Read Article

初海外の人に伝えたいハワイ旅行の旅費の調べ方

初海外の人に伝えたいハワイ旅行の旅費の調べ方

今回は、初めての海外旅行先としてハワイを考えている人にお伝えしたいお役立ち情報です。

「ハワイに行きたい」と漠然と思った時、まず気になるのは、「いくらくらいで行けるんだろう?」という予算感ですよね。

一方、海外旅行が初めてだと、その旅費の調べ方がピンと来ないはずです。そこで、その調べ方をご紹介したいわけです。先に方法の手順の概要をご紹介すると、次の通りです。

ハワイ旅行の旅費の調べ方

  1. Google FlightsTripadvisorで個人手配の価格を調べる
  2. Expediaで「航空券+ホテル」の価格を調べる
  3. Jal PakJTBでパッケージツアーの価格を調べる

以上が、ハワイ旅行の旅費調べ方の概要です。

また、今回の記事では、具体的な金額をイメージしやすいように、次の前提でハワイ旅行の料金を調べているとします。

前提条件

  • 2016年9月3日〜9月11日の期間中に現地5泊したい
  • 大人2名
  • 宿代は1泊3万円くらいに抑えたい

最初にGoogle Flightsで調べる理由

それでは早速始めましょう。ハワイ旅行の旅費を調べるにあたり、最初に使いたいのがGoogle Flightsです。なぜ最初にGoogle Flightsで調べるかというと、個人手配する航空券代の安い期間を簡単に調べられるからです。

ハワイまでの航空券代ですが、個人手配の場合、出発日や帰国日次第で、その価格が大きく変動することがあるんですね。なので、お得な期間を調べやすい、Google Flightsを利用し、その旅程の期間を定めるわけです。

今回の例では、2016年9月3日〜9月11日の9日間の休みがある中で、5泊7日の旅程を考えています。9日間の休みの中で7日間の旅程なので、出発日と帰国日をずらせる余地があるわけですね。

そこでまずは、何も考えずに、「9月3日発」として、その価格を調べます。ちなみに、この日に出発して5泊7日の旅程では、ハワイ時間の9月8日にハワイを出て、日本の時間の9月9日に帰ってくることになります。つまり、帰りの出発日は9月8日です。

この条件でGoogle Flightsで検索すると、その航空券代は、、最安値が「$568」、Wi-fiを使える便の最安値が「$806」となりました。

ここでは、「Wi-fiを使いたい」と判断して、「$806」の便を選ぶことにします。具体的には、デルタ便で、「東京(NRT)– ホノルル(HNL)デルタ航空 行き578/帰り579」となります。

で、Google Flightsの凄いところは、「日付に関するヒント」として、最寄りの航空券代が安くなる日を提示してくれることです。

例えば、日本発9月3日-ハワイ発9月8日の期間に対しては、次のようなヒントが表示されています。

往路を 8月31日(水)、復路を 9月5日(月)にすると、$203 安くなります

この「$203」の安さは、大きいですよね。なので、ここで旅程を変えられる人は、それを検討する価値があります。

ここでは、旅程を優先して、日本発9月3日とすることにしましょう。つまり、航空券代は、大人一人往復で、$806となりました。

Tripadvisorでホテル代を調べる

Google Flightsで調べた結果、航空券の旅程が定まったので、それに合わせてホテル代を調べます。そのために、Tripadvisorを利用します。

なぜ、Tripadvisorを利用するかですが、Tripadvisorでは、ホテル代の最安値保証をしているBooking.comも含めて、複数のホテル予約サイトに対して検索ができるからです。

なので、お得なホテル代を調べるのに便利なんですね。

今回の日程では、チェックインが9月3日、チェックアウトが9月8日となります。その条件で調べた結果、「1泊3万円くらいに抑えたい」と言う条件に合うホテルとして、「ワイキキ ビーチ マリオット リゾート & スパ」が見つかりました。

その価格ですが、これを書いている現在の価格では、1泊28,365円となっています。

以上をまとめて、日本発9月3日の5泊7日、大人二人の個人手配の旅費を計算すると次のようになります。

個人手配の旅費

  • 航空券代:$806 x 2名 = 178,932円 (1ドル111円として)
  • ホテル代:28,365円 x 5泊 = 141,825円
  • 合計: 320,757円

Expediaで「航空券+ホテル」を調べる

以上の手順で、個人手配の価格がわかりました。そこでそれを基準に、別の手配方法との価格の違いを比較して行きます。

最初に比較するのは、Expediaの「航空券+ホテル」で調べた場合の価格です。個人手配の価格を調べた際に、旅程と航空会社、泊まるホテルが定まっているため、これを調べるのは簡単です。

つまり、旅程は「9月3日発の5泊7日」、航空会社は「デルタ(行き578/帰り579)」、泊まるホテルは「ワイキキ ビーチ マリオット リゾート & スパ」の条件で、Expediaの「航空券+ホテル」で調べるわけです。

その結果ですが、次のようになりました。

Expediaの「航空券+ホテル」の旅費

  • 航空券 + ホテル: 304,085円
  • 割引額: -3,180円
  • 合計: 300,905円

個人手配の旅費「320,757円」と比較すると、Expediaの方がお得なことがわかりますね。

パッケージツアーの価格を調べる

Expediaの価格の次は、同様にパッケージツアーの価格を調べていきます。で、ハワイ旅行のパッケージツアーを販売する旅行会社は、本当にたくさんあります。

その中から、今回はJAL PAKとJTBの2社を選びます。なぜ、この2社かというと、どちらもハワイ旅行のパッケージツアーを販売している歴史が長く、代表的な存在と言えるからです。

まず、JAL PAKのパッケージツアーの価格ですが次のようになりました。

JAL PAKの旅費

  • 航空券 + ホテル: 244,060円 x 2名 = 488,120円
  • 合計: 488,120円
  • ※航空会社はJALに変更、ホテルは同じ

で、これまでと比べると、ずいぶん高くなりましたね。その理由として、このツアーの航空会社が、デルタではなくJALとなっていることが、まず考えられます。

また、パッケージツアーとして、ワイキキまでの送迎バスや現地でのツアー客専用の交通手段、ラウンジでの日本語サポートが含まれています。個人手配やExpediaと比べ、パッケージツアーはサービスが手厚いんですね。

続いてJTBのツアーの価格を調べます。

JTBの旅費

  • 航空券 + ホテル: 231,000円 x 2名 = 462,000円
  • 合計: 462,000円
  • ※航空会社はデルタだが580/581の便に変更、ホテルは同じ

この価格ですが、こちらも個人手配やExpediaと比べ高くなりました。で、このツアーの場合は、乗る便が異なるとはいえ、同じデルタの場合でも、パッケージツアーの方が価格が高くなっていることがわかりますね。

ちなみに、JTBのこのツアーでも、JAL PAKと同じように、ツアー参加者向けの現地サービスが提供されています。高い理由として、そのようなサービスの厚さがあることは、考慮する必要があります。

「絶対にこれがお得」という手配方法はない

以上、ハワイ旅行の旅費調べ方をご紹介しました。

で、今回の例では、Expediaが一番お得で、パッケージツアーが高額となる結果となりました。ですが、時期や選ぶホテル、航空会社によっては、「パッケージツアーが一番お得」となることもあります。

なので、ハワイ旅行において、「絶対にこれがお得」という手配方法はないんですね。

そのため、ハワイ旅行の旅費を調べるにあたっては、今回行ってきた「個人手配の価格」、「航空券+ホテルの価格」、「パッケージツアー価格」を、希望の日程で調べて比べて初めてはっきりするわけです。

スポンサーリンク

Return Top