Read Article

ハワイ旅行にデビッドカードを持って行くときの注意点

ハワイ旅行にデビッドカードを持って行くときの注意点

今回は、ハワイ旅行にクレジットカードではなく、「デビットカードを持って行きます!」という人へのお役立ち情報として。ハワイ旅行にデビッドカードを持って行くときの注意点をご紹介します。

銀行の口座にある以上のお金が使えない点で、安心なデビットカードですが、ハワイ旅行に持っていくときには、いくつか注意点があります。これからご紹介するそれらの注意点ですが、旅行中に何事もなければ、とくに問題となるものではありません。

ですが、何事かあった場合に。デビットカードは、クレジットカードと比較して、面倒になることを知っておいたほうが良いです。

旅行中紛失したときのリスクが大きい

それでは、早速始めましょう。デビットカードですが、ハワイ旅行に持っていく場合、「財布を失くした」などの理由で、カードを紛失したときのリスクが、とても大きいです。

その理由ですが、2つあります。1つは、デビットカードは、落としたカードを不正利用されたときに、お金が返金してもらうための手続きが面倒な上に、とても時間がかかることです。具体的には、その手続きに警察への被害届が必要になり、そこから保証されるかの審査があり、その審査結果で返金されるかが決まるため時間がかかります。

その審査ですが、たとえば、不正利用者がカードの暗証番号を知っていた場合は、保証の対象外となることもあります。一方、クレジットカードの場合は、カード会社に電話一本でおしまいなので、この違いは大きいです。

もう1つの理由は、デビットカードは紛失してから、カードが再発行されるまで時間がかかる点です。しかも通常失くしたカードは、日本の住所に簡易書留で送られるのが原則です。なので、ハワイ旅行中に失くした場合は、カードを旅行中に再発行することができないわけです。

一方、クレジットカードの場合は、カードのブランドによっては、ハワイにあるカード会社のデスクで、再発行してもらうことができます。ハワイ現地で新しいカードが再発行してもらえると安心ですよね。

以上を読んで「自分が財布を落とすことはないから大丈夫」と思う方もいるかもしれません。ですが、落とすときは落とすものです。私は、実体験として、ハワイ旅行中に財布を落とした経験があり、当時は、私も「財布を落とすわけがない」と慢心していました。

実際に落とした結果、ワイキキの交番で、英語で警察にポリスレポートを作ってもらう手間が発生しましたし、日本に戻ってから、カード会社から、「落としたカードをハワイで不正に利用しようとした形跡がある」との話も聞きました。

このように、ハワイで財布を紛失した場合、日本のように届けられることはまず間違いなくない上に、財布の中のカードを不正に利用されることさえ、あります。と言うわけで、ハワイにデビットカードを持って行くときは、失くさないように本当に気をつけて下さい。

デポジットの支払いの返金の遅さ

次に。ハワイ旅行では、ホテルによってはホテルにチェックイン時に、デポジットという預かり金が必要となるホテルがあります。

で、通常その支払いは、クレジットカードで支払うことが前提なんですね。なので、ホテルへのチェックイン時に、「クレジットカードを出してください」と言われることになります。ちなみに、これはパッケージツアーで、ホテルの宿泊料金を旅行代理店に先払いしていたとしても、ホテルによっては要求される場合があります。

そして。そのデポジットの支払いに、デビットカードを使う場合に、注意が必要なんですね。なぜかというと、まず、「そもそもそのデビットカードが使えるか」、と言う注意点があるからです。

たとえば。ハワイ旅行に持って行くデビットカードは、おそらくVisaデビットカードの人が多いのではないでしょうか。で、実際のところVisaであれば、ハワイのホテルで使えない方が珍しいのですが、可能性としては使えない場合もあります。また、Visaのクレジットカードは良くても、デビットカードはダメ、と言うことも考えられます。

もしそうなった場合は、デポジットを現金で払うことになります。となると、そのデビットカードで現金を引き出せるATMを探す必要がでてくるわけですね。これは、ホテルにチェックイン前の疲れた体調には堪えます。

加えて。Visaデビットカードで、ホテルのデポジットを支払えた場合でも、今度はそのデポジットが「返金されるまでに時間がかかる」と言う特徴がデビットカードにはあります。デビットカードの場合は、口座からすぐにお金が引き出されてしまうからです。

そのため、たとえ預かり金であっても、ハワイ旅行中は、そのデポジット分の金額が、自分の口座から引き出された状態になります。デポジットが返金されるのは、ホテルをチェックアウト後、宿泊料金を清算した後の話になるからです。つまり、デポジットが自分の口座に返金されるタイミングは、日本に帰ってからになるんですね。

デポジットの金額は、ホテルや宿泊日数によっては、かなり高額になります。となると、その分、ハワイ旅行中に使えるお金が減ってしまうというわけです。となると、銀行の口座に、それなりのお金を入れておく必要が出てきますね。そうすると、今度は、カードを落としたときのリスクが高まってしまう、と言うジレンマになります。

クレジットカードの場合は、このような不便さはありません。なので、このデポジットの支払いだけは、クレジットカードで行えるのが理想ですね。

カードのブランドが限定される

最後に。上で一度触れましたが、ハワイ旅行に持って行くデビットカードですが、おそらくVisaデビットカードですよね。で、Visaであれば、ホテルも含めてハワイのお店で利用できないことは、ほとんどありません。

ですが、本当にまれですが、「Visaが使えない」と言うケースは、考えられます。なので、ハワイ旅行中は、複数のブランドのクレジットカードがあることが、理想的なのですが、デビットカードの場合は、その選択肢が狭まるわけです。

また。ハワイ旅行では、とくにワイキキ周辺では、JCBのクレジットカードがあると、様々な特典が受けられ便利です。たとえば、日本語で様々な手配を相談できるラウンジを利用できたり、ワイキキトロリーのピンクラインに無料で乗れたり、などです。

なので、仮にハワイ旅行に、Visaデビットカード1本で行く場合はこのような特典を得られない点も、知っておいたほうが良いですね。理想を言うと、クレジットカードを使いたくない人でも、控えとしてクレジットカードがあったほうが安心なのは、間違いありません。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す (要reCAPTCHAチェック)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top