Read Article

ハワイで使える3つのプリペイドSIMの使い分け方

ハワイで使える3つのプリペイドSIMの使い分け方

2016年4月8日追記ここから
Ready SIMですが、2016年4月8日現在、サービス名が「ZIP SIM」に変更されています。そのため、Ready SIMの公式サイトにアクセスすると、そのままZIP SIMに転送されます。

またZIP SIMですが、そのサービス内容は、Ready SIMから大きく変更がありません。なので、この記事の内容は、Ready SIMをZIP SIMと読み替えていただいて問題ありません。
2016年4月8日追記ここまで

今回は、ハワイ旅行に日本からSIMフリーのスマホを持ち込んで利用したい人へのお役立ち情報として。ハワイで使える3つのプリペイドSIMの使い分け方をご紹介します。

これまで、このサイトでは、ハワイで使えるプリペイドSIMとして、Ready SIM、AT&T GoPhone、H2O Wirelessの3つをご紹介しています。

それらについてご紹介した記事を踏まえつつ、その特徴をご紹介することで、「この3社の使い分け方をご紹介したい」と言うのが、この記事のネライです。

日本で手に入れやすく、到着後すぐに使えるReady SIM

それでは、早速始めましょう。まずは、Ready SIMからです。Ready SIMですが、日本にいる間にそのSIMを手に入れやすいのが、最大の特徴と言えます。そして、Ready SIMは、ハワイに到着後、それをハワイで使えるようにするためのアクティベーション作業も手軽に行えます。

そのため、「ハワイに到着後すぐにスマホでネットや電話を使いたい」と考えている人にオススメしたいのが、Ready SIMです。ご参考に、その特徴について、詳しくは次の記事でご紹介しています。

ハワイ旅行で「ネットがそこそこ使えりゃいいや」と言う人にオススメのプリペイドSIM

ちなみにこの記事で「そこそこ」とご紹介しているのは、Ready SIMの最安のプランでは、データの通信料の上限が「500MB」までだからです。

Ready SIMの日本での手に入れやすさですが、具体的には、Ready SIMの公式サイトで購入し日本に向けて発送することもできますし、Amazonで買うこともできます。

ただ、公式サイトで買った場合、日本に届くまでに時間がかかりますし、その価格もAmazonで買った場合と比較して、高くなることもあります。なぜなら公式サイトでは、日本までの送料が別途発生するからです。なので、実際に公式サイトで買った実体験を元に「日本のAmazonで買ったほうがいいよ」とご紹介しているのが、次の記事です。

ハワイ旅行に向けてこれからREADY SIMを買う人に伝えたいこと

その一方で、公式サイトにおいて、「free international shipping」として国際便でも送料無料となるサービスが実施されることもあります。その場合は、公式サイトで買ったほうがお得になります。ですが、手元に届くまでの速さを考えると、やはりAmazonで買うのがオススメですね。

ほかReady SIMの特徴としては、T-MobileのMVNOと言う点が挙げられます。で、私の実体験として、T-Mobileの電波ですが、ワイキキの特定のビルの部屋内で、電波の入りが良くないことを何度か経験しているんですね。

もちろん、これはその後の設備増強なので解消されている可能性は十分にあるのですが、実際に電波が入らないと困りますよね。

ワイキキから近いアラモアナセンターで契約できるAT&T GoPhone

なので。私はこれまで、ハワイも含めてアメリカでプリペイドSIMを使いたい時に、その電波の入りの良さを期待する場合には、AT&T GoPhoneを利用することが多かったです。

特にハワイ旅行では、ワイキキから近く簡単にアクセスできるアラモアナセンター内にAT&Tの直営店があり、そこでプリペイドSIMのGoPhoneを契約できます。その契約にあたり、お店のスタッフとは、英語でのコミュニケーションが必須とはなるのですが、面倒なアクティベーション作業はお店のスタッフがやってくれます。

またAT&TのGoPhoneですが、「高速データ通信をたくさん使いたい」と考えている人にもオススメしたいプリペイドSIMと言えます。その理由ですが、追加費用を払うことで、高速データ通信量の上限を拡張することができるプランがあるからです。それについて、詳しくご紹介しているのが次の記事です。

ハワイでデータ通信をたくさん使いたい人にオススメのプリペイドSIM

ほか、ご参考として。私は、アラモアナ・センターのAT&Tで、GoPhoneを契約後ちょっと困ったことがありました。それは、「自分が使った分の高速データ通信量がよく分からない」と言うことだったのですが、それについて詳しくご紹介しているのが次の記事です。

アラモアナ・センターのat&tでプリペイドSIMを契約した後に戸惑ったこと

日本でも手に入り、AT&TのMVNOであるH2O Wireless

最後に、H2O Wirelessの特徴についてご紹介しますと。この記事を書いている今現在、日本でも手に入れることができ、AT&TのMVNOであるのが、H2O Wirelessです。

なので、「Ready SIMの日本で手に入れやすさ」と、「AT&Tの安定した電波」のいいとこ取りをしているのが、H2O Wirelessと言えますね。ご参考に、H2O Wirelessの魅力について詳しくは、次の記事でご紹介しています。

ハワイで使えるプリペイドSIM、H2O Wirelessの魅力

で、この記事の中でもご紹介しているのですが、私は、次のサイトで日本にてH2O WirelessのプリペイドSIMを購入したことがあります。

米国ハワイのプリペイドSIM H2O Wireless

このサイトで買ってみて良かったと感じたことは3点あります。1つは、注文してから私の場合は1週間以内で現物が届いたこと。2つ目は、アクティベーション作業を済ませるところまでお願いできるので、その手間がいらず便利であったこと。

最後の3つ目は、日本国内にいるうちに、808始まりのハワイで使える自分の電話番号を把握できたことです。なので、ハワイにいる人に、事前に自分の電話番号を知らせたい場合には、上のサイトでH2O WirelessのプリペイドSIMを利用するのがオススメですね。

Ready SIMやGoPhoneの場合は、どうしてもハワイについてからその電話番号が決まることになります。なので、これはH2O Wirelessを上でご紹介したサイトで購入した場合ならではのメリットとなります。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す (要reCAPTCHAチェック)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top