Read Article

ハワイ旅行をより楽しくするハワイのDFSの活用の仕方

ハワイ旅行をより楽しくするハワイのDFSの活用の仕方

今回は、初めてハワイを訪れる人へのお役立ち情報として、ハワイ旅行をより楽しくするためのハワイのDFSの活用の仕方をご紹介します。

DFSとは

はじめに、初ハワイの人はご存じないでしょうから「ハワイのDFSとは」と言うところからご紹介しますと。

DFSとは、ワイキキのメイン通り沿いの中心地にあるビルのことです。このビルには、様々なブランドのショップが入っており、免税価格でアパレル製品や化粧品などが買えるため、旅行客がお土産を買うのにも良く利用される建物となっています。

ちなみに、このDFSですが、2015年7月現在は、「T ギャラリア ハワイ by DFS」と言うのが正式な名前です。その立地について東京でたとえるならば、銀座の4丁目の交差点にあるようなイメージですね。

またハワイ旅行でDFSと言うと。基本的にこのワイキキのビルのことを指すことになります。ですが実はホノルル空港のセキュリティーチェックを抜けたターミナル内にも、DFSのショップがあります。つまり日本に帰るときのホノルル空港にもDFSのショップがあるわけです。

そしてホノルル空港のDFSは、ワイキキのDFSとは売り場の規模も品揃えも違い小さいので、その点にはご注意ください。またご参考までにホノルル空港のDFSでは、免税価格でお酒とタバコが買える点が特徴です。これらはワイキキのDFSでは買えません。

ではDFSのご紹介はこれくらいにし、本題のハワイのDFSの活用の仕方をご紹介しましょう。

トロリーのターミナルとして

上でもご紹介した通り、DFSと言うと「ブランド物を免税価格でお得に買える場所」と言うイメージが一般的です。このイメージ自体は、何も間違っていないのですが、DFSの役割ははそれだけではありません。

たとえば、トロリーのターミナルとしての機能があります。トロリーというのは、ワイキキを中心に走る観光客向けのオープンエアのバスで、レンタカーを使えない観光客にとっては便利な交通手段となります。特に初ハワイの人は、よく使う交通機関となります。

そのトロリーには、ワイキキトロリーと言うお金を払えば誰でも乗れるものから、レインボートロリーのように特定の旅行会社のツアー客専用のものまであります。そして、DFSは、それらのトロリーの乗り場のターミナルとして機能しているんですね。

なので、「ブランド物の買い物に興味がないよ」と言う人でも、DFSを利用することが多くなります。そのトロリーの乗り場ですが、カラカウア通りの正面の入り口から入って、一番奥の左手にあります。初めてだとこの乗り場がややわかりにくいので、気をつけて下さい。

日本円を米ドルに両替できる場所として

次に。DFSは、日本円を米ドルに両替できる場所としても利用できます。具体的には、DFSの建物1Fに両替所があり、日本円を米ドルにすることができます。もちろんその逆もできます。

また。両替所は、このDFSの建物内のもののほか、DFSの周辺のロイヤル・ハワイアン通り沿い側にいくつかあるんですね。詳しくは次の記事でご紹介しています。

ワイキキ滞在では日本でたくさんのドルを用意しなくてよい理由

そのため。ハワイ旅行にあたり、ドルの現金をたくさん準備する必要がありません。日本円をDFS周辺の両替所でドルの現金にいつでも便利に両替できるからです。

コーヒーの試飲とクッキーの試食

次に。ブランド物に興味がない人でも、DFSの1Fにあるお土産売り場はぜひ訪れる価値があります。なぜかと言うと、コーヒーの試飲とクッキーの試食が無料でできる場所があるからです。

IMG_6088このコーヒーとクッキーですが、ハワイ土産の定番と言えるお土産なんですね。その両方を同じ売り場で試せる場所は、このDFS以外にはなかなかありません。

そして、DFSのコーヒーとクッキーを試せる場所ですが、可能な限りハワイに到着して早い段階で訪れることをオススメします。可能ならばワイキキに到着した日に訪れるのがベストですね。

IMG_6089なぜかと言いますと。そうすると早い段階でハワイの定番土産の味を確かめることができるからです。

すると、その後のハワイ旅行で出会うお土産候補と、定番のお土産を比較することができますよね。なので、早い段階でこの試飲と試食ができる場所を訪れるべきなんですね。

トイレが綺麗

次に。DFSのビルの嬉しい特徴として、「トイレが綺麗」と言うことがあります。DFSのトイレですが、2013年9月にリニューアルし、日本の百貨店のトイレのように綺麗で清潔な環境となっています。

また、ハワイでは貴重なウォッシュレットが使える公共のトイレと言うこともあり、このDFSのトイレはありがたい存在と言えます。

ハワイのトイレですが、公共で使えるものは、その雰囲気といい、便座の大きさといい、あまり日本人旅行客にとって、落ち着ける場所ではないことが多いんですね。

そのような中で、DFSの綺麗なトイレは本当に貴重な存在です。

ラウンジはたくさんあるので注意

次に。このDFS内には、旅行客が休憩したり、サポートを受けられるラウンジがあります。たとえば、特定のクレジットカードを持っている人が利用できるラウンジ、のようなラウンジがあるんですね。

ところが。DFS内には、このようなラウンジがいくつかあるんですね。そして、そのラウンジまでの入り方も、1Fから細い廊下を抜けた先の2Fにあると言う点が共通していて、目当てのラウンジの入り口がわかりにくいんです。

実際に目当てのラウンジを間違う人が多発しているようで、入り口の前に次の写真のような張り紙がしてあるラウンジもありました。

16236743038_cef31314c6_zと言うわけで。初めてDFSの2Fにあるラウンジを利用したい人は、事前にその場所を本当に良く確認してください。ちなみに、私は良く確認したつもりでDFSのあるラウンジを目指しましたが、それでも間違うことになりました。

ジャルパックのDFSアロハ・ラウンジ利用時の注意点

最後に。DFSには、ジャルパックが提供する「DFSアロハ・ラウンジ」と言うラウンジもあります。で、このラウンジを利用したい場合の注意点をご紹介します。

まず、そのラウンジがある場所ですね。上で「DFSのラウンジは、細い廊下を進み階段を上った2Fにある」と述べましたが、DFSアロハ・ラウンジは例外です。このラウンジは、DFSの4階にあります。

そしてその4Fまでの行き方ですが、カラカウア通りから入ってDFSの1F奥にあるエレベーターで行くのが簡単です。DFS 1Fの両替所やレンタカーの窓口があるスペースにあるエレベーターがそれです。

次に、DFSアロハ・ラウンジの営業時間に注意が必要です。このラウンジですが、午後の早めの時間に閉まっちゃうんですね。私が午後4時に訪れた時には閉まっていました。なので、このラウンジを訪れる際には、その営業時間を確認した上で訪れた方が良いです。

ちなみに。このDFSアロハ・ラウンジですが、ジャルパックでハワイに行く人以外でも訪れる必要が出てくることもあります。たとえば、個人手配でJAL便を利用した旅行客向けの特典である「JALOALOカード」をハワイ現地で受け取りたい場合です。そのときは、このDFSアロハ・ラウンジを訪れることになりますよ。

以上、ハワイ旅行をより楽しくするハワイのDFSの活用の仕方をご紹介しました。

Return Top