Read Article

JALのハワイ便を初めて個人手配する前に知っておきたい機材の違い

JALのハワイ便を初めて個人手配する前に知っておきたい機材の違い

今回は、ハワイ旅行のために、これから初めてJALの航空券を個人手配をする人にお伝えしたいお役立ち情報です。

簡単には、「JALの選んだ便によって、その飛行機の機材に違いがあることを知っておいた方がいいですよ」ということをお伝えしたいわけです。

で、同じ日の同じ料金の便でも、その便の機材によって、機内での快適さが違うことがあるんですね。つまり、同じ名前の車両であれば、車両の設備に違いがない新幹線のような感覚で、飛行機の便を選んでしまうと、ちょっと後悔することになります。

料金が同じでも快適さが違う場合がある

では、早速始めましょう。この記事を書いている2016年4月現在、成田空港とホノルル空港を結ぶJAL便の機材には、767と777があります。

で、767の機材では、エコノミークラスに、SKY WIDERという席の間隔がちょっと広いシートが採用されているんですね。その広さの違いですが、これまでが約79cmだったのに対し、SKY WIDERでは約86cmと7cm広くなっているわけです。

一方、777の機材のエコノミークラスには、現在のところSKY WIDERが採用されていません。そのため従来通りの狭い間隔のシートを利用することになるわけです。

加えて、SKY WIDERの機材では、席に電源が確保されているんですね。これは、機内でスマホやタブレットで暇つぶしをしようと考えている人には、本当にありがたいサービスです。充電しながらバッテリーを気にせず、利用できるようになるからです。

そして。ここで重要なのが、JALの公式サイトで航空券を購入する場合、767の便、777の便のどちらを選んでも、その料金が変わらない場合があることです。常識的に考えると、間隔の広い767の料金の方が高くなりそうなものですが、そうとは限らないんですね。

なので、同じ料金のエコノミークラスを選ぶなら、SKY WIDERを採用した便を選んだ方が、より快適なわけです。

SKY WIDER採用の便は、往復で+2万〜3万の価値がある理由

また、SKY WIDERを採用した便ですが、ほかの航空会社と比較した場合、「往復で+2万〜3万の価値がある」と考えることができます。

というのも、一般的に、ちょっと広いエコノミークラスは、追加料金が必要になる航空会社が多いんですね。成田とホノルル空港を結ぶ航空会社では、現在は、デルタ航空、ユナイテッド航空、ハワイアン航空で、追加料金を支払うことで、ちょっと広めのエコノミークラスのシートを利用することができます。

で、その追加料金ですが、時期や航空会社にもよるのですが、大体片道+1万円〜1万5千円くらいです。なので、往復で利用すると+2万〜3万円必要になります。そして、JALのSKY WIDERを採用した便では、そのような追加料金は必要なく、そもそもエコノミークラスがちょっと広めになっているというわけです。

ただし。追加料金を払って乗る、他社の広めのエコノミークラスにもメリットはあります。それは、追加料金が必要な分、空いている場合があることです。なので運が良いと、「前後に人が座らない」という体験をすることもあります。

また、これも他社の機材によりますが、JALのSKY WIDERの7cmよりも、追加料金が必要なエコノミークラスのシートの方が、席の間隔がもうちょっと広めなんですね。このような違いがあることは、知っておいた方が良いですね。

羽田発の場合はプレミアムエコノミーが選択できる

ちなみに。今現在ですが、羽田発のJALの便では、プレミアムエコノミーのシートを選択することもできます。

プレミアムエコノミーというのは、上で紹介したSKY WIDERよりも快適なシートなんですね。具体的には、シートの間隔は、約97cmとなっていますし、シートはシェルシートが採用されています。これは、前の人が背もたれを倒しても、自分の方に倒れて来ないように工夫がされたもので、より快適に過ごせるんですね。

その代わり、プレミアムエコノミーを利用するには、追加料金が必要となります。その料金は、普通のエコノミークラスとビジネスクラスの間くらいの料金となっています。ちなみにマイルのアップグレードで利用することもできるので、JALのマイルを貯めている人は、それを有効活用するのも良いですね。

今回お伝えしたしてきたように、JALのハワイ便を選ぶ時。同じ成田発の便でも、その機材が違うことがあります。また、今現在、羽田発の便でのみ、プレミアムエコノミーが選択できる状況です。

そして、同じJALのハワイ便でも、その機材に違いがあることを、初めてそれを個人手配する人に知っておいて欲しかったわけです。

で、最後に。この記事で何度も「現在」と断りを入れているのは、このような航空会社のサービス内容は、結構な頻度で変更されるためです。なので、常に実際に自分が行く時の最新情報で判断するように気をつけてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す (要reCAPTCHAチェック)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top