Read Article

ワイキキに初出張の人に役立つランチ代の節約術

ワイキキに初出張の人に役立つランチ代の節約術

今回は、ワイキキに仕事で初めて出張する人に伝えたいお役立ち情報です。で、そのような人の中でも、ちょっと長めの期間、具体的には2週間から1ヶ月間くらい、ワイキキに滞在する予定の人をイメージしています。

今回お伝えしたいのは、そのようにちょっと長めにワイキキに滞在する場合の、ランチ代の節約術です。というのも、ワイキキは物価が高いため、毎日のように外食していると、ランチ代がバカにならない負担になるからです。

東京でいうと、毎日銀座でランチしているような感じですね。

で、滞在する期間が1週間前後であれば、毎日外食する負担も、まだなんとかなります。ですが、これが、2週間、3週間、それ以上となってくると、「そうも言ってはいられない」わけです。

ハワイ在住者とカマアイナ割引のある店に行く

ワイキキに長めに滞在することになった時のランチ代の節約方法として、まず、挙げられるのが、ハワイ在住者とカマアイナ割引のある店に行くことです。

カマアイナ割引とは、ハワイの飲食店が、ハワイ州の在住者に向けて提供する割引です。物価の高いワイキキですが、ハワイに住んでいる在住者に向けては、特別の割引料金で料理を提供する店があります。

このカマアイナ割引ですが、本来であれば、お店のスタッフが、それを利用する客が本当にカマアイナかを確かめるために、その人がハワイ州のIDカードを持っているかをチェックするのが本当です。

ですが、私がハワイ在住者の方と訪れた飲食店では、そこまで厳しくチェックしていない店の方が多い印象でした。口頭で、「カマアイナです」と伝えると、割引が適用されていました。

ただ私が一緒にランチをしていたハワイ在住の男性は、かなり黒目に日焼けしていました。ので、いちいちチェックするまでもなく、見た目で判断ができ、その必要がなかっただけなのかもしれません。

いずれにせよ、私が訪れたワイキキの飲食店では、食事をしている中の誰か一人が、「カマアイナです」と申告すれば、全員がその対象になりました。結果として、カマアイナではない私も、その割引の恩恵を受けることができました。

カマアイナ作戦はそうそう何度も使えない

ただ、このハワイ在住者と一緒にランチに行く作戦も、早々何度もできるものではありません。というのも、ワイキキで働くハワイ在住の人たちは、基本的に、物価の高いワイキキの店で外食することが少ないからです。

そのことがよくわかる話として、ワイキキで働くハワイ在住者の方と、ワイキキのチーズケーキファクトリーでランチをした時の体験があります。

ご存知ない方のために補足をすると、チーズケーキファクトリーは、アメリカにチェーン展開しているファミレスで、ワイキキでは、観光客に人気の店です。

その時ですが、ハワイ在住者の方が、「この店に来るのは、10年ぶりくらいだな〜」という話をしていたわけです。その話を聞き、私から、「普段ワイキキでのランチは、外食しないんですか?」と聞くと、「滅多にしないね〜」という回答でした。

そして、普段は、弁当を持ち込んでいたり、もっと安いところで持ち帰り料理を買って食べていたり、するとのことでした。

というわけで、自分のランチのカマアイナ割引のために、ハワイ在住者の方にそうそう付き合って貰うわけにも、いかないんですね。

ワイキキショッピングプラザの3Fのスタッフ用休憩スペースを利用する

なので、ランチ代を節約するとすると、ワイキキで働くハワイ在住者がするように、弁当を作る、もっと安いところで持ち帰り料理を買ってそれをどこかで食べる、などの方法を取ることになります。

で、その場合、「持ち帰り料理をどこで食べるか」という話になるのですが、出張先の職場に、自分のデスクがあるならば、そこで食べるのも、1つの方法ですね。

ただ、それだと味気ない気分になることもあります。そんな時に利用したいのが、ワイキキの中心部にあるビル、ワイキキショッピングプラザの3Fの休憩スペースです。ここは、あまり混まずに落ち着いて利用でき、ちゃんとテーブルがある穴場となります。

この記事のトップの写真が、その休憩スペースの様子です。このスペースは、建物の中なので、空調も効いていて快適です。そして、ここで持ち帰り料理を食べるというわけですね。

ただ、この休憩スペースを利用できるのは、原則、このワイキキショッピングプラザで働くスタッフとなります。なので、このスペースを利用したければ、出張先の事務所が、ワイキキショッピングプラザ内にオフィスを構えている必要があります。

一方、「自分の出張先は、ワイキキショッピングプラザ内にオフィスがないよ」という人がどうしたら良いかというと。例えば、ワイキキビーチ沿いのベンチで、持ち帰り料理を食べる、という方法もあります。

いずれせよ、このように、ワイキキで働くハワイ在住者と同じように持ち帰り料理を食べるようにすると、毎日飲食店で外食するよりは、ランチ代を節約できますよ。

Return Top