Read Article

ハワイ旅行の計画に役立つ8時間でのオアフ島観光プラン

ハワイ旅行の計画に役立つ8時間でのオアフ島観光プラン

今回は初めてのハワイ旅行の旅程を考えている人へのご参考として、ハワイ旅行の最短の日程となる0泊2日でのオアフ島の楽しみ方をご紹介します。

で、実際のところ初ハワイを0泊2日の旅程で訪れる人は、恐らくいないですよね。ですが、0泊2日のハワイ旅行と言う極端に限られた時間でも「これだけハワイを楽しめるんだ」と言うことをご紹介し旅程の計画に役立てて欲しい、と言うのがこの記事の狙いです。

ちなみに、0泊2日でハワイに滞在できる時間は長くても8時間程度になります。そしてこの記事では、その8時間でできるオアフ島観光の旅程の一例をご紹介します。つまりその8時間の旅程を初ハワイの観光プランを考える際の参考にして頂きたいわけですね。

また、ご紹介する内容は、短い滞在時間ながら海、山、買い物とハワイを魅力を凝縮して楽しめるものとなっています。それでは早速始めましょう。

0泊2日のハワイ旅行の準備の仕方

まず、0泊2日のハワイ旅行の準備の仕方からご紹介です。すでに述べた通り、0泊2日のハワイ旅行では、長くても8時間程度しかハワイに滞在できません。そのため効率良く観光するための準備が必要になります。

その準備の仕方のポイントを述べますと、次の通りです。

  • 成田発、羽田着の航空券を選ぶ
  • レンタカーを借りる
  • 受託手荷物を預けない
  • 成田空港で水着を着ておく
  • バスタオルは日本から持参する
  • ハワイで使えるスマホ環境を用意する

以上が準備の仕方のポイントです。それぞれ簡単に説明しますと、まず成田発、羽田着の航空券を選ぶのは、ハワイの滞在時間をできるだけ長くするためです。一例として、JALの2015年9月のフライトスケジュールで考えますと、行きをJL786便、帰りをJL089便とすると次のスケジュールとなります。

ホノルル空港着: 08:30
ホノルル空港発: 18:50

つまり、行きのフライトが予定通りに到着したとして、10時間20分の時間ハワイに滞在できます。ただし、帰りのフライトは2時間前には、ホノルル空港に着いている必要があるので、そこから2時間マイナスして8時間20分。つまり、ハワイの滞在時間は、8時間程度となるわけです。

レンタカーを借りるのは、効率よく行動するためですね。初ハワイでレンタカーを借りるのは、正直オススメできません。なぜなら土地勘がなく、また日本と違う交通ルールに慣れていないからです。なのですが、今回は滞在できる時間が限られてますので、レンタカーで移動する前提とします。

またレンタカーを予約するにあたり、レンタカー会社をHertzレンタカーにし、Goldプラス・リワーズに入会しておくと良いです。なぜなら、Goldプラス・リワーズに入会すると、レンタカーの契約手続きがとても早く済むからです。

受託手荷物を預けないのも、時間を節約するためです。受託手荷物を預けなければ、ホノルル空港に到着後、荷物の受け取り待ちの時間をなくせるので、その分時間を節約できます。また0泊2日旅程なので、そもそも持ち込む荷物も少ないはずです。なので、機内への持ち込み荷物で十分となります。

同様に時間を節約するために、成田空港のトイレで水着を中に着て置きます。0泊2日の旅程なので、ホテルに宿泊することもありません。なので、ハワイ現地に着いてから安全に着替えができる場所が限られることになります。その場所を探す時間を節約するために、安全な日本にいるうちに水着を中に着ておくわけです。

またホテルに泊まらないので、通常はホテルで借りられるビーチ用のバスタオルも自分で準備する必要があります。つまりバスタオルを日本から持ち込む必要があります。

最後にハワイ現地で効率よく情報を収集するため、ホノルル空港に着いてすぐにスマホを使える環境を準備します。ソフトバンクのアメリカ放題が使える人は、ハワイでも使えますので特に準備が入りませんね。そうではない人は、SIMフリースマホを用意して、Ready SIM(2016年4月8日現在、サービス名が「ZIP SIM」に変更されています)と言うアメリカのプリペイドSIMを日本で準備しておくのがオススメです。

0泊2日のオアフ島観光スケジュール

以上のように準備をした前提で、0泊2日のオアフ島観光のスケジュールをご紹介します。まず、そのスケジュールを具体的な時間を踏まえてご紹介すると次の通りです。

  • 08:30 ホノルル空港着
  • 08:45 入国審査を終えレンタカー会社の事務所に移動
  • 09:00 レンタカーを借り、観光スタート
  • 09:30 H3経由でカイルアに移動、到着
  • 09:35 ブーツ&キモズで持ち帰りでパンケーキを購入
  • 09:45 カイルアのWhole Foodsのベンチでパンケーキを食べる
  • 10:15 Whole Foodsでお土産を購入
  • 10:45 カイルアビーチパークに移動し水着でビーチを楽しむ
  • 12:00 カイルアビーチを後にワイキキ方面を目指す
  • 12:30 Yama’s Fish Marketでランチ用にプレートランチを購入
  • 12:45 ダイヤモンド・ヘッドに到着、麓の広場でプレートランチを食べる
  • 13:15 ダイヤモンドヘッド登山開始
  • 14:15 ダイヤモンドヘッド登山終了、アラモアナセンターへ移動
  • 14:30 アラモアナ・センター到着、買い物を開始
  • 16:30 買い物終了、ホノルル空港へ移動
  • 16:50 ホノルル空港に到着、レンタカーを返す
  • 17:00 空港でチェックイン完了、搭乗まで空港内で過ごす
  • 18:50 ホノルル空港発

以上が、0泊2日のオアフ島観光スケジュールです。では、このスケジュールのポイントを以下でご紹介して行きます。

まずはカイルアを目指す

このスケジュールの最初のポイントですが、ホノルル空港に到着後、まずはカイルアを目指すことにあります。初めてのハワイ旅行であれば、まずはワイキキに移動するのが一般的なのですが、そこを敢えてカイルアを目指します。

その理由ですが、ホノルル空港からカイルアまでが意外に近いからです。具体的には、H3と言うフリーウェイを使うと、空港からカイルアまでは30分もかからず移動できるんですね。なので、まずは綺麗なビーチを楽しむためにカイルアに移動します。

ほかの理由として。空港到着後ワイキキに移動するのが一般的なのは、ワイキキのホテルに宿泊する旅行者が多いからです。一方、0泊2日の旅程ではホテルに宿泊する必要がありません。そのためいきなりカイルアを目指しても差し支えがないわけです。

カイルアに到着したら、とりあえずブーツ&キモズで朝食を買います。お店が空いていれば店内で食べても良いのですが、時間の節約のために持ち帰りでパンケーキを買います。買ったパンケーキは、ブーツ&キモズから徒歩5分程度の距離にあるWhole Foodsのカイルア店のベンチで食べます。食後、Whole Foodsでお土産を買うと良いでしょう。

Whole Foodsでの買い物が済んだら、カイルアビーチを目指します。上のスケジュールでは予定としてビーチに1時間ちょっと滞在する時間を取っています。なので、ちょっと慌ただしくなりますがラニカイビーチも行けないこともないです。

次にダイヤモンドヘッドを目指す

カイルアでビーチを満喫したら、次は山を楽しむためにダイヤモンドヘッド登山を行います。そのためにカイルアを後に一路ワイキキ方面を目指して移動します。

その途中、Yama’s Fish Marketでランチ用にプレートランチを購入します。Yama’s Fish Marketと言うのは、ローカルに長年愛されるハワイ料理の惣菜店で、プレートランチと言うご飯とおかずがセットになった弁当を買うことができます。

購入した弁当ですが、ダイヤモンドヘッドの登山前に食べます。タイヤモンドヘッドの麓ですが、芝生が広がるとてもナイスな公園となっています。そこでピクニック気分でこの弁当を食べるわけです。弁当を食べたら腹ごなしに、ダイヤモンドヘッド登山を行います。大人の足でさくさく登って往復1時間くらいの時間がかかります。

最後にアラモアナ・センターで買い物

ダイヤモンドヘッド登山を終えたら、最後にアラモアナ・センターに移動し、買い物を楽しみます。この時にアラモアナ・センターではなく、ワイキキに車を駐めてワイキキ散策としても良いのですが、やはりアラモアナ・センターのほうがオススメです。

その理由ですが、アラモアナ・センターには無料の広い駐車場があるからです。一方、ワイキキの場合は、基本有料の駐車場しかないと考えてよく、また空きのある駐車場を探すのに苦労する可能性もあります。

また、アラモアナ・センターからワイキキまでは、トロリーで簡単に移動できます。そのトロリーも、JCBのクレジットカードがあれば、ワイキキトロリーを無料で利用できますし、JAL便を利用した場合はJALOALOカードの特典でレインボートロリーを無料で利用できます。なので、アラモアナ・センターとワイキキの往復は、本当に手軽に行えるんですね。そのためアラモアナ・センターに駐車するのがオススメなわけです。

上の予定では、アラモアナ・センターの滞在時間として2時間見ているわけですが、正直なところ2時間で見切れない人がほとんどのはずです。なので、今回のように滞在できる時間が限られる場合は、事前に行きたいお店を調べた上で訪れるのがオススメですね。

8時間でも海・山・買い物を楽しめる

アラモアナ・センターでの買い物を時間いっぱい楽しんだら、いよいよ帰国に向けてホノルル空港に移動します。上の旅程では、念のため搭乗時間の2時間前に到着するようにしています。ですが、帰りの搭乗手続きにかかる時間は、それほど心配しなくて大丈夫です。

その理由ですが、羽田着の便は成田着の便と比べ本数が少ないからです。つまり、ホノルル空港が混雑することが少ないんですね。なので、成田着の飛行機と比べると、搭乗時間の手続き(受託手荷物を預けるのとセキュリティーチェック)にかかる時間が短くすむことが多いです。また受託手荷物を預けない前提なので、よりその時間は短く済むはずですね。

以上、ハワイ旅行の最短の日程となる0泊2日でのオアフ島の楽しみ方をご紹介しました。ご紹介した通り、0泊2日でできる8時間のハワイ滞在で、海・山・買い物とハワイの魅力を楽しめることがわかったのではないでしょうか。

正直なところ、「初ハワイはもっとゆっくりとハワイを楽しんで欲しい」と言うのが私の本音です。一方で、オアフ島観光をこのように1日の間にギュッとできることを知っておくのも、ハワイ旅行の旅程を立てる際の参考になるはずと考えています。

Return Top