Read Article

オアフ島でタイムシェアの営業ブースがある具体的な場所

オアフ島でタイムシェアの営業ブースがある具体的な場所

今回は、ハワイ旅行が初めての人に伝えたい情報です。

以前、ハワイ旅行中に必ず勧誘されるタイムシェア、そのメリットとデメリットの記事では、「ハワイ旅行では、至る所でタイムシェアの勧誘を受けることになる」とお伝えしています。

そこで、今回は、オアフ島において具体的にタイムシェアの営業ブースがある場所をご紹介します。

日本人旅行者に人気の買い物スポットには、基本どこにでもある

タイムシェアとは、簡単に言うと、リゾートホテルの会員権のようなものです。日本においてリゾートトラストが行なっている有料の会員サービスに近いイメージですね。

それをアメリカにおいては、有名なホテルチェーン自体が、そのような会員サービスを提供しています。

オアフ島においてタイムシェアの営業ブースを見つけるのは簡単です。と言うのも、日本人旅行者に人気の買い物スポットには、基本どこにでもあるからです。

例えば、次のような場所に、タイムシェアの営業ブースがあります。

  • ワイキキのTギャラリア ハワイby DFS
  • ワイキキ・ショッピング・プラザの1F
  • アラモアナセンター内に複数
  • ワイケレ・プレミアム・アウトレットの中心部

で、ここでは、一口に「タイムシェアの営業ブース」とまとめています。ですが、上記の営業ブースは、実際には、異なるホテルチェーンのものとなっています。つまり、タイムシェアという意味では同じですが、それを扱っている会社が異なります。

初ハワイの人は、上でご紹介したタイムシェアの営業ブースを、「そのショッピングセンターの案内係」と誤解しがちです。

その営業ブースに、カウンターがあり、その中に人が立っている雰囲気が、案内係に似ているからです。その営業ブースには、そのタイムシェアを扱うホテルチェーンのロゴや名前があります。ので、ちゃんと見れば、すぐにわかります。

積極的に勧誘される場合も、そうではない場合もある

上で挙げたタイムシェアの営業ブースがある買い物スポットにおいて、勧誘のされ方も様々です。積極的に勧誘される場合も、そうではない場合もあります。

例えば、日本語で「抽選券貰いましたか?」のように話しかけられることもあれば、「割引券貰いましたか?」のように、話しかけられることもあります。で、「えっ、何ですかそれ?」と聞くと、タイムシェアの営業ブースにご案内いただけます。

このように積極的に話しかけられる場所がある一方、そうではない場所もあります。例えば、ワイキキ・ショッピング・プラザやアラモアナセンターの営業ブースがそうで、基本、こちらから話しかけない限りは、勧誘されることがありません。

いずれにせよ、上でご紹介したタイムシェアの営業ブースでは、日本語が話せるスタッフがいるのが基本です。

ハワイにハマりそうな人は説明会に参加するのも選択肢

で。これらのタイムシェアの営業ブースでの勧誘、またその後に行われるタイムシェアの説明会は、興味がなければ断れます。ので、時間に余裕があるならば、割引やギフト目当てで説明会に参加するのも選択肢です。

特に、ハワイを実際に訪れてみて、「ハワイにはまって何度もリピートしそうだな」と考えている人は、今後の宿泊先の候補として、タイムシェアの実際の物件を見ておくことが役立ちます。

というのも毎年ハワイにリピートする場合は、タイムシェアを利用した方が、実際にお得に豪華な部屋に宿泊できるからです。うまく活用できる人には、本当にメリットがあるわけです。

また説明会で、実際の物件を見ておくと、「確かにホテルの普通の部屋に泊まるより広くて設備も快適だな」という事実がわかります。ので、ホテルに普通に泊まる場合との比較ができるようになります。

タイムシェアには、中古市場があることも、説明会で物件を見ておくべき理由となります。というのも、タイムシェアの部屋は、新規契約前の説明会でしか見学するチャンスがないからです。

中古市場を活用すると、新規に契約するよりお得に利用できます。一方、中古で買う場合、その物件を事前に見ることができないわけです。

つまり、一度、実際の物件を見ておくと、中古でタイムシェアを買う場合の参考にもなります。

Return Top