Read Article

ホノルル空港からワイキキまで「ロバーツハワイ」で移動する魅力

ホノルル空港からワイキキまで「ロバーツハワイ」で移動する魅力

今回は、はじめてのハワイ旅行を個人手配で訪れる予定の人に伝えたいお役立ち情報です。

個人手配のハワイ旅行でワイキキ宿泊の場合、ホノルル空港からワイキキまでの移動手段は、自分で検討する必要があるんですね。ちなみに、パッケージツアーの場合は、ワイキキまでの送迎がそのパッケージに含まれていることが多いです。

で、ホノルル空港からワイキキまでの移動ですが、いくつか選択肢があります。例えば、タクシー、シャトルバス、送迎サービス、Uber、レンタカーなどなどです。そのため、初ハワイの人は、どの方法で移動しようか悩むことになるんですね。

そこで今回は、そのように悩んでいる人へのご参考として。シャトルバス業者の1つである、「ロバーツハワイ」には、「こんな魅力があるよ」というのが、お伝えしたいことです。

ワイキキまで「ロバーツハワイ」で移動する魅力

それでは、早速始めましょう。ワイキキまで「ロバーツハワイ」で移動する魅力ですが、到着したホノルル空港に、常駐のスタッフがおり待たずにシャトルバスに乗れる点にあります。

逆に言うと、ワイキキまで別の業者が提供するシャトルバスのサービスでは、待たされることがあるんですね。

その業者の具体的な名前は挙げませんが、中には、「空港に到着したら電話をしてください」というので電話をしてみると、そこからかなり待ってようやくシャトルバスに乗ることになる業者もあるわけです。

一方、ロバーツハワイのシャトルバスサービスでは、そのようなことがないんですね。空港ーワイキキ間のバスが定期的に運行されているからです。なので、自分が到着し、ロバーツハワイのカウンターにチェックインした時間から、直近で出発するシャトルバスに乗れば良いわけです。

そのため、仮に飛行機の遅延があったとしても、安心できます。また、ホノルル空港のロバーツハワイのカウンターですが、日本語対応スタッフがいます。なので、英語が苦手な人でも安心な点が、嬉しいんですね。

加えて。ロバーツハワイのシャトルバスは、他の客と相乗りすることにはなるのですが、「車両一台につき、ホテル降しは5件まで」と、経由するホテル数が限られている点が嬉しいんですね。

なぜかというと、経由するホテル数が多すぎると、その移動時間が結構長くなってしまうからです。ロバーツハワイの場合は、それが「5ホテルまで」と定められているため、時間が読みやすいんですね。

ただ、どの順番でホテルによるかは、その時の乗り合わせ次第となります。その時のホテルの回り方次第では、自分が後半に降りることになる場合もあります。

いずれにせよ、ロバーツハワイのシャトルバスでは、自分が宿泊するホテルの玄関前まで送ってもらえます。

個人手配でも団体出口を利用する点に注意

さて、実際にホノルル空港で、ロバーツハワイを利用する時ですが、注意点があります。それは、「個人手配の人でも、ホノルル空港の団体出口を利用する必要がある」という点です。

ホノルル空港ですが、パッケージツアーなどを利用する団体旅行客向けの出口と、個人手配の旅行客向けの出口の2つの出口があるんですね。で、通常であれば、個人手配の人は、当然、個人向けの出口を利用するわけです。

ですが、ロバーツハワイを利用する場合は、団体出口を利用する必要があります。なぜなら、ロバーツハワイのチェックインカウンターが、団体出口を出た先にあるからです。そのため、個人手配の旅行者も、ロバーツハワイを利用したい場合は、団体出口から出ることになります。

一方で。この記事を書いている現在、ロバーツハワイの公式日本語サイトのシャトルバスの案内には、次のようなことが書いてあるんですね。

国際線ご利用のお客様: 国際線は団体出口の ロバーツハワイカウンター、または個人出口を ご利用の方はターミナルをでた場所にて 迎え致します。

なので、これを読むと、「個人出口から出てもお迎えがあるんじゃないの?」と思ってしまいますよね。ですが、実際にロバーツハワイを予約してみるとわかるのですが、その予約完了メールには、「団体出口を出てチェックインカウンターに来てください」という案内しかないんですね。

また、予約時点で、出口を選ぶようなこともできないわけです。そのため、結局のところ、団体出口を利用することになります。

ただその一方で。実際には、その団体出口で案内される乗り場以外から、シャトルバスに乗り込んでくる乗客もいるんですね。ので、手配するときにリクエストをすると、利用する出口を選べるのかもしれません。

ワイキキからホノルル空港までの往復プランもある

ちなみに、この記事では、ホノルル空港からワイキキまでの移動、ということに注目して、ロバーツハワイのシャトルバスサービスをご紹介して来ました。

加えて、このシャトルバスサービスには、往復プランがあるんですね。つまり、日本に帰国する際に、ワイキキからホノルル空港に向かう交通手段としても利用できるわけです。

その往復プランの費用ですが、この記事を書いている現在、$30とリーズナブルな価格となっています。

そして。ハワイ旅行の航空会社にJALを選んでいた場合は、さらに割引があります。具体的には、JALOALOカードの特典で、$26で利用できるんですね。

なので、JAL便を個人手配して、ハワイに行く人は、よりお得にロバーツハワイのシャトルバスサービスを利用することができます。

Return Top