリカの単位の計量カップなんですね。なので、日本の計量カップとは1カップの容量が異なります。これも、日本から計量カップを持ってきた方が良い理由です。

計量カップは、荷物にもなりませんし、普段米を炊くときに使っているものをそのまま持ってきた方が、ハワイで悩まずにすみ便利ですよ。

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top