Read Article

Ono Seafoodに初めて行く人に役立つノウハウ

Ono Seafoodに初めて行く人に役立つノウハウ

今回は、オアフ島のカイムキにある、ポケ丼で人気の持ち帰り料理店、Ono Seafoodに初めて行く人が知っておく役立つノウハウをご紹介します。

私は、ワイキキ宿泊の場合は、Ono Seafoodのポケ丼をよく買うのですが、その際に何度か戸惑う経験をしました。その経験から学んだことをご紹介します。

ワイキキから徒歩で行こうとしない

まずお伝えしたいのが、Ono Seafoodまでのアクセスについてです。Ono Seafoodは、ワイキキの中心部となるロイヤルハワイアンセンターから、車で10分ちょっとの距離にあります。

GoogleマップでロイヤルハワイアンセンターからOno Seafoodまでのルートを見る

で、具体的な距離としては、約2.74kmあり、歩くと結構疲れる距離となります。そのため、ワイキキから徒歩で行こうとしないのがオススメです。

特に、宿泊先がワイキキの北西側となる場合は、Ono Seafoodまで徒歩で行くのは絶対に避けたほうが賢明です。片道45分くらいはかかり本当に疲れるからです。北西側の宿泊先として、例えば、Hilton Hawaiian VillageからOno Seafoodまでのルートを次のリンクから見られます。

Hilton Hawaiian VillageからOno Seafoodまでのルートを見る

私は、実際に、ワイキキの北西側に宿泊している際に、「歩ける?」と思って、徒歩でOno Seafoodに行ったことが一度あります。ですが、結果「やめればよかった」と後悔することになりました。

後悔した理由は、2つあります。まず、距離が長すぎて疲れたから、というの1つ目の理由です。またデイト・ストリート経由で行ったため、人気のない道を歩くことになり治安面で不安を感じたから、というのが2つ目の理由です。

なので、Ono Seafoodまでは何らかの交通機関、またはレンタカーで訪れることをオススメします。例えば、ワイキキからであれば、クヒオ通りからTheBusで、Ono Seafood近くまで移動できます。

ロイヤルハワイアンセンターからOno Seafoodまでのバスを使ったルートを見る

車で行く場合、駐車場所に戸惑うことがある

以上の理由から、私はOno Seafoodまでは、徒歩で行きません。では何で行くかというと、レンタカーで訪れます。ですが、レンタカーで行く場合、今度は、駐車場所に戸惑ったことがあります。

なぜ戸惑ったかというと。お昼時などの混みやすい時間に行った際に、Ono Seafoodの店の前の駐車場所が、満車で停められなかったからです。

Ono Seafoodの店の前の駐車場所の様子は、次のGoogleストリートビューで見ると分かります。

Googleストリートビューで、Ono Seafoodの店の前の駐車場所を見る

ご覧の通り、この駐車場は、結構狭いんですね。なので、混む時間に行くと、お店の前の駐車場所が全て車で埋まっていることがあります。なので、この「満車で店の前に車を駐められない可能性がある」という点に、まず注意が必要です。

銀行の駐車場所に駐めたくなる誘惑

加えて。上のGoogleストリートビューでもわかるのですが、Ono Seafoodの隣は、銀行になっています。その銀行の駐車場とOno Seafoodの駐車場所は、繋がっています。

なので、一見すると、銀行のための駐車スペースが、Ono Seafoodの駐車場所に見えます。そして、Ono Seafoodの駐車場所は、満車でも、銀行の駐車場は、空いていることがあります。なので、ついつい銀行の駐車場に駐めたくなってしまいます。

そして。この「銀行の駐車場に駐めたくなる」という誘惑は、Ono Seafoodの駐車場所の空き待ちをしている時に強く感じることになります。

なぜかというと、駐車場の空き待ちをしている際に、さらに、駐車場所に入ろうと後ろから来た車にクラクションを鳴らされることがあるからです。このようなプレッシャーを受けながら待つのが面倒になって、空いている銀行の駐車場を使いたくなってしまいます。

ちなみに。後ろからクラクションを鳴らしてきた車のその後の動きを見ていると、平然と銀行の駐車場に車を駐めて、Ono Seafoodに買いに行く人もいます。なので、なおさら銀行の駐車場に駐めたくなるんですね。

実際には、銀行に用がないのにそこに駐車するのは、ルール違反です。なので気をつけてください。混む時間に、車でOno Seafoodへ行くと、駐車場所に関してこのように戸惑うことがありますます。

店の前のベンチで食べられる

最後に。Ono Seafoodは、持ち帰りの専門店です。なので、店内でその料理を食べることはできません。一方で、ポケ丼のポケは、生の魚なので、なるべく早く食べた方が良いです。

で、レンタカーで訪れていた場合は、持ち帰ってホテルの部屋で食べるのも難しくないですね。移動時間が短いからです。

一方、TheBusで来ていた場合は、バスの待ち時間や徒歩での移動時間があるため、その間ポケ丼を持ち歩くことになります。で、生の魚を積極的に持ち歩きたくはないですよね。

なので、なるべく早く食べたいわけですが、その方法として、「お店の前のベンチで食べる」という方法があります。Ono Seafoodは、お店の入り口の前に、テーブル席が1つあり、そこで買った料理を食べることができます。

このテーブルは、1つしかないので、先客がいる場合は、待つか、相席させてもらうことになります。ですが、ここで食べると、買ってすぐに食べられるメリットがあります。

ほか、私が実際にOno Seafood前の駐車場で見かけた光景として。店の前に駐車したピックアップトラックの荷台でワイルドに食べているハワイの若者グループを見たことがあります。

荷台で食べるかは別として、「生物なのでなるべく早く食べたい」という目的では、このように「車内ですぐ食べる」という方法もあります。

Return Top