Read Article

ハワイに個人手配で旅行をするときに考えること

ハワイに個人手配で旅行をするときに考えること

今回のテーマは、ハワイに個人手配での旅行をするときに考えることです。具体的には、個人手配でハワイ旅行をするにあたり、パッケージツアーと違う注意点を踏まえて比較します。

ハワイのオアフ島は、個人手配での海外旅行がほかの国と比較するととても簡単です。したがって、これまでツアーでの海外旅行経験がある人が、はじめての個人手配での旅行先とするのに適した場所と言えます。

一方で。ハワイ旅行が初めての海外旅行と言う人には、やはり旅行会社のパッケージツアーがおすすめです。なぜなら、パッケージツアーは、はじめてのハワイを旅行する人にとって便利な様々なサービスがあるからです。そのパッケージツアーのメリットについてはこちらで記事に詳しく説明しているので合わせてご覧ください。

必要書類の準備

さて。ハワイへの旅行は、アメリカへの海外旅行となるので、パスポートの準備とESTAの申請が必要です。これらの書類の準備は、個人旅行でもパッケージツアーでも必要なことには変わりません。

ですが。パッケージツアーの場合は、旅行代理店のスタッフが、それらの有効期限が問題ないかを事前に確認してくれる場合が多いです。一方、個人旅行では、有効期限の確認は当然自分自身で行う必要があります。

私の友人の失敗談として、成田空港に到着してからパスポートの有効期限が切れていることに気がつき、出国できず結局旅行をキャンセルするはめになった話があります。

個人手配での旅行では、このように何事も自分で細かくチェックする必要が出てきます。

航空券の予約

ハワイ旅行ですが、当然ですがホノルル国際空港まで飛行機で行くことになります。なので、そのエアライン(航空会社)を決め、航空券の予約をする必要があります。パッケージツアーでは航空券とホテルの手配はツアー会社に任せられますが、個人手配では、自身で手配をすることになります。特にハワイ旅行では、19時間の時差があるので、その時差に注意して予約する必要があります。

この時差があるので、ハワイ旅行の旅程は、泊数が1日長くなる点にご注意ください。たとえばハワイに4泊するのであれば、4泊6日(4泊5日ではなく)の旅程になります。そして、その旅程で航空券を予約する必要があります。詳しくは、『ハワイ旅行の基本!旅程が4泊5日ではなく4泊6日となる理由』の記事で解説していますのでご覧ください。

実際のところ航空券の予約自体は、各エアラインの公式ホームページから比較的簡単に行えます。ただしこの時に、航空会社によっては、航空会社が提携しているホテル + 送迎サービスもセットで予約できるので、どうすべきか悩ましい選択をすることになります。たとえば、日本航空(JAL)のホームページでは、航空券のみの予約ができますし、航空券+ホテル+送迎(ダイナミックパッケージ)のセットの予約ができるわけですね。

このように個人手配の場合は、航空券の予約時に、単独で予約するのが良いのか、セットが良いのか、そもそもどのエアラインが良いのか、などを考える必要がでてきます。ご参考として、ハワイ旅行のエアラインの選び方については、こちらの記事で解説にしているのでご覧ください。

ホテルの予約

航空券を決めたら、次はハワイに滞在中に宿泊するホテルを予約する必要があります。パッケージツアーの場合は、旅行会社の担当者に質問することができますが、個人手配の場合はホテルの情報をすべて自分で集める必要がでてきます。

そして、意外にこのホテルの評判などの情報が集めにくいのです。なぜなら、ガイドブックや旅行会社のパンフレットなどには詳しい情報が少ないからです。

ですので、個人手配では、インターネットがホテルの評判を知るための重要な手段となります。たとえば、トリップアドバイザーやYelpなどの本音の口コミを読めるサイトを活用し情報を集めます。その方法の一例を挙げると、Yelpでワイキキのホテルの情報を探す場合、「Yelp Best Waikiki Hotels」と言うキーワードで検索する方法があります。このキーワードで検索するとワイキキの人気のホテルの一覧が確認できます。

トリップアドバイザーやYelpで、現地ホテルの情報を集めると、中には日本のツアー旅行では選択できないような掘り出し物のホテルが出て来るかもしれません。

お気に入りのホテルが見つかったら、そのホテルの公式サイトから予約しても良いですし、トリップアドバイザーが提携している予約サービスで予約してもよいでしょう。

このように自分の好きなホテルを探す楽しみは、個人手配の旅行ならではと言えます。逆にこのホテルの情報を集めるのが面倒に感じる人にはデメリットとも言えますね。

海外旅行保険を検討する

続いて、個人手配の旅行では、海外旅行保険に加入するかを検討する必要があります。実際にはパッケージツアーでの旅行でも海外旅行保険の見当が必要なのですが、パッケージツアーでは担当者から保険に入ることを勧めてくれます。一方で、個人手配では、何も考えていないと保険に入らないままそのままハワイへ行くことになります。

私は、手持ちのクレジットカードに付帯保険として、海外旅行中の保険がついていますが、加えて海外旅行保険にも入るようにしています。その理由ですが、クレジットカードの付帯保険は、いざと言うときに補償額が不十分となる場合があるからです。

たとえば、アメリカで病気になって手術、入院した場合、最悪、数百万単位の医療費がかかります。その時、クレジットカードの医療費の最大保証額が100万円までだったらどうでしょうか。かなりの費用を自腹で支払うことになります。

海外旅行保険は、掛け捨ての保険でその金額もそれほど高くありません。すべて自己責任となる個人手配の旅行においては、海外旅行保険は加入したほうが安心です。

ちなみにですが、海外旅行保険として私は三井住海上の「旅行保険 ネットde保険@とらべる」を利用することが多いです。インターネットで簡単に手続きでき、リーズナブルな価格で、リピート割引があるからです。

現地での移動手段を検討する

最後に、個人手配の旅行では現地での移動手段を検討する必要があります。まずは、空港についてからホテルに行くまでをどうするか、次にホテルについてから現地での移動をどうするかです。

仮にワイキキのホテルに宿泊する場合は、移動手段に関してそれほど心配することはないでしょう。なぜならホノルル国際空港からワイキキまでは、シャトルバスやタクシーで簡単に移動できますし、ワイキキ近郊は、トロリー、The Bus、タクシーなどの交通機関が発達しているからです。ただし、パッケージツアーと比較した場合、ツアー客が専用で利用できるトロリーやシャトルバスの便利さと比較すると、個人手配で訪れた場合はその行動範囲が狭まる一面もあります。

なので、個人手配の旅行でより行動範囲を広げたい場合は、レンタカーを利用するのもおすすめです。ハワイのオアフ島は、一日で島一周できるくらいの広さなので、レンタカーがあれば行きたいところに行きたい時間に移動できます。

個人手配の旅行は旅作りを楽しめる人向き

以上、ハワイに個人手配で旅行をするときに考えることをご紹介しました。

ご紹介してきた通り、個人手配のハワイ旅行は、パッケージツアーと違い、情報を集め、予約するなど0から自分で旅作りをする必要がありなかなか手間がかかります。なので、その旅作り自体を楽しめる人は、個人手配の旅行に向いていると言えます。一方で、この旅作りを「面倒そう・・・」と感じる人は、パッケージツアーでお気軽に旅行するのもよいですね。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す (要reCAPTCHAチェック)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top