Read Article

ハワイを中心にした世界地図からわかること

ハワイを中心にした世界地図からわかること

今回は、初めてのハワイ旅行を検討中の人に伝えたい情報です。

ハワイを中心にした正距方位図法の世界地図

ハワイの位置を知る方法として、Googleマップを使う方法があります。次のリンクから、Googleマップでオアフ島の位置を見ることができます。

Googleマップでハワイのオアフ島の位置を見る

で、Googleマップは、ハワイの位置を知る方法として、わかりやすいものです。ですが、「ハワイまでの距離」を知る目的では、向いていません。地図がメルカトル図法で書かれているため、距離が正確ではないからです。

そこで、ハワイへの距離感を掴む方法として、ハワイを中心にした正距方位図法の地図が役立ちます。正距方位図法では、ハワイからの距離が正確にわかるからです。

そして、次の図が、「どこでも方位図法」というページで作成した、その正距方位図法の地図です。

ハワイを中心にした正距方位図法の地図

この地図を見ると、ハワイは、太平洋のど真ん中にあることが、よくわかります。

アメリカ本土からは意外と遠い

私は、このハワイを中心にした正距方位図法の地図を見て、「なるほどな」と思うことがありました。具体的には、アメリカ本土からハワイまでの距離感です。

私は、以前、ロサンゼルス空港から、オアフ島のホノルル空港まで移動した経験があります。で、実際に乗る前は、「2、3時間で着く?」のように軽く考えていました。

漠然と「ハワイはアメリカの西海岸から近い」という印象があったからです。ですが、実際には、そのフライト時間は、5時間以上もかかりました。

なので、日本から向かうフライト時間よりは多少短いにせよ、あまり大きく変わらない結果となりました。その理由が、この地図からわかり、納得した次第です。

日本はどこからでも意外と近い

また、この地図の半径8000kmの円に含まれる範囲を見ると、日本は、全体がその円の内側に含まれていることがわかります。

この記事を書いている現在、ハワイとの航路がある日本の空港は以下の通りです。

  • 成田国際空港
  • 羽田国際空港
  • 関西国際空港
  • 新千歳空港
  • 中部国際空港
  • 福岡空港

そのフライト時間は、出発する日本の空港によって多少は差があるものの、大きくは変わりません。つまり、日本はどこからでもハワイまで意外と近いことがわかります。

それが、ハワイが日本人旅行者の人気の観光先となっている大きな理由の1つと考えられますね。

シドニーからは距離的には近いがフライト時間が意外とかかる

私がこの地図を見て意外に感じたのが、オーストラリアの東海岸やニュージーランドからのハワイの近さです。

一方で、その移動に必要なフライト時間は、意外とかかります。例えば、シドニーとホノルル空港を結ぶ便のフライト時間は、この記事を書いている現在調べると、ハワイアン航空の直行便でも9時間45分は、かかります。

Googleフライトでシドニーーホノルル空港間のフライトを見る

この地図から、シドニーからホノルル空港まで、直線距離として、福岡空港からのフライトと同じくらいのように見えるので、意外に感じました。おそらく航路と気流の影響があるのでしょう。

経由するハワイ旅行を計画するときの参考になる

以上のように、ハワイを中心にした正距方位図法の世界地図を見ると、「意外とここから近い(または遠い)」という事実がわかります。

それが、どこか別の目的地を経由するハワイ旅行を計画するときの参考になります。

今回述べたように「アメリカ本土の西海岸経由を考えていたけど、ちょっと大変そうだからやめよう」や「シドニー経由のハワイ旅行もありだな」のようなことが、わかります。

というわけで、ハワイ旅行の計画時には、ハワイを中心にした正距方位図法の世界地図を見ておくと役立ちます。

Return Top