Read Article

ホノルル空港に到着後すぐSIMフリースマホを使いたい人が知っておくべきこと

ホノルル空港に到着後すぐSIMフリースマホを使いたい人が知っておくべきこと

今回は、ハワイ旅行に、日本からSIMフリースマホを持参する人のうち、「ホノルル空港についたらすぐにスマホを使いたいです」と言う人へご注意点として。そうしたいときに知っておくべきことをご紹介します。

ホノルル空港ですぐに使いたい場合は日本から準備する

では、早速始めましょう。これまでこのサイトの『SIMフリースマホ』のカテゴリでは、ハワイに持ち込んだSIMフリースマホで使うための、ハワイのプリペイドSIMをご紹介しています。

で、ハワイで使えるプリペイドSIMの準備方法として、簡単にまとめると。

  • ホノルル空港に着いてすぐに使う場合は、Ready SIM(現ZIP SIM)H2O WirelessのSIMを日本で用意し持ち込む
  • そうではない場合は、ワイキキのショップか、アラモアナ・センターのat&tやRadio Shack、ほかウォルマート、などで、プリペイドSIMを契約または購入する

と言う感じですね。つまり、ホノルル空港に到着後、すぐに使いたい場合は日本からプリペイドSIMを準備する必要があります。

日本から用意する必要がある理由

では。なぜ日本からプリペイドSIMを用意する必要があるのかというと、ホノルル空港でプリペイドSIMを契約することも、購入することもできないからです。

ホノルル空港以外の海外の空港を訪れた経験がある方の中には、「わざわざ日本から準備しなくても、到着したホノルル空港でプリペイドSIMの契約ができないの?」と思う方もいるかもしれませんね。

たとえば、上海の上海浦東空港では、到着した空港で旅行者がプリペイドSIMを契約することができます。

ところが。ホノルル空港では、それができないんですね。これは、「ホノルル空港でもプリペイドSIMを売っているけど、空港価格でお得じゃないから買うべきではない」と言うことではなく、本当に売ってないんですね。

詳しくご紹介すると。まず、到着ロビーに着いてから、入国審査を抜け、手荷物受取をするまでの間に、プリペイドSIMを扱う売店や契約カウンターがありません。また、荷物を受け取った後、税関を抜け、出口を抜けた先にも、プリペイドSIMを扱っている場所がないんですね。

ただ、例外として。ホノルル空港の”出発”ロビーにある、Best Buyの自動販売機では、Sim TravelerのプリペイドSIMを扱っているのを見たことがあります。ですが、到着ロビーから出発ロビーに移動する人はまずいません(おそらく移動できません)。

また、私の見たときは、その自動販売機で売っているSim TravelerのSIMは、通話専用のものしか扱っていませんでした。スマホを持ち込んだのに、データ通信ができないと困りますよね。(2016年8月9日追記、この記事のコメント欄に、RKさんからホノルル空港で買えるSim Travelerについての使用感をご連絡いただきました。ぜひご覧ください。)

と言うわけで。ホノルル空港に着いて、すぐにSIMフリースマホを使いたい場合は、日本からハワイで使えるプリペイドSIMを用意する必要があるんですね。

ホノルル空港にはfreeのWi-Fiもない

ちなみにですが。日本から持ち込んだSIMフリースマホをホノルル空港ですぐに使いたい人は、おそらく、ネット上にハワイ旅行に必要な情報を保存するつもりで、到着後に「それを見たい」と言う理由が大きいのではないでしょうか。

そして、その目的であれば、ホノルル空港で提供している、Wi-Fiサービスを利用する方法があります。

・・・なのですが、空港が提供しているWi-Fiサービスは、この記事を書いている2015年現在、無料ではないんですね。またその利用料金も割高です。そのため、ホノルル空港の有料Wi-Fiは、「どうしても緊急にネットを使う必要がある」ようなケース以外には、あまりオススメできません。

結果として。ホノルル空港に到着後すぐに持ち込んだSIMフリースマホでネットを使いたい場合。やはり、日本からハワイで使えるプリペイドSIMを持ち込む方法が、オススメになるわけです。

それ以外の方法として。手間は増えますが、旅行中に必要となる情報を紙に印刷しておく方法もあります。この方法は、万が一スマホが壊れた場合の備えにもなる点で、良いですね。

ワイキキに移動してからは選択肢が広がる

最後に。ホノルル空港について、すぐにSIMフリースマホを使うことを諦めた場合。そうした場合は、ワイキキに移動してからの選択肢が広がります。

まず、ワイキキにあるHoku Wirelessと言うショップに行けば、ハワイで使える複数のプリペイドSIM業者から、選ぶことができます。その中には、上で「日本で準備できる」ご紹介したReady SIMやH2O Wirelessも含まれます。

また、ワイキキから近いアラモアナ・センターかカハラ・モールのat&tの直営ショップに行けば、Go Phoneと言うプリペイドプランを契約することができます。Ready SIMやH2O Wirelessは、アメリカの大手キャリアのMVNO業者のサービスです。一方、GoPhoneは、大手キャリアの1つであるat&tが、直々に運営するプリペイドサービスです。

私の実体験では、「MVNOだから繋がりにくい」と言う経験はありませんが、「大手のサービスのほうが安心」と言う方は、at&tのGoPhoneを契約する方法もありますね。

ちなみに、ワイキキには、無料のWi-Fiスポットもあります。無料のWi-Fiスポットは利用できる場所が限られますが、とりあえずネットを使いたい時には、それを利用するのも1つの方法です。

ほか、ワイキキにあるクレジットカード会社のラウンジや、旅行代理店のラウンジでも、無料のWi-Fiが提供されることが多いです。それも事前に確かめておくのがよいですね。

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 先日、ホノルル国際空港を使った時、SimTravelerを買いました.
    売値30ドル弱、Simカードが2枚入っていて、片方は通話、もう片方はデータ通信用とのこと、
    いずれかに10ドル分チャージできるようです
    通話は9セント/分(11分)、データは29セント/MB(34MB)とのこと.

    通話を受けつつ、最低限のデータ通信ができればいいやと思って現地購入したものの、
    Simカードが別という仕打ちが微妙に使えず、そのまま持って帰ってきました.

    数ヶ月前から準備していれば「ZIP Sim」など購入して備えて行ったのでしょうが、
    今回出張だったのでその辺後回しになってしまい、下調べができないまま現地入りしてしまいました.
    他にそういう方がおられたら、参考になればと思い、投稿します.

    • RKさん、

      コメントありがとうございます。ホノルル空港でSimTravelerのSIMを買われた貴重な経験を共有くださり、誠に感謝いたします。

      なるほど、通話とデータのSIMが分かれてものがあるんですね。そして、その使い勝手が微妙に良くない点も教えていただき大変参考になりました。

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top