Read Article

子供の体調を第一に考えるならオアフ島に滞在するのが安心な理由

子供の体調を第一に考えるならオアフ島に滞在するのが安心な理由

「うちの子は旅先に限って熱がでちゃう…」

このように旅先に限って子供が急な発熱を起してしまうことは良くあることです。こんな時でも国内旅行の場合はまだ安心ですね。どこかに病院は必ずあるし、いざとなったら日本語で救急車を呼ぶことだってできるからです。

一方で、もしハワイ旅行中に子供が急な体調不良を起してしまったらどうでしょうか?そもそも病院がどこにあるかを調べる所から始まり、日本語で話せる医師がいるのか、どうやって診察の予約を取るのか、救急を受け付けるのか、海外旅行障害保険に対応しているのか、など考える必要がでてきます。

また大けがなどで本当に急を要し、アメリカの救急ダイヤル911番に電話をする必要になった場合。電話をつかって英語で状況を説明し、現在地の場所を説明する必要があります。これは余程英語に慣れていないと難しいです。

つまりハワイ旅行で子供が急病やケガをした場合、国内旅行とは全く違った状況となりますね。

子供と一緒のハワイ旅行はオアフ島が安心

さて、以上のように子供の旅行中の急病や急なケガを考えると、ハワイ旅行の滞在先としてはやはりオアフ島が安心です。

その理由ですが、以下の通りです。

そもそもの病院の数が多く、日本語が通じる病院の数も多い

オアフ島が安心である理由として、オアフ島は、ハワイ島やマウイ島などの隣島と比較してそもそもの病院の数が多いことがあげられます。

また特にワイキキには日本語が通じる病院が多く、それも理由の一つです。

ワイキキ周辺で日本語OKの病院

ご参考にまでワイキキ周辺にある日本語OKの病院は以下の通りです。

・ドクターオンコール・クリニック (DOCTORS ON CALL)
・ワイキキ緊急医療クリニック (URGENT CARE CLINIC OF WAIKIKI)
・上野メディカル・クリニック (HAWAII UENO MEDICAL CLINIC)
・聖ルカ総合内科クリニック (St.Luke’s Clinic)

旅行者OK、24時間対応のドクターオンコール・クリニック

上述の病院のうち、特にドクターオンコール・クリニックの存在が大きいです。このドクターオンコール・クリニックは、旅行者が利用でき24時間対応、そして日本語対応の病院です。

ドクターオンコール・クリニックは、ストラウブ総合病院が提供しているサービスです。利用するためには、日本語専用の受付ダイヤル(808-923-9966)に電話をするだけで簡単に行えます。また患者をホテルから病院まで、その帰りも無料での送迎を行っています。

また海外旅行傷害保険に対応した病院でキャッシュレスで受診できます。そのため受診時には念のために海外旅行傷害保険の契約書を持参したほうがよいでしょう。

しかし、オアフ島のワイキキでは、このように24時間体制で日本語OKの病院があるので、子供に急があった時にでも本当に安心ですね。

隣島の病院事情

その一方でハワイ島やマウイ島など隣島の病院事情はどうでしょうか。隣島でももちろん病院はありますが、オアフ島の比較するとその数が限られています。

さらに隣島では日本語が通じる病院はないと考えた方がよいです。一部、ハワイ島では通訳サービスを利用して受診できる病院がありますが、原則としては、隣島では日本語が通じる病院がないと考えていた方が現実的です。

なので隣島は、オアフ島と比較すると日本語が通じる病院の少なさと言う意味では安心できない場所となります。

海外旅行傷害保険には必ず入る

最後にハワイ旅行の滞在先がオアフ島でも隣島でも、急病で病院を利用する場合に備えて、海外旅行傷害保険には必ず入った方がよいです。

その理由ですが、ハワイの病院を受診した場合その医療費が高額となるからです。そのため海外旅行傷害保険の適用しないととても払えません。今回紹介したドクターオンコール・クリックでも海外旅行傷害保険の対応を表明している通り、海外旅行傷害保険を利用する前提で受診するのが常識なのです。

もし海外旅行傷害保険に未加入で病院に利用する場合、1泊の入院でさえ150万円〜のように高額な医療費を自腹で支払うこともあり得ます。これは避けたいですよね。

カード付帯だけでは不十分

またクレジットカードに付帯の保険があったとしても、別途、海外旅行傷害保険に加入した方が良いです。カード付帯の保険は、保証に条件がついていたり、その保証額も少ないためです。もし入院が長引けば、複数カードを組み合わせた合算の保証額だとしても、簡単に医療費がその保証額を上回ります。

さらにクレジットカードに付帯の保険は、いざ病院に行きたい時に窓口の電話対応が遅い場合があります。これは窓口の担当者がクレジットカード番号の確認を行うためなのですが、具合が悪いのに待たされるのは辛いですよね。これもカード付帯の保険のデメリットと言えます。

掛け捨ての海外旅行傷害保険はそれほど高くもないので、子供も安心のためにもぜひ入りましょう。

まとめ

以上、大切な子供のための安心で選ぶならオアフ島がオススメと言うことをお伝えしました。その理由は、オアフ島は日本語が通じる病院が多く、また24時間対応の救急医療サービスがあるからでした。またオアフ島以外の隣島では日本語対応の病院がないこともオアフ島を進める理由でした。

最後に、子供の安心のためにも海外旅行傷害保険には必ず入る、と言うことをお伝えしました。その理由は、ハワイの病院は、実費では医療費が高額となるため、海外旅行傷害保険を利用するのが前提となっているからでした。

しかし、オアフ島のワイキキほど日本語での医療サービスが充実している海外旅行先はないと思います。オアフ島は、子供の緊急時の医療サービスと言う意味では、一番安心できる場所と言えます。

スポンサーリンク

Return Top