Read Article

夫婦でホノルルマラソンに参加している間子供を預ける方法

夫婦でホノルルマラソンに参加している間子供を預ける方法

「夫婦でホノルルマラソンに参加したいけどその間子供をどうしよう。どちらかがマラソンを諦めるしかないかな…。」

ホノルルマラソンに家族旅行で参加するときに、子供が小さいとこのように悩むことになりますよね。できれば、子供も一緒に家族でのハワイ旅行としたいのですが、夫婦でマラソンに参加したい場合は、小さい子供をほっとくわけにもいかず困ってしまうことになります。

でも、ホノルルマラソンの場合は大丈夫です。なぜならワイキキには、託児所やベビーシッターなどの託児サービスがあり子供を預けることが可能だからです。これらを活用して子供を預けている間に大人だけで行動できるわけです。

今回は、特にホノルルマラソンに参加する際の託児所として便利なポピンズ・ケイキ・ハワイをご紹介します。

ポピンズ・ケイキ・ハワイ

ポピンズ・ケイキ・ハワイは、0歳(3ヶ月)〜12歳までの子供を預かる託児サービスを提供しており、ハワイ州公認の託児所です。全スタッフが日英のバイリンガルなので、日本語でも英語でも対応が可能です。

場所は、シェラトン・ワイキキ・ホテルの4階435号室(スイートルーム)にあります。シェラトン・ワイキキ・ホテルにありますが、このホテルの宿泊客でなくても利用できます。

託児以外のサービス

またポピンズ・ケイキ・ハワイでは、託児するだけではなく、子供向けのアクティビティの「キッズプログラム」や滞在しているホテルにベビーシッターを派遣するサービスも行っています。

ベビーシッターは、ホテルだけではなく、挙式やウェディング・パーティーに同行してもらうこともできます。

予約は、電話もしくはインターネットで行え3ヶ月前からの予約が可能です。また、託児所に関しては空き次第となりますが、当日の申し込みで利用が可能です。

ホノルルマラソン向けの託児サービス

ポピンズ・ケイキ・ハワイの通常の営業時間は、2014年8月現在、9:00〜18:00、特別営業時間は7:00〜9:00、18:00〜22:00となっています。

「この営業時間だと、朝5時スタートのホノルルマラソンに間に合わないよ!」

と心配になりますが大丈夫です。ポピンズ・ケイキ・ハワイでは、ホノルルマラソン向けに特別のサービスを提供しています。

ホノルルマラソン託児

その特別サービスですが、「ホノルルマラソン託児」と言うものです。

この記事を書いている2014年の直近では、「ホノルルマラソン託児2013」と言うサービスが行われています。その「ホノルルマラソン託児2013」のメニューと料金は以下の通りでした。

ホノルルマラソン託児2013のメニューと料金

開催日: 2013年12月8日(日)
参加条件: 3ヶ月〜12歳の子供
午前3時〜午後3時まで: $315
午前3時〜午後4時まで: $330
午前3時〜午後5時まで: $335
午前3時〜午後6時まで: $340
※2人目以降の兄弟は20%割引
※2013年のプランと料金です

通常は午後3時までで十分

以上のメニューから、子供を預けられる時間が午前3時からとなっており、ホノルルマラソンにスタート時間より2時間前となっていることがわかります。

また後ろの時間は午後3時〜午後6時までと4段階になっています。ホノルルマラソンは午前5時から9時間後の午後2時で、フィニッシュエリアのサービスが終了します。つまりホノルルマラソンの主催者側の想定する最終の完走時間は、9時間程度と見ているわけです。

なので、ホノルルマラソン託児のプランとしては、一番上の午後3時までプランで、預けるために十分な時間と言えます。

子供からの応援

またホノルルマラソンの間、ポピンズ・ケイキ・ハワイのキッズルームに預けられた子供は、室内のパソコンからランナーが走っている姿を見ることができます。

子供の声は届きませんが、子供に頑張っている姿を見せることはできます。子供が見ていると思うことで、マラソンを完走する励みにもなります。

まとめ

以上、ホノルルマラソンに参加する際の託児所として便利なポピンズ・ケイキ・ハワイをご紹介しました。

ポピンズ・ケイキ・ハワイでは、ホノルルマラソンに向けて通常の営業時間とは別の特別なサービス「ホノルルマラソン託児」を行っていました。このサービスでは、午前3時から子供を預けることができるため、午前5時スタートとなるホノルルマラソンでも子供を預けることができました。

預けられた子供はキッズルームにあるパソコンで、走っているランナーを見られるので、ランナーとしても励みになりました。

最後に余談となりますが、ポピンズ・ケイキ・ハワイの託児サービスは、ホノルルマラソンに限らず、たとえばダイビングやセスナ機操縦体験のような年齢制限があるアクティビティに、大人だけで参加したい場合にも活用できます。

これまで「子供から目が離せないから…」と諦めていたことも、託児サービスを活用することで楽しむことができるようになります。

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top