Read Article

日焼け止めより簡単なハワイのビーチでの日焼け対策

日焼け止めより簡単なハワイのビーチでの日焼け対策

今回は、ハワイ旅行中のビーチで、「日焼けをしたくない」と言う人へに伝えたい情報です。具合的には、日焼け止めを塗るより簡単なビーチでの日焼け対策をご紹介します。

ハワイでは日焼けのしすぎになりやすい

ビーチでの日焼けを防ぐ方法の1つとして、日焼け止めを塗る方法があります。ですが、この方法には、少々面倒なことが1つあります。

それは、海に入ったり、出たり入ったりする度に、日焼け止めを塗り直す必要があることです。つまり、海で遊ぶ場合は、日焼け止めはマメに塗り直すことになります。

また日焼け止めには、防水機能付きで、「水に強い」とされるものがあります。ですが、そのような日焼け止めでも、海で遊んでいるとその効果が弱まります。なので、結局は塗り直しが必要になります。

ハワイ旅行では、特に「海に入ったら塗り直す」と言う努力が必要になります。と言うのも、ハワイの日差しがとても強いからです。

一方、実際にハワイのビーチを訪れると、特に初ハワイの人は、その努力を怠りがちです。浮かれて遊んでしまうからです。結果、「日焼け止めを塗り直すのが面倒だ」と言う心理になります。

そして、気づいたら「日焼けをし過ぎている」ということは、ハワイ旅行では本当によくあります。

ビーチは水着で訪れる場所という先入観を捨てる

では、どうしたらハワイのビーチで楽に日焼けを防げるのかというと。

まずビーチは水着で訪れる場所という先入観を捨てると良いです。具体的には、海でなんらかのスポーツなどのアクティビティをすると考えて、それ用のビーチウェアを着るのがオススメです。

例えば、この記事のトップの写真の女性を見てください。この女性は、オアフ島のノースショアのビーチで、スタンドアップパドルサーフィンを、これからしようしています。

で、この女性の服装は、上半身はサーフハットをかぶり、長袖のラッシュガードを着ているのがわかりますよね。また、下半身は、写真では海に浸かっていてよく見えませんが、実際には女性向けのサーフパンツを着ていました。

このように、海でスポーツをする前提の服装をすると、肌を露出する部分を減らすことができます。その結果、日焼け止めを塗らずに日焼け対策ができます。

帽子+ラッシュガード+サーフパンツの便利さ

この例で挙げた、帽子+ラッシュガード+サーフパンツの組み合わせは、ハワイのビーチで遊ぶにあたり本当に便利です。

と言うのも、日焼け止めを塗らずにハワイのビーチで遊べるからです。また、仮に塗るとしても、その塗る範囲を本当に狭くすることができますよね。

なので、海に入ったり、出たりを繰り返すのも、気軽に行えます。日焼け止めと違い塗り直す手間がなくなるからです。

加えて。この格好の別の便利さとして、水陸両用に使えることがあります。

たとえば、ワイキキビーチに面したワイキキの繁華街では、サーフパンツでウロウロしている人はたくさんいます。なので、この格好のまま街中を歩いていても、違和感はありません。仮にラッシュガードを着て歩くのが恥ずかしい場合も、その上にTシャツ羽織ればよいだけです。

そのため、この格好では、ビーチで着替える手間がなくなります。ホテルからこの格好のままビーチを訪れて、ビーチで遊び、この格好のまま帰って来られるわけです。

またサーフパンツには、ポケットがあるものが多く、そのポケットが便利です。なぜかというと、ホテルのカードキーとクレジットカードをポケットに入れて、持ち歩きやすいからです。

すると、カード型の貴重品を楽に管理できますし、ビーチ帰りに何か買い物や食事をすることもでき便利なわけです。

ハワイでも買えるし、日本から持参するのもアリ

以上ご紹介した、帽子+ラッシュガード+サーフパンツの組み合わせは、ハワイ現地で買うことができます。デザインや色の種類の豊富さで言えば、ハワイで買う方が選択肢が多いです。

一方、日本で準備をしてそれを持参するのもアリです。と言うのも、ハワイ現地で買う場合、日本人の体型向きのサイズが少ない場合があるからです。特にサーフパンツなどは、Sサイズでもウェスト周りがぶかぶかになることもあります。

なので、ハワイで好みのものを探すのを楽しむもよし、日本で自分であったものを用意するもよし、と言う感じです。

今回ご紹介した、服装の工夫で日焼けを避ける方法は、日焼け止めを使う場合と比較し、手間が少なく便利です。ハワイのビーチで頻繁に遊びたい人には、ぜひオススメしたい方法です。

Return Top