Read Article

子供の体調が心配な人にはオアフ島が安心な理由

子供の体調が心配な人にはオアフ島が安心な理由

ハワイ旅行にあたり、子供の急な体調不良を想定していますか?

急な子供の体調不良、911に英語で電話ができるか?

万が一そうなった場合、そもそも病院がどこにあるかを調べる所から始まり、日本語で話せる医師がいるのか、どうやって診察の予約を取るのか、救急を受け付けるのか、海外旅行障害保険に対応しているのか、など考える必要がでてきます。

また大けがなどで本当に急を要し、アメリカの救急ダイヤル911番に電話をする必要になった場合。電話をつかって英語で状況を説明し、現在地の場所を説明する必要があります。

この電話は、英語が苦手な人にとって、かなりハードルが高いものとなりますよね。

子供と一緒のハワイ旅行はオアフ島が安心

子供の旅行中の急病や急なケガを考えると、ハワイ旅行の滞在先としてはやはりオアフ島が安心です。なぜかというと、オアフには、そもそもの病院の数が多く、日本語が通じる病院の数も多いからです。

例えば、ワイキキ周辺にある日本語OKの病院は以下の通りです。

ワイキキ周辺にある日本語OKの病院

  • ドクターオンコール・クリニック (DOCTORS ON CALL)
  • ワイキキ緊急医療クリニック (URGENT CARE CLINIC OF WAIKIKI)
  • 上野メディカル・クリニック (HAWAII UENO MEDICAL CLINIC)
  • 聖ルカ総合内科クリニック (St.Luke’s Clinic)

また、上述の病院のうち、特にドクターオンコール・クリニックは、旅行者が利用でき24時間対応、そして日本語対応の病院です。

ドクターオンコール・クリニックは、ストラウブ総合病院が提供しているサービスです。

利用するためには、日本語専用の受付ダイヤルに電話をするだけで簡単に行えます。また患者をホテルから病院まで、その帰りも無料での送迎を行っています。また海外旅行傷害保険に対応した病院でキャッシュレスで受診できます。

このようにオアフ島のワイキキでは、このように24時間体制で日本語OKの病院があります。かつ、その病院は、旅行者が利用しやすい体制が整っているので、子供に急があった時に安心できます。

隣島の病院事情

一方でハワイ島やマウイ島など隣島の病院事情はどうでしょうか。隣島にも、もちろん病院はあります。ですが、オアフ島の比較するとその数が限られています。

さらに隣島では日本語が通じる病院は、「基本ない」と考えた方がよいです。一部、ハワイ島では通訳サービスを利用して受診できる病院があります。ですが、原則としては、隣島では日本語が通じる病院がないわけです。

つまり隣島は、オアフ島と比較すると日本語が通じる病院の少なさと言う意味では安心できない場所となります。なので、子供の体調に何かあった時を考えると、やはりオアフ島に滞在するのが安心です。

Return Top