Read Article

ハワイで初レンタカーの人にオススメのレンタカー会社

ハワイで初レンタカーの人にオススメのレンタカー会社

今回は、ハワイ旅行でオアフ島を訪れる人のうち、ハワイで初めてレンタカーを借りようと考えている人にお伝えしたいお役立ち情報です。

いざ、「ハワイでレンタカーを借りよう!」と考えた時、初めてだと、「どのレンタカー会社が良いんだろう?」と悩みますよね。ハワイには複数のレンタカー会社があるのに、その違いがよくわからないからです。

そこで、今回は、「ハワイで初レンタカーの人なら、このレンタカー会社がオススメ」ということをご紹介したいわけです。

ハワイでの初レンタカーで感じた戸惑い

私が、ハワイで初めてレンタカーを借りたのは、ニッポンレンタカーが提携しているNationalでした。

この会社を選んだ理由は、当時からニッポンレンタカーのハワイ店の日本語ホームページがあり、そこから予約ができたからでした。「日本語のサポートが厚そう」と考えたんですね。

さて、そのように予約した私のハワイでの初レンタカー体験ですが、戸惑いの連続となりました。例えば次のように戸惑うことになりました。

  • レンタカー会社の窓口に行くシャトルバスへの乗り場がわからない
  • Nationalの窓口にいると思い込んでいた日本人スタッフがいない
  • 緊張からカーナビを見る余裕がなく、H-1ではなく下道でワイキキまで行くことになる
  • 赤信号でも右折OKの交差点かどうかが判断できない
  • 宿泊先の立体駐車場が狭く、普段より大きい車を借りていため駐車が怖い

で、「シャトルバスへの乗り場がわからない」に関しては、ニッポンレンタカーに問題があるわけではなく、私の不注意に起因しています。

本当は、ホノルル空港到着後、すぐにあるニッポンレンタカーの窓口に行けば、日本語でスムーズに対応してもらえるはずでした。それが、よくわからずシャトルバスでNationalの営業所まで行ってしまったんですね。

ちなみに、今現在は、ホノルル空港のNationalの窓口は、徒歩で行けるCAR RENTAL CENTERにあります。その当時は、シャトルバスで移動した先にありました。

いずれにせよ、こんな感じで戸惑いの連続となったため、ワイキキの宿泊先の駐車場に着いた時には、精神的にへとへとになってしまったんですね。

私は、ハワイで初レンタカーをする前に、その当時からハワイ通だった友人に話を聞いてみたんですね。で、その際もらったアドバイスは、「ハワイの運転なんてラクショー、ラクショー」というものでした。

それを100%信じたわけではないのですが、「そんなに難しくないのだろう」と思ってしまったわけです。その結果、上述のような戸惑いの連続となりました。

ハワイ初レンタカーで感じる不安を悉く払拭してくれるレンタカー会社

さて。最近、ワイキキにある、レンタカー会社を知ったんですね。そして、実際に、そのレンタカー会社の事務所を訪れて、詳しい話を伺う機会を得ました。その結果、「あ〜、自分のハワイ初レンタカー時に、この会社で借りていればよかった」と思うことになりました。

具体的には、ホノルルオートレンタルという、レンタカー会社です。

なぜ、ハワイで初レンタカーの人に、このレンタカー会社をオススメしたいかというと。この会社が、ハワイ初レンタカーで感じる不安を悉く払拭してくれるレンタカー会社だからです。

この会社ですが、日本人社長が経営するレンタカー会社です。そのため、ハワイでレンタカーを借りる日本人の気持ちを良く理解し、行き届いたサービスが提供されているんですね。

これからその具体的なサービス内容をいくつかご紹介しますが、そのようなサービスは、他のアメリカ人相手の大手レンタカー会社では得られないものなのです。

ホノルル空港の個人出口へのお出迎え

例えば、ホノルルオートレンタルならではのサービスとして、ホノルル空港の個人出口へのお出迎えサービスがあります。

ホノルル空港ですが、入国審査→税関を抜けると、出口が、団体用と個人用の2つに分かれるんですね。で、団体の人は、通常、その先にツアー会社の現地スタッフが待機していて、ワイキキまで簡単に移動できます。なので、ワイキキに移動するまで、人任せで楽チンなわけです。

一方、空港からレンタカーを借りる人は、個人出口から出ることになります。そして、個人手配の人は、この出口を出た瞬間から、自分の頭で考えて行動し始めるスタートとなるわけです。

私は、ここでシャトルバスの乗り場がわからず、戸惑いましたし、シャトルバスに乗ってレンタカー会社の窓口に行ったら行ったで、いると思い込んでいた日本語対応スタッフがおらず、戸惑うことになりました。

そして、ホノルルオートレンタルの場合は、そのようなことにならないんですね。個人出口へのお出迎えサービスがあるからです。

日本人スタッフによる教習

また、ホノルルオートレンタルでは、日本人スタッフが助手席に座り、ハワイでの運転のコツ、注意点を教習してくれるサービスがあります。これはハワイで初運転の人には、本当に嬉しいものとなります。

私がハワイで初運転の時に感じたこととして。実際に運転する前に心配していた「右車線、左ハンドル」は、意外にすぐに慣れてしまったことがありました。というのも、ホノルル空港からワイキキ周辺は、車がたくさん走っているため、周りに合わせて走っていれば、特に間違うことがなかったんですね。

ワイパーとウィンカーを間違うことはしばしばでしたが、車線を逆走することはありませんでした。

ただ、不安を感じたのが、日本にはないハワイ独自の交通ルールを自分で判断する状況になった時でした。例えば、ハワイでは、赤信号でも右折ができる交差点があります。一方で、それができない交差点もあります。

初運転の時は、その判断に慣れておらず、「ここは行って良いのか・・・、駄目なのか・・・」と戸惑いを感じることになりました。

それ以外にも、オアフ島のH-1というフリーウェイの乗り方に戸惑うこともありました。例えば、「渋滞する時間帯のみ、この入口からH-1に入れない」という入口があるんですね。そのようなルールは、ハワイでの運転に慣れていないと、知ることができません。

他にも、「ダウンタウンでこの時間までは、路上駐車できる」のような特殊なルールもあります。

ホノルルオートレンタルでは、日本人スタッフが助手席に座り、そのようなポイントをわかりやすく教習してくれます。

ワイキキ地区の無料送迎

ホノルルオートレンタルならではのサービス、は本当にたくさんあるのですが、私が「特に嬉しいな」と思ったものを最後にご紹介しますと。ワイキキ地区の無料送迎サービスがあります。

ワイキキですが、徒歩で移動すると意外に広いんですね。なので、自分が宿泊する先から、レンタカー会社の営業所まで歩いてみると、結構な距離となる場合があります。

ホテルによっては、そのホテル内にレンタカー会社の営業所がある場合もあるのですが、ホノルル空港のように、レンタカー会社すべての営業所があるわけでないんですね。

なので、「自分が使っているクレジットカードで割引が効くから」のような理由で、どこか固定のレンタカー会社を利用する場合は、その営業所までの移動が意外と面倒になることがあります。

一方、ホノルルオートレンタルの場合は、ワイキキ地区の無料送迎があります。そのため、ワイキキ内のどこに宿泊したとしても問題ないんですね。これは、ワイキキを歩いて、その広さを実感して見ると、そのありがたさがわかります。

と、このようにホノルルオートレンタルは、ハワイでの初レンタカーの人が感じるであろう不安を悉く払拭してくれるサービスを提供しています。私は、このレンタカー会社を知り、「ハワイで初レンタカーする当時の自分に紹介したかった」と感じています。

ホノルルオートレンタルのホームページを見る

スポンサーリンク

Return Top