Read Article

ハワイで借りた車はレンタカーだとバレるのか

ハワイで借りた車はレンタカーだとバレるのか

今回は、ハワイ旅行でレンタカーを借りる人のうち、「借りた車がレンタカーだとバレるのか?」と不安な方に伝えたい情報です。

私も、ハワイで初めてレンタカーを借りるときは、この点をとても不安に感じていました。というのも、その当時得ていた情報として、「ハワイの治安は悪い」、「レンタカーは車上荒らしに狙われやすい」という話を聞いていたからです。

なので、ハワイで借りた車が、「他人から見てレンタカーと判断できるか」という点を、とても心配していました。

レンタカー会社によっては、その車がレンタカーだとバレる理由

で、結論から述べると、ハワイで借りる車は、レンタカー会社によっては、外見からすぐにレンタカーだと判断できます。例えばHertzレンタカーの車は、窓に車体を識別するための小さなバーコードが貼っており、それで「あっ、レンタカーだな」とわかります。

なので。普通に走っているときは、わかりませんが、駐車場に停めて車を放置している状況下では、すぐにレンタカーだとバレます。

一方で。ハワイに長年暮らす在住者の方によると、「昔ほどは、レンタカーが狙われにくくなっている」とのことでもありました。というのも、ハワイにおいて、昔は、車のナンバーでレンタカーと判断できましたが、今はそうではなくなっているからです。

実際、私は、そのバーコードから「レンタカーだ」と判断できる車をハワイで何度も借りていますが、車上荒らしにあったことは、これまでありません。

ただ、外見から誰でもその車がレンタカーだと判断できることには、やはり治安上の不安を感じます。なので、車上荒らしに狙われないように、車内にどんな些細なものでも、放置しないように心がけています。

些細なものとは、例えば、使い古しのビーチサンダルであったり、タオルであったり、普通だったら「取らないよな」と思えるものでもです。

また、ショッピングセンターで何か買い物したものをどうしても車内に残す必要がある場合は、車のトランクに入れておくようにします。

バーコード以外でも大手の車はレンタカーと思われやすい

で、窓ガラスに管理用のバーコードが貼っている場合以外でも、私は、大手のレンタカー会社で借りた車は、レンタカーだと思われやすいと考えています。

なぜかというと、大手の車は、その外見の状態の良い車が多いからです。新車とまでは言いませんが、それなりに綺麗な車が多いんですね。

一方、ハワイで走っている車を見ていると。古めの車をよく見かけるはずです。私の知っている複数のハワイ在住者の方が持っている車を見ても、ピカピカの新車ではなく、それなりに歴史を感じさせる外観の車に乗っていました。

もちろん状態の良い車に乗っているローカルもいますが、どちらかというと、長く乗りこなしている人が多い印象です。

つまり、大手レンタカー会社で借りる「見た目上、そこそこ綺麗な車」という時点で、ハワイでは「あの車、レンタカーっぽいな」と判断できてしまうんですね。

なので、無理に頑張って、レンタカーとバレないための努力をするよりは、「ちゃんと保険に入り、車内にものを残さない」という努力をする方が良いです。

ちなみに、ハワイには、ホノルルオートレンタル社のように、大手ではないローカルのレンタカー会社もあります。で、以前、ホノルルオートレンタルの方から話を伺ったときは、「うちの車はリースではなく、自社で全てを管理しています」という話でした。

このような管理体制の会社であれば、その車体管理に、バーコードを使っていないかもしれませんね。

海外旅行保険とは別に、PECの保険に入った方が良い理由

というわけで、ハワイで借りるレンタカーは、「レンタカーだとバレる」と思って運転するのが基本となります。なので、駐車場に停めるなどで、車を放置する場合は、車内に何も残さない努力が必要になります。

ただ、そのように気をつけたくても、気をつけられない状況も、時には発生します。例えば、ハワイ到着日に空港でレンタカーを借り、チェックイン前の車に荷物を乗せた状態で、どこかに駐車する場合です。

ほか、トランクに収まりきれないものを、車内に置きたい場合も、人によってはあるはずです。

そのような場合が考えられる人は、レンタカー会社が提供する、PEC(Presonal Effects Coverge)という、携行品の損害を補償する保険に入るのがオススメです。

で、この保険には、たとえ海外旅行保険に盗難の補償があったとしても、別途入る方がオススメです。なぜかというと、海外旅行保険に盗難の補償には、車内に放置した物の盗難を補償しない場合があるからです。

つまり、「車上荒らしでの盗難はカバーしませんよ」ということがあるんですね。もっとも、この条件は、それを提供する保険会社の条件で変わります。ので、心配な方は、保険会社にその条件を確認するのがオススメです。

一方、レンタカー会社と契約するPECの保険は、そのような車上荒らしでの盗難を補償するための保険です。なので、万が一を考えると、入っておく方が安心できます。

Return Top