Read Article

ハワイ旅行中に必ず勧誘されるタイムシェア、そのメリットとデメリット

ハワイ旅行中に必ず勧誘されるタイムシェア、そのメリットとデメリット

はじめてハワイ旅行で必ずと言って良いほど勧誘されることになるのがタイムシェアの説明会です。

このタイムシェアですが、ざっくり言うとリゾートホテルの会員権のようなもので、「毎年ハワイに来るんだったら、タイムシェアを利用する方がリーズナブルですよ?」と言うのが売り文句のものです。事実うまく使いこなせる人・向いている人は、その通りのメリットがあり、お得にホテルの豪華な部屋を利用し海外旅行を楽しんでいる人がいます。

一方で。その説明会の担当者のプレゼンテーション技術があまりに上手なために、そのデメリットをよく考えずに契約してしまい、日本に帰って冷静に考えてみたら「場の雰囲気に飲まれて契約したけど、結局自分には合わなかったな」と思うことになる人がいるのも事実です。

特にはじめてのハワイ旅行では、それと知らずにこのタイムシェアの説明会に誘われる機会があるので、その点には注意が必要です。そこで今回は、ハワイ旅行中にどのような時にタイムシェアの説明会に誘われるのか、そしてそのタイムシェア自体のメリット、デメリットについてご紹介します。

ハワイ旅行中に至るところで勧誘されるタイムシェア

さて。ハワイ旅行中に、タイムシェアの説明会にどのような時に勧誘されるかなのですが、実は至るところで勧誘されます。最初に目にするのは、日本の空港を出発する時です。出国審査を受ける前の出発ロビーに、このタイムシェアの営業ブースが設けられています。この場合は、そのブースを見ただけで「なんらかの営業なんだな」とわかります。

で、ここからが本題なのですが、ハワイ現地に着いてからがタイムシェアに勧誘される機会の本番となります。

たとえば、ショッピングセンターの内にこのタイムシェアを営業する特設ブースが設置されています。で、ちゃんと見るとタイムシェアを営業するためのブースとわかるのですが、ハワイがはじめての人は、それと知らずそのショッピングセンターの案内係りだと思って道を尋ねたりしてしまうんですね。特にその営業ブースには日本語ができるスタッフが立っているので、「日本語で話せるショッピングセンターの案内係り」と安心して話しかけることになるわけです。

その営業ブースの人に、たとえば、「トイレはどこにありますか?」と質問すると丁寧にその場所を案内してもらえます。ただし、加えて「良かったらタイムシェアの説明会に来てくださいね、こんなギフトも貰えますよ」と言うご案内もいただけます。もちろんこれは、そのスタッフの仕事なので何も悪いことはありません。ただ、この背景を知らずに本当の案内係りだと思って問い合わせた旅行者は、「なんでこんな勧誘されるんだ??」と思うことにもなるわけです。

ほかショッピングセンターでは、「抽選会」のようなイベントでの勧誘があります。具体的には、抽選会のクジで当たった商品を受けとる条件が、タイムシェアの説明会に参加することだったりします。

次に、ホテルの日本人コンシェルジュによる勧誘もあります。ハワイのホテルの日本人コンシェルジュですが、そのスタッフがタイムシェアの営業スタッフを兼ねているホテルがあるのです。なので、自分が泊まっているホテルの日本人コンシェルジュと思って安心して問い合わせると、ついでにタイムシェアの営業を受けることがあります。これもタイムシェアの営業スタッフを兼ねていることによって、ホテル側も日本語ができるコンシェルジュを置けている一面があります。

なので、日本人観光客が減り日本人向けの特別サービスがどんどん減少している昨今のハワイでは、このような形でも日本人コンシェルジュがいることがありがたい、と考えることもできます。

最後に、オプショナルツアーでの勧誘もあります。これもタイムシェアの説明会に参加することが条件で、無料だったり格安で参加できるものがあるわけです。

以上、ご紹介したように、ハワイ旅行中にタイムシェアの勧誘を受ける機会は、至るところにあるんですね。

タイムシェアとは何か?

このようにハワイ旅行中に至るところで勧誘されることになるタイムシェアですが、メリット、デメリットがあります。まずはそのメリットから説明したいのですが、そのためにまずは、「そもそもタイムシェアとは何か?」からご説明します。

一口にタイムシェアと言ってもいくつか種類があるのですが、一番典型的なものをご紹介すると。リゾートマンションの1室を、1年間52週としてその権利を分割して共同所有しましょう、と言うのが基本です。つまり、ハワイのリゾートマンションの1室の1/52分を利用できる権利を買うイメージです。そして、その1週間分は、自分の部屋として使えるわけです。

その1週間の権利の買い方として一番典型的なのが、第何週のように1年のうちの特定の週を指定する権利です。ほかに、週を特定しない権利や、自分が泊まれる週が毎年1週間ずつずれる権利、ほか隅数年、奇数年など隔年で利用できる権利もあります。

特定の週を指定する権利では、たとえば日本のお盆の時期をビシッと指定するのは難しいです。具体的には、2015年ではお盆は第33週になりますが、2016年では第32週と第33週に分割されてしまうわけです。このような面があるので、1年のうち決まった日付しか休みが取れない人は、うまく権利を使いこなせない場合があります。

ただし。タイムシェアには、自分の週の権利を使いこなせない場合でも大丈夫な仕掛けが用意されている場合が多いです。具体的には、ポイント制度なのですが、自分の週に泊まる権利分のポイントを、そのホテルグループの別のホテルに宿泊する権利と交換したり、航空券などの特典と交換できたりできるわけです。

タイムシェアのメリット

以上がタイムシェアについての大まかなところです。そして、そのメリットなのですが、「リーズナブルな価格でホテルのグレードの良い部屋に泊まれる」という点です。

どう言うことかというと、1年の1/52の権利を買いその権利で部屋に泊まるほうが、ホテルの同グレードの部屋を7日間都度予約して泊まるよりも長い目で見るとお得ですよ、ということです。

例えばですが、1/52の権利の新規購入価格が600万円としましょう。で、タイムシェアを購入すると別途管理費がかかるのですが、それを1年間15万円としましょうか。またタイムシェアの部屋を手配するには手数料がかかるのですが、この手配に1回、6千円かかるとしましょう。

これで年1回、10年間ハワイ旅行を続けたとして、その宿泊費用の総額は、以下となります。

600万円 + (15万円 + 0.6万円) x 10年 = 756万円

つまり、1年あたり約76万円となるわけです。この76万円が、都度ハワイのホテルの同グレードの部屋を1週間予約した場合の宿泊費用と比較するとリーズナブルですよ、と言うのがタイムシェアの主張するメリットです。

実際にこのメリットを享受している人もおり、たとえば次のような人です。

・医師をしており仕事の都合で、年末年始しかまとまった休みが取れない
・ハワイが大好きで毎年確実に家族5〜6人でハワイ旅行をする
・ホテルの良いグレードの部屋に泊まりたい

このケースで、年末年始に良いホテルの豪華なスイートの部屋を都度抑えた場合の宿泊費用と比べると、タイムシェアの総額の費用を1年間分に按分した費用のほうがお得になるというわけですね。

タイムシェアのデメリット

以上が、タイムシェアのメリットなのですが、そのメリットを享受するためには「決まった時期にしか行けない」や「長い目で見ると」や「毎年ハワイに来る」などの条件があることがわかりますね。逆に言うと、このような条件から外れてしまうと、メリットを享受できない可能性があり、それがタイムシェアのデメリットと言えます。

たとえばですが、タイムシェアの契約時点では夫婦仲も良い家庭円満の家族。しかし何かの理由で夫婦が離婚してしまった場合はどうでしょうか。その後は、毎年ハワイに行かなくなるのが自然ですよね。こうなるとせっかくのタイムシェアの権利を使いこなせないことになります。

また、タイムシェアの説明会では、「タイムシェアの権利は不動産なので資産になる」のような説明をされることがあります。ですが、毎年管理費がかかり、その管理費も固定ではなく上昇するリスクがある(実際に上昇します)点は、考慮したほうが良いです。

さらに、この権利が必要なくなりを売ろうと考えた場合。英語が苦手な日本人にとっては、その権利を売るのが難しいという側面があります。なので、仮に600万円で買った権利でも、手放す時は極端には1/10の価格でないと売れなかったりします。

以上のようにタイムシェアには資産としての価値は少ないので、「タイムシェアの物件に投資して儲けよう」のような目的で買うものでない点は、事前に理解しておいたほうがよいです。不動産と言うよりはリゾートクラブの会員権、と言う側面が実態に近いでしょう。

タイムシェアには中古市場がある

ちなみに、このタイムシェアですが、アメリカには、タイムシェアの権利の中古市場があります。英語となりますが、たとえば、次のようなサイトを見ると、中古のタイムシェアの権利がいくらでやり取りされているかがわかります。

Timeshare-resalse-rental.com
http://www.timeshare-resale-rental.com/searchsell.php
※ワイキキの物件は、By Location → Choose A CityでHonluluを選択 → Search By City で検索できます

このような中古市場をうまく活用できれば、1/10よりは良い価格で売れる可能性はあります。ただ車の中古車市場と同じで、良い条件でも需要が少なければ買い叩かれるでしょうし、逆に悪い条件でも需要が多ければ、高く売れる可能性もあるわけです。いずれにせよ、タイムシェアをうまく手放すのには、自分の努力が必要になります。

また、もしタイムシェアを買おう考えている場合は、このようなサイトで自分が売る場合の売値も見ておくと参考になりますね。

よくわからず契約した場合はクーリングオフ

最後に、タイムシェアの説明会に参加し、場の雰囲気に飲まれてメリット・デメリットをよくわからず契約してしまった場合ですが、クーリングオフをすることができます。独立行政法人 国民生活センターの次の記事に、ずばりそのままハワイのタイムシェアのクーリング・オフについて事例が紹介されています。

独立行政法人 国民生活センター: ハワイ旅行中にリゾートホテルのタイムシェアを契約したが、クーリング・オフしたい
http://www.kokusen.go.jp/jirei/data/201309_1.html

上の記事を読むと分かりますが、ハワイ州のクーリング・オフ期間は7日間あるので、その間であれば、タイムシェアの契約を解約することができます。

タイムシェアの説明会に行く場合はメリット・デメリットをよく知ってから行く

以上、ハワイ旅行中に必ず誘われることになるタイムシェアについて、どのような時に勧誘されるのか、そしてそのタイムシェアのメリットとデメリットについてご紹介しました。

ご紹介したように、ハワイ旅行中、特にワイキキ周辺では様々なスタッフが、実はタイムシェアの営業を兼ねていることがあります。ハワイ旅行がはじめての場合、そういった事情を知らず、ついついその説明会に誘われるがまま行ってしまい、そしてその説明会のスタッフのあまりの説明の上手さについ契約してしまうことがあります。

もちろん、タイムシェアはうまく使いこなせる人には、かなりのメリットあるのも事実です。一方で、使いこなせない場合のデメリットがあり、そして権利を上手に手放すのが難しいデメリットがあるのも事実です。もしタイムシェアの説明会に参加するときは、このような背景を知った上で参加すべきですね。

スポンサーリンク

Return Top