Read Article

ハワイ旅行にはバスタオルとビーチマットの準備がいらない理由

ハワイ旅行にはバスタオルとビーチマットの準備がいらない理由

はじめてのハワイ旅行の荷造りで、「海に行くから」と海水浴に必要なもの全てを準備しようとしていませんか?

ハワイ旅行の荷造りでは日本から持ち込むものは極力少なくするのがオススメです。なぜならビーチで必要なものはほとんど現地で買えてしまうからです。

そして、その中でも特に日本から持ち込む必要がないものが、バスタオルとビーチマット・レジャーシートです。

ハワイではビーチ用タオルを貸し出すホテルが多い

まずバスタオルを持ち込む必要がない理由ですが、ハワイのホテルでは宿泊客に対しビーチ用タオルを貸し出してくれるからです。タオルを貸し出す場所はホテルによって異なりますが、ホテル内にビーチ用タオルを貸し出す専用カウンターがあることが多く、自分の室内用タオルとは別にビーチ用タオルを借りることができます。室内用のタオルの柄が真っ白であれば、ビーチ用タオルの色は違う色になっていることが多いです。

ビーチ用タオルの借り方もホテルによって異なります。カウンターで部屋番号を伝えるだけで済むホテルもあれば、タオルカードが必要になるホテル、ホテルの宿泊客であることを示すリストバンドが必要なホテルなど様々です。タオルカードやリストバンドで貸し出したタオルを厳密に管理をしているホテルでは、特にタオルを紛失しないように注意が必要となります。またタオルカードをなくすと罰金いくら、と言うホテルが多いのでタオルだけではなくタオルカードの扱いにも注意が必要です。

このようなビーチ用タオルの貸し出しサービスですが、グレードの低いホテルではこのサービスがない可能性はあります。ですが、私が実際に泊まったことがあるグレードの低いホテルでもビーチ用タオルの貸し出しはありました。なので、ホテルであれば、ビーチ用タオルの貸し出しサービスはある場合がほとんどでしょう。一方で、コンドミニアムに宿泊する場合ですが、こちらもコンドミニアムによってはビーチ用タオルの無料の貸し出しサービスがある場合があります。

またホテルやコンドミニアムどちらに泊まるにせよ、宿泊施設にビーチ用タオルの貸し出しサービスがない場合でも大丈夫です。ビーチ用のタオルはハワイ現地で簡単に買うことができるからです。その証拠に、次のリンクを見てください。これは、オアフ島のワイキキにたくさんあるABC Storesと言うコンビニのようなショップで扱っているビーチタオルの一覧です。

ABC Stores – Search results for: towel

気に入る柄があるかはともかく、価格は$13〜$20と、日本と比べてもそれほど変らない価格でビーチタオルを買えることがわかります。

またABC Storesが少ないワイキキ以外の場所でも心配ありません。その理由ですが、ワイキキ以外で一般的に観光客が宿泊するのはリゾートホテルとなるからです。リゾートホテルで、ビーチ用タオルの貸し出しサービスがないことはまずありません。

以上から、ハワイ旅行にはバスタオルを日本から持ち込む必要がありません。

ビーチマット・レジャーシートを持ち込む必要がない理由

次に、ビーチマット・レジャーシートを持ち込む必要がない理由ですが、その理由は2つあります。1つ目の理由は、上述したようにホテルでビーチ用タオルを貸し出してくれるので、それをビーチマット代わりに砂の上に敷いて利用することができます。またホテルによっては、自分の希望する枚数のビーチ用タオルを借りられるホテルもあります。この場合は砂の上に敷くマット用に1枚、体を拭く用に1枚借りることで、より快適にタオルを利用することができますね。

2つ目の理由ですが、ハワイ、特にオアフ島のワイキキでは、畳のような素材でできたゴザがそこら中で売っています。このゴザは上述でも紹介したABC Storesで安く手に入ります。売っているゴザは2種類あり筒状に丸めただけの簡易なものと、折りたたんで持ち運びしやすいように工夫されたものがあります。値段は折りたためるもののほうが若干高いですが、いずれにせよ$2〜$3で手に入ります。ちなみにこの記事のトップの写真は折りたためる方のゴザです。

なので、ホテルで借りられるタオルの枚数が限られる場合やバスタオルをマット代わりに使いたくない人でも、ゴザが安く簡単に手に入るので大丈夫です。

ゴザは広げると大体1畳くらいの広さです。なので大人一人が横になって寝て使うことを考えると、大人一人にゴザ1枚が必要になります。またゴザは軽いため風が強いとゴザ自体が舞い上がりやすいです。なので、四隅に重しになるものを準備しておくと便利です。手軽に重石を準備する方法としてスーパーのビニール袋に海水を入れてそれを重しにする方法があります。これですと、準備するものも軽いビニール袋で済むので簡単です。

ゴザは現地で安く手に入るので、この際割り切って現地で買って現地で捨てて帰ってくるのも一つの方法です。もしそれが勿体無いと思う人であれば、折りたためる方のゴザを買って、ちょっとした自分のお土産として持ち帰るのも良いでしょう。実際、私は折りたためる方のゴザを持ち帰ってきて日本でも愛用しています。

空いたスペースにお土産を

以上のご紹介してきた通りの理由から、ハワイ旅行の荷造りでは、バスタオルとビーチマット・レジャーシートの準備は必要ありません。

実際のところ、バスタオルやレジャーシートは、スーツケースに入れようとすると意外とかさ張りますよね。なので、これらは日本から持ち込まずその分のスペースを残しておくことがオススメです。そして残したスペースは帰りにお土産を入れる場所として帰りに活躍してくれます。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す (要reCAPTCHAチェック)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top