Read Article

ホノルル空港で一部の人の入国審査が簡単になった理由

ホノルル空港で一部の人の入国審査が簡単になった理由

今回は、これからハワイ旅行をする人のうち、「以前一度でもアメリカ(ハワイも含む)に入国したことがあります」という人に、お伝えしたいお役立ち情報です。

つまり、「アメリカ旅行の経験があってもハワイは初めての人」、もしくは「ハワイ旅行のリピーター」に向けてお伝えしたい情報というわけです。

で、簡単には、以前一度アメリカに入国した経験がある人は、「ホノルル空港で入国審査を簡単に済ませられるようになりましたよ」ということをお伝えしたいんですね。

ホノルル空港の入国審査が簡単になった理由

なぜ、簡単に済ませられるかというと、アメリカに入国経験のある人が、ESTAで再度入国する際には、キオスク端末でセルフチェックインができるようになったからです。

このキオスク端末は、2015年6月から導入されています。で、2016年の3月に、実際にホノルル空港でこの端末で簡単に入国できることを確認しています。

ただ、以前アメリカに入国経験があるすべての人が、この端末で自動チェックインできるわけではありません。つまり利用するための条件があるんですね。

その条件ですが、U.S. Customs and Border Protectionのサイトから、引用すると、次のようにあります。

Who Is Eligible to Use APC?

U.S. and Canadian passport holders and international visitors from Visa Waiver Program countries are eligible to use APC kiosks. Visa Waiver Program visitors must have Electronic System for Travel Authorizations (ESTA) approval prior to travel and have visited the United States on at least one occasion after 2008.

で、以上を読むと、このキオスク端末(APC kiosks)が使えるのは、「ESTAで入国する人」というのが、第一の条件ですね。そして、第二の条件ですが、「2008年の後に一度でもアメリカを訪れた人」とあります。

この「2008年の後」ですが、「2008年以降」と解釈している意見があります。ですが、私は、「2009年以降」という意味だと考えています。なぜなら、ESTAが始まったのが、2009年からだからです。

というわけで、「今回ESTAで入国し、2009年以降に一度でもアメリカを訪れた人」が、このキオスク端末を使って簡単に入国できるようになったわけです。

行列に並ぶ必要がなくなり、英会話も不要になった

そのため、今現在、ホノルル空港に到着すると、このキオスク端末を使える条件を満たす人は、端末を使うように案内されるようになっています。

で、このキオスク端末では、要するにこれまで入国審査官とやっていたパスポートのチェック、顔写真の撮影、指紋の登録などの作業を、旅行者が自分でできるようにしたものなんですね。

なので、審査官がやるよりも、人の流れが早いわけです。結果として、これまでの大行列ができる有人の入国審査と違い、本当に素早く入国審査を済ませられます。ハワイの入国審査の前の行列に並んだ経験がある人にとっては、驚きの速さになりますよ。

また、この端末は、表示を日本語モードにも切り替えられるため、英語が苦手な人でも簡単に利用できます。加えて、ホノルル空港では、操作がわからない人を案内するスタッフがおり、操作を手伝ってくれます。

そのスタッフに日本語は通じませんが、心配しなくて大丈夫です。端末の操作方法を教えてくれるだけなので、難しい英会話が必要ないからです。

税関の書類も不要になったが、念のため書いておくべき理由

このキオスク端末での入国で、さらに嬉しいポイントとして。これまで手書きで書いていたアメリカの税関に提出する書類も、書く必要がなくなったことがあります。

なぜかというと、その税関に提出する情報も、キオスク端末から登録できるようになったからです。そのため、税関では、キオスク端末でチェックイン後にプリントされる紙を渡すだけで済むようになっています。

ですが。私は、これまで手書きで書いていた紙の書類も、念のため準備しておくべきだと考えています。というのも、運が悪いと、「キオスク端末の調子が悪い」などの理由から、これまで通りの有人での入国審査に回されることが考えられるからです。

急にそうなった際に、税関の書類を慌てて手書きするのは面倒ですよね。なので、キオスク端末で入国できる条件だったとしても、念のため税関の書類は準備しておいたほうが安心できます。

この「キオスク端末でのアメリカへの簡単な入国」ですが、初ハワイかつ初アメリカの人は、使えないのが残念ですね。そのような人こそ、英会話が苦手で有人の入国審査に緊張してしまうからです。

ESTAで入国した経験がある人でも、パスポートが新しくなった人はキオスク端末を使えない

ちなみに、このキオスク端末ですが、2009年以降にESTAでアメリカに入国経験がある人でも、パスポートを新しくした場合は、使えないのでご注意ください。

つまり、パスポートが新しくなった場合は、従来通りの有人の窓口で入国審査を受ける必要があります。新しくしたパスポートでキオスク端末を使おうとするとどうなるかですが、「端末で拒否されて結局有人の窓口に行くことになった」というクチコミが、いくつかあります。

次の通りです。

tripadvisorのBilly Zさんの回答より


So if you have a new passport even if you have been to the USA after 2008 the system have no record of your previous visit, and you will be treated like first time visitors.

flyertalkのflatlanderさんの回答より

If you have a new passport you also get rejected with an X by the machinery, but this does not (in my case) lead to extra questions from the CBP officer, they just took a new set of fingerprints and asked me a couple of general questions while doing so.

どちらのクチコミからも、新しいパスポートでは、キオスク端末に拒否されて結局有人の窓口で入国審査を受けることになっていることがわかります。

というわけで、パスポートを新しくした人は、この記事の最初にご紹介したキオスク端末を使える条件に該当する人でも、例外となるのでご注意ください。

コメント一覧

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 佐伯 克仁

    いつも豊富な情報、美しい写真を眺めてはハワイの思い出を記憶から掘り起こし、ワクワクしています。それだけでリフレッシュ効果があります。

    5月中旬遅いGWに訪れる計画ですが、なんとしてもカイルアビーチへは行きたい。
    質問させていただきたいのですが、ビーチの木立にハンモックを吊ることは可能ですか?

    条例・法令で禁止されているとかないですか。ご存知でしたら御教示いただければ。
    あの青に染まりながら、のんびりできたら最高なんですが。

    • 佐伯さん、

      ご感想のコメントありがとうございます。励みになります!

      さて、ご質問の「カイルアビーチでハンモックを使うにあたり、何か法的な問題があるか?」ですが、残念ながら存じ上げないです。

      ただ、ハワイでハンモックというと、ワイキキのクヒオビーチで使っているのを見たことがあります。それが法的に問題がなかったか、どうかはわからずです。

      また、本件、私も気になりましたので、次のハワイのハンモックもレンタルしている業者に、問い合わせてみました。
      http://hawaiibeachtime.com/GEAR/oahu-beach-hammock/

      その回答がありましたら、改めて共有いたします!

    • 佐伯さん、

      業者からの回答がありました。・・・が、結局、法的に大丈夫かはわかりませんでした。

      私の聞き方がまずかったのかもしれませんが、業者の回答は次の通りでした。

      ・うちのレンタル物は、カイルアやラニカイビーチには、住んでいる住所がないと届けられない
      ・ただ、うちの店に寄って自分でピックアップするなら、そうすることもできますよ

      というわけで、カイルアでのハンモックの利用ついて、「法的にダメ」ということはなさそうです。かといって、絶対に大丈夫とも限らない感じですね。

      なので、最終的には、ご自身の判断でハンモックの利用を検討することになりますね。

  2. 佐伯 克仁

    ヒデ様

    早速にご親切なお答えありがとうございます。もしわかりましたらお知らせ願えますか?

    引き続きハワイでの御活躍、お祈り申し上げます。

    • 佐伯さん、

      ハワイのレンタル業者からの回答はまだなのですが、ハワイに長年暮らす方から、ハンモックについて、次のようなご回答をいただきました。

      • ハワイの公園で勝手に木の枝を折ったりするのはダメ
      • それに注意してハンモックを吊るすのは問題ないはず
      • 「ハンモックはダメ」というルールをハワイで見たことがない
      • ただハンモックを使っている人自体も、ハワイで見たこともない

      というご回答でした。このご回答からは、「法的に問題ないか」まではわかりませんが、ご参考までに。

  3. 佐伯 克仁

    お忙しいところ、本当に親身になって調べていただいたようで、恐縮です。
    自己責任の範囲で常識的に楽しむということですね。それはどこの国、どの場所でも一緒のことですよね。
    日本人のマナー感は以前の”旅の恥はかき捨て”的な時代からは、随分と進歩しているとは思いますが、日本人の評判を落とさぬよう、また地元で頑張る方々の評価に影響するようなことのないよう振る舞うのは当たり前のこと。
    浮かれすぎに注意して楽しみます。ありがとうございました。

    • こちらこそ、ありがとうございました。頂いたご質問をきっかけに、ハワイはビーチでハンモックを使う文化がないことに気がつけました。他のリゾート地のビーチだと、よく見かけることが多いので不思議ですね。

      問い合わせしてみたハワイのハンモックレンタル業者のホームページ( http://hawaiibeachtime.com/GEAR/oahu-beach-hammock/ )の説明にも、「ハワイのハンモックを使わない文化をちょっとでも変えたくて、ハンモックのレンタルを始めた」とありますね。

      また、この業者のレンタルハンモックを見て、自立式の木を必要としないハンモックの存在を知ることができました。これなら「木を傷つける」などの心配が要らなくて良いですね。

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top