Read Article

子供やシニアとのハワイ旅行でコンドミニアムに泊まると得られるメリット

子供やシニアとのハワイ旅行でコンドミニアムに泊まると得られるメリット

子供やシニアなど体力が少ない家族とハワイ旅行をする場合、到着初日の大変さを考えていますか?

と言うのも、ハワイ到着初日は、7時間のフライトによる疲れと19時間の時差ぼけの状態でハワイ現地の午前に到着するため、徹夜明けのような体調で迎えることになるからです。加えて、宿泊先がホテルの場合は、午後の2時や3時過ぎとなるチェックイン時間まで、落ち着き先が見つからない状態でチェックイン時間が来るのを待つことになります。

そして、この待ち時間が、体力が少ない子供やシニアにとって結構辛いわけですね。ただでさえ疲れているところに、ハワイの暑さを感じることになるからです。このように宿泊先をホテルにした場合は、別料金が必要なことが多いアーリーチェックインをお願いしない限りは、チェックイン時間まで落ち着いて休めないことになります。

コンドミニアムでは部屋を早く使える

一方で。宿泊先をコンドミニアムにした場合は安心です。なぜなら到着初日も部屋を早く使えるからです。部屋を早く使えれば、取り敢えず部屋でゆっくり落ち着いたり、仮眠を取ったりで休息できるので、子供やシニアと一緒のときは助かりますね。これがコンドミニアムに宿泊する最初のメリットです。

コンドミニアムの借り方には、バケーションレンタルとホテル方式の2種類あり、正確にはそれによって部屋を早く使えるかどうかが変わります。ですが、どちらにしても部屋を早く使えることが多いです。

まず、バケーションレンタルの場合。こちらは、その部屋の管理会社のスタッフと鍵の受け渡しさえ済んでしまえば、すぐに部屋を使えることになります。そのためタイミング次第では、ワイキキに午前中に着いたとしても部屋を利用できます。バケーションレンタルでも部屋を早く使えない可能性として、自分の前に利用した人のチェックアウトと自分のチェックインの日が重なっている場合が考えられます。ですが、そういう事態はまず考え難いので大丈夫です。

なぜなら、バケーションレンタルの場合1部屋単位で管理しているからです。つまりバケーションレンタルでは、予約時点でこの建物の◯◯号室、と言うところまで決まっているため、前の人がチェックアウトした後にクリーニングを急いで行って次の宿泊者が泊まれるようにするのは無理があるんですね。そのため、バケーションレンタルではまず間違いなく部屋を早く使えることになります。それでも心配な場合は、「子供やシニアがいて早く休みたいので部屋を早く使えるか」と管理会社に事情を伝えて確認するのが良いでしょう。

ホテル方式の場合もアーリーチェックインしやすい

次にコンドミニアムをホテル方式で借りる場合。この場合は、チェックイン時間がホテルと同様に午後となっていることもあるので、部屋を早く使えるかどうかはその施設の状況次第になります。ただこの場合でも、ホテルよりはやはりコンドミニアムのほうがアーリーチェックインをしやすい環境であることは間違いありません。

たとえばですが、アストン・ワイキキ・ビーチ・タワーと言う、ワイキキの中心地にある人気の高級コンドミニアムの日本向けの予約サイトを見てみてください。

・アストン・ワイキキ・ビーチ・タワー
http://www.astonhotels.co.jp/oahu/waikikibeachtower/

2014年12月現在の情報ではありますが、12時のアーリチェックインが無料でサービスされていることがわかりますね。

・無料12時アーリーチェックイン
http://www.astonhotels.co.jp/kyujitsu_club/12earlycheckin/

と、このようにホテル方式でコンドミニアムを借りる場合でも、アーリーチェックインを利用しやすい環境があることがわかりますね。一方、ホテルの場合はと言うと、無料でアーリーチェックインに期待できることはまずないと思った方が良いでしょう。

宿泊費用が安く抑えられる

ここまで、子供やシニアとコンドミニアムに宿泊するメリットとして、早く部屋を使える点をご紹介してきましたが、コンドミニアムに泊まるメリットは他にもあります。そのメリットですが、宿泊費用が安く抑えられると言う点です。

たとえば、家族4人のハワイ旅行でベットが4つ必要な場合。ホテルであれば2部屋を抑えることになります。なので、宿泊費用は単純に倍になりますね。

一方で、コンドミニアムでは、2ベットルームと言う寝室が2つあるタイプの部屋があります。この部屋を利用すると、1部屋で4人が泊まれる設備がある部屋が利用できるわけです。

実際にその費用の違いを比べてみると。2015年の3月中旬ころで、アストン・ワイキキ・ビーチ・タワーの2ベットルームが1泊$500から泊まれるのに対し、シェラトン・ワイキキ・ホテルの2部屋を抑えると$720からとなりました。コンドミニアムのほうがお得に泊まれることがわかりますね。

1部屋で家族一緒に過ごしやすい

また、ホテルの場合は2部屋の空間をつなげて家族一緒に使いたい場合は、コネクティングルームの設備がある部屋を抑える必要がでてきます。これは部屋数に限りがあるため、予約が取りにくいと言うデメリットがあります。

一方、コンドミニアムの2ベットルームは、家族一緒に1部屋で過ごすやすいと言うメリットがあります。2ベットルームは、要するに寝室が2つある1部屋と言うだけなので、リビングやキッチン、トイレなどの空間は共有して使うことになります。そのため、家族で一緒に過ごしやすいのです。

子供やシニアとのハワイ旅行はコンドミニアムに宿泊すると便利

以上、子供やシニアとのハワイ旅行でコンドミニアムに泊まるメリットについてご紹介しました。

ご紹介したようなメリットがあるので、一度コンドミニアムに泊まってしまうと、「次からもコンドミニアムが良い」とリピートする人も多いです。また、コンドミニアムには、部屋に洗濯機がある部屋もあるので、その場合汗をかきやすい子供との旅行ではより便利ですね。

現在は、パッケージツアーでもコンドミニアム宿泊のツアーがあり、コンドミニアムを簡単に利用できるようになっています。なので、子供やシニアとのハワイ旅行を検討している場合は、コンドミニアムへの宿泊を検討してみてはいかがでしょうか。

Return Top