Read Article

ハワイ旅行の航空会社に大韓航空を選ぶ理由

ハワイ旅行の航空会社に大韓航空を選ぶ理由

今回は、初めてのハワイ旅行に向けて航空会社を探している人にお伝えしたいお役立ち情報です。

成田空港や羽田空港などの日本の空港とホノルル空港の間の便は、複数の航空会社から選ぶことができます。そのため、特に航空会社にこだわりがないと、「どこが良いんだろう?」と悩むことになるんですね。

で、今回は。たくさんあるハワイまでの航空会社の中から、「大韓航空を選んでいる人は、こう言った理由から選んでいるよ」ということを、お伝えしたいんですね。その理由が、航空会社選びの参考になるからです。

ハワイ旅行の航空会社に大韓航空を選ぶ理由

では、早速始めましょう。ハワイ旅行の航空会社に大韓航空を選ぶ最大の理由ですが、やはり、機内サービスにおいて、「コチュジャンがお代わりし放題だから」という点にありますね。

このコチュジャンお代わりし放題のサービスは、他の航空会社にはない、大韓航空ならではのサービスなんですね。まさに韓国の航空会社らしい、尖った特徴と言えます。

なので、コチュジャン好きの人は、迷わず大韓航空を選ぶべきなんですね・・・というのは、冗談です。

冗談というのは、「大韓航空を選ぶ最大の理由が、コチュジャンのお代わりし放題のサービスにある」ということです。大韓航空の機内サービスに、コチュジャンのお代わりし放題があることは本当ですよ。

冗談はさておき、本題のハワイ旅行に大韓航空を選ぶ理由ですが、次の通りです。

  • 日系の航空会社よりも航空券代を抑えたい
  • けど、あまりに安すぎる航空会社はちょっと不安
  • その一方で、機内である程度日本語が通じる航空会社が良い

と、こんな感じですね。英語に不安があるので、機内で日本語が通じる日系の航空会社を使いたい。けど、日系の航空会社の航空券は、ちょっと予算オーバー。なので、日系の航空会社よりお得な価格なことが多く、最も安い航空会社よりは安心感がある、という理由で大韓航空を選ぶというわけですね。

また、大韓航空は、日系の航空会社についで、CAに機内で日本語が通じやすいという特徴もあります。もちろん、日本語が通じないCAもいるのですが、他の米国系の航空会社に比べると、圧倒的に通じやすいわけです。

つまり、日系の航空会社より、航空券がお得な場合が多く、かつ、ある程度日本語が通じやすい、というのが大韓航空を選ぶ理由となります。

大韓航空の魅力

ハワイ旅行の航空会社に大韓航空を選ぶ理由は、以上の通りなのですが、加えて他の航空会社と比較した場合の大韓航空の魅力があるんですね。それをご紹介します。

大韓航空の魅力として、まずご紹介したいのが、機内の備品として簡易スリッパが貰えることです。これは、JALでも同様のサービスがあるのですが、大韓航空でも、機内用の簡易スリッパが貰えます。

これがあると、機内で靴を脱いでリラックスして過ごせるのでありがたいんですね。また、このスリッパは、ハワイに到着してから、ホテルの室内履きとしても利用することができます。

ハワイのホテルですが、日本のホテルのように、室内履き用のスリッパがアメニティとしてあるとは限らないんですね。アメリカなので、土足の文化が基本だからです。

なので、ホテルの室内を裸足で歩くと、「足の裏が真っ黒」ということもあります。このような時に、機内でもらった簡易スリッパが役立つんですね。

また、機内食の選択肢が、ダイエット食などいくつか選択肢がある点も、大韓航空の魅力です。また、冒頭では冗談として紹介した、「コチュジャンのお代わりし放題」のサービスですが、これは大韓航空の機内食を食べる時に嬉しいサービスとなるんですね。

なぜかというと、機内食として、ビビンバが選べるからです。このビビンパですが、「美味しい」と評判の機内食なんですね。その美味しいビビンパの辛さを、コチュジャンでお好みに調整できるというわけです。これは、嬉しいですよね。

また機内のサービスをするCAが、女性である点も魅力と言えます。加えて、日本語ができるCAが多い点も、魅力と言えます。例えば米国系の航空会社を利用すると、ごっついオッチャンがCAなこともあるんですね。もちろん、日本語は通じません。

プライオリティーパスがあればラウンジが使える

以上が、他の航空会社と比べた大韓航空の魅力の基本的なところです。

加えて。これは一部の人に限られますが、成田空港の大韓航空のラウンジを、プライオリティーパスで利用できる点も、魅力と言えますね。

この記事を書いている現在、プライオリティーパスで利用できる航空会社運営のラウンジは、大韓航空が運営するKAL Business Class Loungeだけなんですね。

で、大韓航空のラウンジは、その名前が示す通り、本来はビジネスクラスの人向けのラウンジなんですね。それが、プライオリティーパスがあると、エコノミークラスの人でも、利用できるというわけです。

以前は、プライオリティーパスで、ユナイテッドクラブのラウンジも使えたのですが、現在は使えなくなったんですね。そのため、成田空港において、大韓航空のラウンジは貴重な存在となっています。

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top