Read Article

混雑せずロコ気分で楽める!KCC以外のファーマーズ・マーケットの魅力

混雑せずロコ気分で楽める!KCC以外のファーマーズ・マーケットの魅力

ハワイのファーマーズ・マーケットといえば、ダイヤモンドヘッド麓にあるカピオラニ・コミュニティ・カレッジで毎週土曜日に開催されるKCCファーマーズ・マーケットが有名ですね。店舗数、集客数で、ハワイでナンバーワンのファーマーズ・マーケットと言えるでしょう。

ですが、あえて今回は、KCC以外で旅行者でも楽しめるファーマーズ・マーケットをご紹介します。というのも、KCCは人気なだけに、観光客が多くて何を買うにしても並ぶ必要があるんですね。

そんな人混みが苦手な方、もしくは、ローカルな雰囲気を味わいたい方に向けて、ハワイに暮らしてわかった、おすすめのファーマーズ・マーケットをご紹介します。

カカアコ・ファーマーズ・マーケット

まず、小規模ながらもギュッと中身が詰まっていておすすめしたいのが、カカアコ・ファーマーズ・マーケットです。

毎週土曜日の8:00〜12:00まで、日系スーパーのマルカイ・マーケットプレイス向かいにある、ワードビレッジの駐車場で開催されています。規模数でいえば、KCCには負けてしまいますが、飲食店、お土産店、野菜や果物など、バランス良く出店しています。また、KCCほど混んでいないので、観光とローカルがうまく混ざっているファーマーズと言えるでしょう。

ビーガンフードや釜焼きピザなど、飲食店の選択肢が多いのも魅力です。中でも飲食店でのおすすめは、クレープ屋さん「La Creperie」の「The Warrior」という、チーズに卵、チキン、野菜など具沢山のクレープです。野菜とチーズのとろけ具合が抜群で、朝食やブランチに最高ですよ。

また、「PACIFIKOOL」のジンジャードリンクは、KCCの店ではいつも行列なのですが、カカアコではすぐに購入することができます。涼しげなドリンクカップにカラフルなストローが目印です。甘すぎず、爽やかな飲み心地で、常夏のハワイで乾いた喉を潤してくれるでしょう。

もし、地元の果物を試したかったら、GMOフリーのパパイヤが、会場中央で売られているので、こちらもおすすめです。GMOフリーとは、「遺伝子組み換えをしていない」、ということですね。とっても甘くてとろける食感で、果物なので程度の差はありますが、感動する美味しさですよ。持ち帰ってホテルの部屋で食べてもいいし、お店に頼めばカットしてくれるのでその場でも食べられます。

マーケットの中央には、誰でも座れるテーブルと椅子、そして地元ミュージシャンによるハワイアン音楽の生演奏を鑑賞することができるんです。そんな旅行者にやさしい配慮も、カカアコ・ファーマーズをおすすめするポイントですね。

その他にも、お土産にもなるハワイ産のはちみつやマカデミアナッツ等のローカル商品が売られているので、お土産探しをしても面白いですよ。

ワイキキからは、バスやトローリーを使って約10〜15分ほどの距離です。

データ

名前:カカアコ・ファーマーズマーケット
開催日:毎週土曜日8:00〜12:00
場所:ワード・ビレッジ駐車場

ホノルル・ファーマーズ・マーケット

ホノルル・ファーマーズ・マーケットは、毎週水曜日の夕方から、ニール・ブレイズデルセンターのコンサートホール前で開催されるファーマーズマーケットです。のんびりとした雰囲気で、ほぼ観光客がいないのでローカル気分を思いっきり味わえます。

こちらは、主に野菜が中心でややローカル寄りに思えるのですが、飲食店も出店しているので、テイクアウトをしてハワイの味を楽しめます。

中でもおすすめは、KCCにも出店しているベトナム料理「The Pig and The Lady」のフォーやバゲット・サンドイッチ。こちら、KCCで人気が出て、ダウンタウンに出店するまでに至った人気店なのですが、ホノルル・ファーマーズ・マーケットでも気軽に食べることができます。

冷めても美味しいので、ちょっと立ち寄って、アラモアナ・ビーチまで散歩してビーチ沿いで食べる、というのもいいですね。だいたいブレイズデルセンターからアラモアナビーチまで、歩いて15〜20分ぐらいでしょうか。

芝生エリアにはゴザも用意されていて、無料で借りてのんびりすることもできますよ。

データ

名前:ホノルル・ファーマーズ・マーケット
開催日:毎週水曜日 16:00〜19:00
場所:ニール・ブレイズデルセンター前

カイルア・ファーマーズ・マーケット

カイルア・ファーマーズ・マーケットは、毎週木曜日の夕方に、カイルアのロングス・ドラッグの駐車場で開催されるファーマーズ・マーケットです。ワイキキからは遠いですが、木曜日にバスやレンタカーでカイルアまで足を運ぶ予定があったら、ぜひ立ち寄ってみてください。

こちらも場所と時間帯から、観光客に会うことが少なく、ローカル御用達のファーマーズです。食材を調達したり、夕食を買いにきたりと、ハワイののんびりとしたローカルな雰囲気を、ダイレクトに楽しめますよ。KCCと同団体が主催していますので、お店のラインアップも実力派人気店が多いです。

開催時間近くになると、食べ物のいい匂いが漂ってきますので、だいぶ食欲をそそられますね。ハワイならではの食べ物といえる、ポケやプレートご飯があったり、ピザ、パンにフルーツなど、テイクアウトができる飲食店の選択肢が多くて、お腹がすいたときに行くと、何を食べようか迷ってしまいますね。

また、ここのカイルア・ファーマーズ・マーケットの特徴としては、出店の半分が屋内に設置されているので、半分は雨が降っても大丈夫なんです。

午前中はビーチに行って、午後からはのんびりと街で買い物をしたり、ホールフーズでお土産探しすると、ちょうどファーマーズ・マーケットものぞくことができますね。カイルアのホールフーズとロングス・ドラッグスとは隣り合わせで、同じ敷地内にあります。カイルア自体が小さい街なので、歩いて遊べる距離ですよ。

データ

名前:カイルア・ファーマーズ・マーケット
開催日:毎週木曜日 17:00〜19:30
場所:ロングス・ドラッグスの駐車場

KCC以外にもたくさんあるファーマーズ・マーケット

一口にファーマーズ・マーケットといっても、場所や時間帯、客層によって、雰囲気が異なってくるんですね。他にもたくさんありますが、野菜を中心に売っているファーマーズ・マーケットも多いです。なので、今回は、旅行者でも楽しめるという目線で選びました。

どのファーマーズ・マーケットも週に1回しか開催されませんので、日程にうまく組み入れて足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク

Return Top