Read Article

ハワイでデータ通信をたくさん使いたい人にオススメのプリペイドSIM

ハワイでデータ通信をたくさん使いたい人にオススメのプリペイドSIM

今回は、ハワイ旅行中に日本から持ち込んだSIMフリースマホで、「データ通信をたくさん使いたい」と考えている人に向けての記事です。具体的には、低額のプランで500MB〜1GB程度となることが多いハワイのプリペイドSIMのデータ通信量では、物足りない人をイメージしています。

ハワイ旅行中にデータ通信をたくさん使いたくなるケースは人それぞれですが、たとえば、旅行中に撮影した写真をハワイにいる内にネット上にアップロードしたい、動画をたくさん見たい、動画たくさんアップロードしたい、などが考えられます。ほか仕事のために何らかの大きなデータをやり取りする必要が出てくることもありますね。

ご注意点

はじめに今回の記事のご注意点として。今回ご紹介するのは2015年5月時点の情報です。このようなモバイル業界のサービス内容やプランの料金体系は、コロコロと変わりやすいため、この記事の情報も実際にハワイに行く頃には古い情報となっているかもしれません。なので、常に最新情報を確認するようにしてください。

また今回ご紹介するプリペイドSIMが、全てのSIMフリースマホで使えるとは限らないのでご注意ください。もし「ハワイで初めてアメリカのプリペイドSIMを使うよ」と言う人は、先に次の記事を読みその基本を押さえてください。

ハワイで日本のSIMフリースマホを利用するときに考えること

前置き後長くなりしたが、それでは本題に入りましょう。

AT&TのGo Phone

ハワイでデータ通信をたくさん使いたい人に、オススメしたいプリペイドSIMですが、まずはAT&TのGo Phoneがあります。GoPhoneをオススメしたい理由ですが、次の通りです。

  • $60 monthlyプランで4GBまで高速通信ができる
  • さらに同プランでは$10で$1GB毎に高速通信量を拡張できる
  • ワイキキからアクセスしやすい場所に直営店がある(アラモアナ・センターまたはカハラモール)
  • ワイキキのビルの中でも電波の入りが良かった

まずGoPhoneは、アメリカ4大キャリアの1つであるAT&Tが提供するプリペイドプランです。GoPhoneは、日本から持ち込んだSIMフリー端末で利用することができます。

GoPhoneのスマートフォン用のプランはいくつかあるのですが、2015年5月現在は、$60 monthlyプランが最も高いプランとなっています。このプランでは、標準で4GBまで高速通信ができます。そして、それを使い切ると以降は128kbpsの速度で利用することになります。

また4GBの高速通信じゃ物足りない、と言う人は、$10で1GB毎にその容量を拡張することもできます。なので、お金はさえかければ、高速でのデータ通信をずっと維持することも可能です。

以上から、GoPhoneはたくさんデータ通信を使いたい人に向いたプリペイドSIMと言えます。

加えて。「ハワイ旅行で使う」と言うことも踏まえて考えると、GoPhoneはよりオススメです。なぜなら、ワイキキから近いアラモアナ・センターやカハラモールに直営店があり、その契約とアクティベーションが簡単にできるからです。

ただ契約にあたり、お店のスタッフとのコミュニケーションには、英語が必須です。なので、英語が苦手な人がGoPhoneの契約をするのには、ちょっと勇気が必要です。ですが、私の経験では、少なくともアラモアナセンターのスタッフは、英語が苦手な人にも親切な対応をしてくれました。なので、あまり心配せずチャレンジしてみてください。

ほか、GoPhoneは、ワイキキのビルの中でも電波の入りが良かった点もオススメしたい理由です。逆に言うと、ハワイのキャリアによっては、ワイキキのビルの中(たとえばホテルの部屋の中)で電波の入りが悪い場合があるということです。そして、私の実体験では、GoPhoneの場合、ワイキキのビルの中でも、そのような電波の悪さを体験したことがありません。

T-MobileのSimple Choice Prepaidのプラン

次にオススメしたいプリペイドSIMですが、T-MoblieのプリペイドSIMです。

T-MobileのプリペイドSIMには、現在、Simple PrepaidとSimple Choice Prepaidと言う2つのプランがあるのですが、Simple Choice Prepaidがオススメです。その理由ですが、Simple Prepaidのプランでは、データの通信速度が8Mbpsの制限があるからです。一方Simple Choice Prepaidのプランには、その制限がありません。

では、T-MobileのSimple Choice Prepaidのプランが、ハワイでデータ通信をたくさん使いたい人になぜオススメなのかと言いますと。その理由は次の通りです。

  • $60のプランで5GBまで高速通信ができる
  • 無制限の高速通信も選択できる
  • Wi-Fiのホットスポット(Smartphone Mobile HotSpot)を利用できる
  • ワイキキからアクセスしやすいカハラモールに直営店がある

T-MobileのSimple Choice Prepaidのプランでは、$60のプランで5GBまで高速通信が利用できます。なので、AT&Tの場合は、$60で4GBまでなのと比較すると、T-Mobileの方がお得ですね。また、T-Mobileの場合は、さらに追加費用を払うことで無制限の高速通信を利用することも可能です。

加えて。Simple Choice Prepaidのプランでは、Smartphone Mobile HotSpotと言う、Wi-fiスポットを利用することができます。

なので。ハワイ滞在中に「どれくらいデータ通信を利用するかわからないけどとにかくたくさん使う可能性があるんだ」、と言う場合は、T-MobileのプリペイドSIMがオススメですね。また、ワイキキからも近いカハラモールには、T-Mobileの直営店が入っています。このアクセスしやすさも嬉しいポイントですね。

ただし。私の実体験では、T-Mobileの電波は、ワイキキのビルの中では入りが悪かった経験もありました。もっとも電波の状況は常に改善され続けるものなので、今現在は問題ない可能性もあります。ですが、「場合によっては電波が悪くて使えない場所があるかも」と言う想定はしておいた方が良いですね。

Ultra Mobile(T-MobileのMVNO)のプリペイドSIM

最後にオススメしたいプリペイドSIMですが、Ultra Mobile(T-MobileのMVNO)のプリペイドSIMです。なぜオススメなのかと言いますと、次の通りです。

Ultra Mobileですが、$59のプランでは2.5GBまで高速通信が可能です。これは、AT&TやT-Mobileの同価格帯のプランよりは少ないものとなっています。一方で、Ultra MobileのプリペイドSIMは、ワイキキでも手に入れやすい、と言うメリットがあります。

上でご紹介したAT&TやT-Mobileのショップは、ワイキキからアクセスしやすいとは言え、徒歩で行ける範囲にはありません。一方で、Ultra MobileのプリペイドSIMは、ワイキキの徒歩圏で手に入ると言うわけですね。

その手に入る場所ですが、次のUltra Mobileの公式サイトから探すことができます。

http://ultra.me/location

このページで、「96815」とロイヤルハワイアンセンターのZipコードを入力して検索すると、ワイキキ近辺でUltra MobileのプリペイドSIMを扱っているお店が見つかります。ワイキキの徒歩圏で手に入ることは、ハワイの土地勘がない初ハワイの人には助かるポイントですよね。

また、Ultra Mobileですが、高速データ通信量を追加で拡張することもできます。この点も、データ通信をたくさん使いたい場合は嬉しいですね。

ただし。Ultra Mobileは、T-MobileのMVNOです。そのためT-Mobileと同様、ワイキキのビルの中での電波の状況が悪い可能性がある点はご注意ください。加えてUltra Mobileでは、持ち込んだスマホでプリペイドSIMを使うためのアクティベーション作業を自分で行うことになります。そのため、「そもそも自分のスマホで使えるか」と言う知識から必要になるのでご注意ください。

以上、ハワイでデータ通信をたくさん使いたい人にオススメのプリペイドSIMをご紹介しました。

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top