Read Article

泳げない人向けのハワイでのシュノーケリングの楽しみ方

泳げない人向けのハワイでのシュノーケリングの楽しみ方

今回は、泳げない人向けのハワイでのシュノーケリングの楽しみ方をご紹介します。泳げない人は、足のつかない深さでするシュノーケリングに怖さを感じますよね。

現在では克服できてはいるのですが、私も、もともと海の足のつかない深さのところに行くのが怖かったんですね。私の場合は、プールでは泳げたのですが、海が怖かったんです。というのも子供の頃、海で溺れた経験があるからです。そのトラウマから、海の深いところが怖かったわけです。

なので、足のつかない海の深さを怖く感じる気持ちが、とてもよくわかります。で、そのような人は、ハワイで「シュノーケリングをしてみたい!」と考えている一方、足がつかないところが怖くて、悩むことになりますよね。

今回は、そのような人に向けて、「こう言った楽しみ方があるよ」というのをご紹介したいわけです。

ちなみに。私が海の足のつかない深さを克服できたのは、ハワイでサーフィンを始めたおかげです。ワイキキでサーフィンをする場合、海底が岩礁となっているため、深いところでするしかなかったんですね。

それで腹をくくって深い海の上で練習した結果、「あっ、もう怖くない」と克服することができました。

ワイキキ近くで陸上から魚鑑賞が楽しめる場所

では、本題の足のつかない深さが怖い人向けのハワイでのシュノーケリングの楽しみ方をご紹介します。

で、まずは、シュノーケリングではなく、ワイキキ近くで陸上から魚鑑賞が楽しめる場所をご紹介します。地上からであれば、海の深さも関係ないですよね。

その場所ですが、ワイキキからちょっと南東側に外れた、クイーンズビーチにあります。ワイキキの南東の端に当たるクヒオビーチパークのすぐ、南東側がクイーンズビーチです。

なので、ワイキキ中心部からであれば、徒歩でもいける場所です。ただ、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのようにワイキキの北西側から歩くとすると、かなりの距離となります。その場合は、トロリーで移動することをオススメします。

で、このクイーンズビーチには、桟橋のようになった防波堤があるんですね。その様子は、次のGoogleストリートビューから見ることができます。

Googleストリートビューでクイーンズビーチの桟橋のような防波堤を見る

このクイーズビーチの防波堤沿いに海の中を覗いて見ると、魚が泳いでいるのを見られることがあるんですね。つまり、この場所では、陸上から魚鑑賞を楽しむことができます。

なので、この場所からの魚鑑賞は、海の深いところが怖い人にオススメです。

干潮時のワイキキビーチの防波堤近く

次に。時間帯を選べば、ワイキキビーチでも足が届く深さの範囲で魚を見られるスポットがあります。具体的には、干潮時のワイキキビーチの防波堤近くです。

ワイキキビーチにおいて防波堤があるエリアは2か所あります。1つは、先ほど上でご紹介したクヒオビーチパークと、もう1つは、そのクヒオビーチパークから、ワイキキの中心側(北西側)のビーチです。

で、ワイキキの中心側の防波堤のあるビーチにおいて、干潮時に訪れるとその防波堤沿いまで、足が届く深さとなっているんですね。

その様子は、次のGoogleストリートビューで見ることができます。

Googleストリートビューで防波堤沿いの様子を見る

この様子をよく見てみるとわかるのですが、防波堤沿いでも大人の腰くらいの深さとなっていることがわかるはずです。で、ここで、防波堤沿いに潜ってみると、泳いでいる魚が見られるんですね。

ただ、この場所で実際に潜ってみるときの注意点として。ところどころ、いきなり深くなっているところがあります。具体的には、防波堤の切れ目のところです。

この切れ目では、外からの海水の流れによって、海底の砂が抉られ急に深くなっています。なので、魚に見とれて、深い場所に行かないように気をつけてください。

ちなみに、ハワイのビーチの干潮・満潮の時間ですが、Star Advertiserという地元新聞の天気予報の欄に書いてあります。ので、それを見るとわかります。ただ、深さの単位がフィートなので、気をつけてください。

この際、浮き輪を利用する

以上の方法で、ハワイでも、足が届く深さの範囲で、シュノーケリングを楽しむことができます。ただ、この方法は時間帯を選ぶというデメリットがあります。

なので、結局のところ、深いところでシュノーケリングができる方が、より魚鑑賞を満喫しやすい点は、間違いないです。

そのため、この際、浮き輪を持ち込み、それを利用するのも1つの方法です。私も、足がつかない深さを克服できていなかった頃に、ハナウマ湾でシュノーケリングをした時には、無理をせず浮き輪を利用しました。

無理に浮き輪なしでパニックになって溺れたくなかったからです。また、次のGoogleストリートビューから、ハナウマ湾の様子を見るとわかりますが、誰が、浮き輪を使っている、使っていないなど、気にならないんですね。

Googleストリートビューでハナウマ湾の様子を見る

なので浮き輪の利用について、恥ずかしさを感じることがありません。そのため、大人であっても、深いところが怖ければ、素直に浮き輪を利用すると良いです。

浮き輪があるとシュノーケルに水が逆流した時にパニックになり、しかも、足が届かなくてさらにパニックなる、といったことを避けられます。結果として、海の足がつかない深さが怖い人でも、安心してシュノーケリングを楽しめるようになります。

ちなみに、浮き輪には、シュノーケリング向けに特化したタイプがあります。なんといいますか、流線型で海中を覗ける透明の窓が付いたものがあるんですね。

ので、シュノーケリング目的であれば、このタイプの浮き輪がオススメです。

Return Top