Read Article

ハワイ旅行でのTheBus向けの25セント硬貨の準備の仕方

ハワイ旅行でのTheBus向けの25セント硬貨の準備の仕方

今回は、ハワイ旅行中の交通手段として、オアフ島のTheBusを初めて利用する人にお伝えしたいお役立ち情報です。

TheBusですが、今現在、その乗車料金は、2.5ドルとなっています。「今現在」と断ったのは、このバスの料金が、今後、変更される可能性があるからです。というのも、この料金は、1ドル→2ドル→2.25ドルと値上がりして来た歴史があるんですね。

いずれにせよ、今現在は、2.5ドルなのですが、この2.5の0.5ドル分を払う際には、コインが必要になるんですね。具体的には25セント硬貨が2枚必要になります。というのも、TheBusは、お釣りが貰えないため、ぴったり2.5ドル払う必要があるからです。

そのための25セント硬貨を「どうやって準備するか」が、今回ご紹介したいことです。

どうしても日本で用意したい人は大黒屋

アメリカの25セント硬貨の準備方法ですが、大きく2つあります。1つは、日本で準備する方法と、もう1つは、ハワイ現地に着いてから両替する方法です。

で、先に日本で準備する方法からご紹介すると。金券ショップの大黒屋の一部の店舗で、日本円からアメリカの硬貨への両替が可能です。

私が実際にそれができるのを確認したのは、大黒屋の五反田店です。この店で、「アメリカのコインが欲しいんですけど」とカウンター越しに伝えたところ、「確認します」とちょっと待たされた後、「25セント硬貨と50セント硬貨のどちらが良いですか?」と回答を貰うことになりました。

ただ、この時の対応してくれたスタッフの様子を見ていると、あまり、そのような両替をする客がいないようで、最初は「えっ?」という感じの反応でした。

なので、タイミングによっては、「アメリカのコインの在庫がない」という場合もあるのかもしれません。それに備えて、事前に電話でコインの在庫を確認してから、お店を訪れた方が良いですね。

私が訪れた大黒屋五反田店では、50セント硬貨への両替もできましたが、25セント硬貨の方がオススメです。

というのも、50セント硬貨の場合は、ハワイのコインランドリーやコインパーキングで、この硬貨が使えない可能性が考えられるからです。実際、ハワイ滞在中にもらうお釣りでも、50セント硬貨を見かけることは、滅多にないんですね。

一方、25セント硬貨であれば、そのように使えない状況がないんですね。なので、多少コインの枚数が増えようとも一般的によく使われている25セント硬貨に両替するのがオススメです。

ちなみに、大黒屋でそのような両替ができる店舗については、次の公式サイトの一覧で簡単にわかります。

大黒屋の公式サイトで店頭両替できる店舗の一覧を見る

ハワイのホテルのフロントで両替できる

以上のように、金券ショップの大黒屋に行けば、日本でアメリカの25セント硬貨を準備することができます。ただ、お近くに大黒屋がない人もいますよね。

また、そもそもハワイ現地において、25セント硬貨への両替は、ホテルのフロントで簡単にできます。なので、よっぽど特別な事情がない限りは、ハワイ現地で準備する方法で十分です。

ご参考までに、その「よっぽど特別な事情」を考えてみると。例えば、ホノルル空港からTheBusでワイキキに移動したい場合がありますね。

ただ、スーツケースのような大きな荷物は、TheBusには、持ち込めないルールなんですね。TheBusに持ち込める荷物は、最大でも膝の上に乗せられる、または足元におけるサイズが上限となります。

なので、スーツケースを持ち込む普通の旅行者の場合、ホノルル空港からTheBusでワイキキに移動することは考えられないんですね。体一つで来て「必要なものは全てハワイ現地調達するぜ!」のような人でない限り、空港からの移動にTheBusは利用できないわけですね。

結局のところ、普通の旅行者の場合、空港からワイキキまでの移動にあたり、25セント硬貨の準備について心配する必要がありません。言い換えると、25セント硬貨は、ワイキキのホテルに着いてからフロントで両替で大丈夫、ということですね。

思い切って10ドル丸々両替するのが楽

実際に、ハワイのホテルのフロントで、25セント硬貨に両替する時ですが、思い切って10ドル丸々両替してしまうのがオススメです。

そのための英会話も本当に簡単で、ホテルのフロントのスタッフに10ドル札を見せながら、「Quarters, please!(クォーターズ、プリーズ)」と言うだけです。

ちなみに、Quarterは、25セント硬貨の愛称です。25セント → 100セントの1/4 → 1/4は英語でQuarter → その複数形でQuarters、です。つまり、「複数の25セント硬貨に両替してください」と言っているわけですね。

すると、「OK!」と、10ドル分となる40枚の25セント硬貨を紙で筒上に包んだのものを渡してくれます。次の写真の通りのものです。

IMG_52341週間程度のハワイ旅行であれば、40枚の25セント硬貨があれば十分に足りるはずです。また、足りなくなったらまた両替すれば良いだけの話です。

また逆に25セント硬貨が余った場合も心配ありません。余った場合は、ホテルのフロントで、25セント硬貨4枚を1ドル札に両替したり、20枚を5ドル札に両替したり、することができるからです。つまり、逆の両替も可能ということです。

その場合の英会話も本当に簡単です。25セント硬貨4枚を見せながら、「1 dollar, please.」や、20枚を見せながら「5 dollars, please.」という言うだけです。

また、最悪そのような逆の両替をし忘れてしまった場合でも、日本において大黒屋で25セント硬貨を両替してもらう方法があります。

というわけで、25セント硬貨に両替するなら、思い切って10ドル丸々両替するのがオススメですね。

関連コンテンツ・広告

スポンサーリンク

Return Top