Read Article

なぜ航空券なしでホノルル空港の国際線ロビーに入れたのか

なぜ航空券なしでホノルル空港の国際線ロビーに入れたのか

今回は、ハワイ旅行で初めてホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)を使う人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、「日本へ帰る国際線のチケットを持っていない人が、ホノルル空港の国際線ロビーに居られる状況があるよ」という、この空港でのマメ知識です。

帰りの空港では航空券の有無をチェックされる

ハワイから日本に帰る際、ホノルル空港の国際線ロビーに入る前には、パスポートと航空券をチェックされます。また、国際線ロビーに入った後でも、航空券をチェックされることがあります。

例えば、空港内の免税店で、搭乗口受け取りの商品を買った場合です。また、国際線ロビーにあるラウンジを利用するときには、チケット自体を確認されないにしても、その受付で「どちらの便をご利用ですか?」と確認されます。

ほか、自分が利用する便の搭乗ゲートによっては、そのゲートの待合室に入るのに、航空券の有無をチェックされることがあります。

これまで、私は、このように帰りのホノルル空港の国際線ロビーで、航空券をチェックされる理由がよくわかりませんでした。というのも、「国際線のロビーに入る際の保安検査で、そのチケットの有無をチェックしているはずだよね」と考えていたからです。

つまり、「国際線ロビーにいる一般の人=国際線のチケットを持っている人」のはずで、ならば、「そんなに度々チェックしなくても良いのではないか」と考えていたわけです。

航空券なしで国際線ロビーに入れるケースがある

なので、ホノルル空港の国際線ロビーにて、航空券の有無をチェックされる度に、疑問を感じていました。

その疑問も、免税店で買い物する場合に関しては、納得できていました。その航空会社の搭乗口に商品を届けるためには、搭乗券を確認するのが早いからです。一方、ラウンジの受付や、搭乗ゲートの待合室に入るのに、航空券をチェックされるのは、「その必要がないのでは?」と考えていました。

なので、例えば、「空港の職員などが、偽って旅行者のふりをして、国際線ロビーのサービスを使うことを防ぐために、その有無をチェックしているのか?」のように考えていました。

ところが、実際には、ホノルル空港において、普通の人でも航空券なしで国際線ロビーに入れるケースがあることがわかりました。具体的には、隣島やアメリカ本土から、ホノルル空港に到着した場合です。この時、そのまま乗り継いで日本に帰る人は、当然ですが、国際線のチケットを持っています。

一方、そのままオアフ島に滞在する人は、その航空券を持っていません。そして、そのような人であっても、ホノルル空港の国内線の到着口から、国際線のロビーに来れてしまうんですね。

国内線のロビーから、国際線のロビーに移動するにあたり、航空券の有無をチェックされることがないからです。つまり、普通の旅行客であっても、航空券を持っていない状況で、国際線のロビーに存在できるわけです。

マウイ島からの乗り換え時にそうなった

私の実体験としても、国際線の航空券なしで、ホノルル空港の国際線ロビーに入れたことがあります。例えば、マウイ島からホノルル空港に到着した時に、そうなりました。

その際、私は、オアフ島に残り、マウイ島まで一緒だった同行者は、日本に帰る予定となっていました。そして、私は、日本に帰る同乗者を国際線ロビーまで見送りたかったんですね。

そこで、試しに、国際線ロビーまで行ってみると、国際線のチケットを持っていなくても、普通に入れてしまったわけです。この経験から、「なるほど、航空券を持っていない普通の人が、国際線ロビーに来れてしまうんだな」とわかりました。

そして、このような人がいる可能性があるので、国際線ロビーでは、航空券をちゃんと持っている人かを確認する必要があることがわかりました。

国際線ロビーからは、簡単に出られる

そうしないと、不当にサービスを受けられてしまうからです。例えば、免税店の商品を航空券をチェックせず、手渡ししてしまうと、不当に安い商品を手に入れられることになります。

そして、ホノルル空港の国際線ロビーでは、外から入るには保安検査がありますが、そこから出るのは、チェックもなく簡単です。なので、そのような商品を簡単に持ち出せてしまうわけですね。

そのような不正を防ぐために、国際線ロビーにおいても、航空券の有無のチェックが必要なことがわかりました。

Return Top