Read Article

ハワイに複数ブランドのクレジットカードを持ち込むメリット

ハワイに複数ブランドのクレジットカードを持ち込むメリット

今回は、ハワイ旅行がはじめての人へのお役立ち情報として、ハワイに複数ブランドのクレジットカードを持ち込むメリットをご紹介します。

クレジットカードのブランドには、Visa、Master、JCB、Amexなどいくつか種類があるわけですが、「ハワイには複数のブランドのカードを持って行ったほうがいいよ」と言うのがお伝えしたい概要です。

特定のブランドが使えない場合がある

ハワイに複数のブランドのクレジットカードを持ち込む最初のメリットとして。ハワイのお店において、「特定のブランドのカードが使えない場合がある」ことがあります。

これはハワイに限らず、日本のお店でも同様なことがありますよね。つまり「このブランドのカードには対応していません」と言うお店が、ハワイにもあるわけです。

で、私のハワイでの実体験としては、VisaやMaster以外のブランドで、そのように「このブランドは使えません」となった経験が多いです。

たとえば、最近ハワイでそのように断られた実例としては、ワイケレプレミアムアウトレットの隣の敷地にあるSubwayでそのような目にあいました。具体的には、そのSubwayでの支払いに時に、Amexのカードを使おうとして「Amexは使えないので、VisaかMasterのカードはありませんか?」と言うことになりました。

Amexは、アメリカンエクスプレスと言うからには、アメリカの1つの州であるハワイにおいて、使える店が多そうなものです。ですが、意外とこのような感じで、「うちは使えません」となることがあるんですね。実際、このSubway以外にも、私は同じような経験をしたことがあります。

と言うわけで、ハワイ旅行に、VisaかMaster以外のカードの持っていく場合。それをメインに使うこと自体は何の問題もないのですが、使えないお店だった場合に備えて、VisaかMasterのカードを持っていたほうが安心です。

特定のブランド限定の特典がある

次に。ハワイ旅行において、特にオアフ島のワイキキ滞在する場合は、特定のブランド限定で受けられる特典が多いです。なので、複数のブランドのカードを持っていくと、それらの特典を受けやすくなると言うメリットがあります。

そのような特典の具体例として。たとえば、JCBのブランドのカードを持っていると、そのカードを見せるだけで、ワイキキトロリーのピンクラインに無料で乗車できたり、休憩できるラウンジを利用できたりします。ほか飲食店やショップで様々な特典を受けられたりしますね。

それらの特典について詳しくは、次のJCBのホームページから確認できます。

ちなみに。以上を知っても、「JCBは年会費がそれなりにするので、カードを作るのはちょっと・・・」と、思う人がいるかもしれません。ですが、探してみると、「年に一度の利用で年会費が無料」のようなカードもあります。次の記事は、そのようなJCBのカードでも、ハワイに実際に特典を受けらえるか検証した記事です。

JCBカードのハワイ特典は会費無料のカードでも大丈夫?実際に試してみた結果

そして、その結論は「大丈夫」でした。

また、JCBに限らず、VisaやMasterにも、ハワイならではの特典があります。詳しくは、それぞれ次のホームページから確認できます。

と言うわけで、複数のブランドのクレジットカードを持っていくと、これらの特典を受けられるメリットがあるわけです。

凹凸がないカードが使えない場合も

次に。これは、2008年に経験したことなので、ちょっと古い話ではあるのですが、ハワイで「凹凸がないカードなので使えません」と言われた経験があります。

これは特定のブランドだからダメ、と言うのではなくカードの構造の問題です。カードの番号の数字の部分が、凹凸になっていないことが問題となったわけです。つまり、私の利用しようとしたカードの数字の部分は、数字をプリントした真っ平らな構造だったのが問題だったんですね。

では、なぜ凹凸がないカードが問題となったのかと言いますと。お店側のほうで、クレジットカードのカード番号を、カーボン用紙のようなものに擦り付けてコピーするしかけの書類を作る必要があったからです。

私がカードに凹凸がないことで断られたのは、具体的にはホノルル空港でレンタカーを借りるときの話だったのですが、そのときはレンタカーのデポジットを支払うためにクレジットカードが必要になりました。で、レンタカーのスタッフから、「凹凸がないカードだと困る」と言われることになりました。

私は日本において、このような理由でカードを使えない経験をしたことがなかったので、驚くことになりました。結局、凹凸のあるカードを予備に持ってきていたので、その予備のカードを利用することになりました。

これはちょっと昔の話ですが、今現在においてもこのようなことがないとは言い切れません。なので、このようなケースに備える意味でも、複数のカードを持っていたほうが安心できます。

カードをなくしたときのバックアップとして

最後に。複数のカードをも持っていくことは、ハワイ旅行中に財布を落としたなどの理由から、カードをなくしたときのバックアップになる点もメリットと言えます。私の実体験として、ハワイ旅行中に財布をなくしてしまったことがあります。どんなに気をつけていてもこのような目に合うときは合ってしまうものなんですね。

そして、そのようなときに備えて、複数持ってきたカードのうち、何枚かはホテルのセキュリティーボックスの中に残して置くわけです。こうすることで、いざ財布を落としたときにも、予備のカードが残っている安心感が得られます。

ただし。上でご紹介した異なるブランドの特典を同時に受けたい理由から、ハワイ滞在中に一度に複数のブランドのカードを持ち歩きたくなることも実際にはあるんですね。たとえば、普段メインで、Amexを使っていて、それが使えない場合に備えてVisaのカードも持ち歩く必要があり、加えてJCBの特典も受けたいような場合です。

このような場合は、同じブランドでもバックアップ用のカードを用意し、それをセキュリティーボックスに残していたほうが安心できます。それができない場合は、極力1箇所(たとえば1つの財布)に集中させずに持ち歩いたほうが安心できますね。

Return Top