Read Article

オアフ島観光での交通手段の使い分け方

オアフ島観光での交通手段の使い分け方

今回は、ハワイ旅行が初めての人に伝えたい情報です。

オアフ島観光に使える交通手段はいくつかある

一般的に初ハワイではオアフ島のワイキキに宿泊することになります。そして、そのオアフ島を観光するときに使える交通手段は、いくつかあります。

例えば同じダイヤモンドヘッドに行くにしても、トロリー、TheBus、タクシー、送迎のみのオプショナルツアーなど、その交通手段が複数あるわけです。

それを、その違いがよく分からない初ハワイの人に向けて、「こう使い分けるといいよ」と言うのが、今回お伝えしたいことです。

無料特典で利用出来る交通手段で行けるか

日本人旅行者が、オアフ島観光での交通手段を考えるとき、まず考慮すべきなのは、「無料で利用出来る交通手段で行けるか」と言うことです。

例えば、大手旅行会社のパッケージツアーでオアフ島を訪れた場合は、そのツアー客向けの便利な交通手段が提供されます。具体的には、JTBのツアーではオリオリウォーカー・トロリー、Jalパックのツアーではレインボートロリー、H.I.S.のツアーではレアレアトロリーなどがあります。

以上はワイキキ周辺を観光するのに便利なトロリーなのですが、それ以外にもカイルアやノースショアへ行けるシャトルバスを提供する旅行会社もあります。

このような旅行会社の提供する交通手段の利用をまず考慮すべき理由は、2つあります。1つは、無料で利用できお得だからです。もう1つの理由は、お金を払えば誰でも乗れるワイキキトロリーと比べて空いていることが多いからです。

もっとも、H.I.S.のレアレアトロリーに関しては、実はお金を払えばそのツアー客以外も乗れるものです。なので、その点で混雑しやすさはあるものの、日本人客以外も利用するワイキキトロリーとの比較では、混雑しにくいと言えます。

またパッケージツアーではなく、個人手配で訪れる場合でも、探すと無料特典で利用出来る交通手段が意外にあります。例えば、JALの航空券を個人手配で買った人向けには、JALOALOカードと言う特典カードが付与されます。そのカードを使うと、Jalパックのレインボトロリーを無料で利用出来るようになります。

ほかにも、JTBのクレジットカードを利用している人は、ワイキキトロリーを無料で利用出来る特典があります。

個人手配でも、これらのような無料特典の交通手段がないかを調べ、あったらその利用を検討するのがオススメです。

トロリーとTheBusの違いを知る

次に。オアフ島の交通手段を検討するにあたり、トロリーとTheBusの違いを知っておくべきです。簡単にはトロリーは、ワイキキ周辺を走る観光客向けのオープンエアの車両のバスです。一方、TheBusは、オアフ島全体を走るローカル向けの路線バスとなります。

冒頭で挙げたダイヤモンドヘッドのように、同じ目的地に対して、トロリーでもTheBusでも行ける場合があります。他には、ハナウマ湾なども、トロリーでもTheBusでも行ける有名な観光スポットです。

なので。どちらでも行けちゃう場合は、「どちらで行こうかな」と迷うことになります。

これらを使い分けるために知っておくと良いのが、同じ目的地でもトロリーの方が、便利な場所にバス停があることです。ダイヤモンドヘッドで言えば、トロリーの場合、ダイヤモンドヘッドのゲートの直前まで行けるのに対し、TheBusのバス停からは10分以上、上り坂を歩くことになります。

同じような感じで、ハナウマ湾も便利な駐車場までアクセスできるのはトロリーで、TheBusだとその最寄りのバス停から結構歩くことになります。

なので、小さい子供やシニア世代と一緒など、あまり体力がない人と利用するなら、トロリーでアクセスした方が体力的に楽なのは間違いありません。一方で、トロリーとTheBusの比較で、トロリーのデメリットは、その料金です。

ダイヤモンドヘッドやハナウマ湾を訪れるコースのワイキキトロリーは、その料金がTheBusと比べてかなり高額になります。なので、上で述べたパッケーツアー客専用のトロリーで、ダイヤモンドヘッドやハナウマ湾まで行けると、無料で便利な場所までアクセスでき嬉しくなるわけです。

目的地までの距離と人数次第ではタクシーも使う

次に。目的地までの距離と人数次第ではタクシーの利用を検討するのも良いです。というのも、ワイキキ周辺のスポットであれば、タクシーを利用しても$15もかからず行けちゃう場所があるからです。仮に4人で利用することを考えると、その費用はTheBusと比較しても大きく変わらないことになりますね。

そのような費用感で行けるスポットとしては、ダイヤモンドヘッドが、良い例です。ダイヤモンドヘッド以外にも、トロリーやTheBusではアクセスしにくい、ローカル向けの飲食店やショップなどを訪れたいとき、タクシーが便利な交通手段として利用できます。

ただ、英語が苦手な日本人旅行者にとって、タクシー利用時に1点課題があります。それは、「帰りの配車をどうするか」、ということです。というのも、ワイキキを離れるとタクシーが走っているのを見かけることがぐっと減るんですね。

ワイキキであれば流しのタクシーを捕まえることも可能なのですが、ことワイキキを離れてしまうとそうもいきません。

なので。英語が苦手な場合は、Uberなどのアプリで帰りのタクシーの配車を検討するか、もしくは日本語で対応してくれるタクシー会社に配車をお願いする必要があります。

オプショナルツアーがお得な場合があることも知る

以上ご紹介した、トロリー、TheBus、タクシーが、旅行者にとって使える交通手段の基本となります。これに加えて、ハワイでは、その目的地に行くためのオプショナルツアーが提供されているスポットも多いです。

そして、「送迎のみ」のような内容のオプショナルツアーであれば、その費用が意外と安かったりするんですね。例えば、ダイヤモンドヘッドへの送迎のみのサービスは、探すと意外とお得な料金のツアーがあり、トロリーで行くよりもお得な場合があります。

また、送迎のみではなくても、タンタラスの丘のツアーも、ワイキキから近場のスポットなので、意外とその費用がお得だったりします。

オプショナルツアーは、待ち合わせ時間があり、行動する時間が制限されるデメリットはあるものの、意外にお得な交通手段として利用できることを知っておくと良いです。

レンタカーがないと行きにくい場所、なしで行けたとしても不便な場所があることを知る

最後に。オアフ島では、レンタカーがないと行きにくい場所、なしで行けたとしても不便な場所があることを知っておくと良いです。

レンタカーがないと行きにくい場所として、トロリーとTheBusどちらでもアクセスしにくい場所が、それに該当します。例えば、マカプウ岬であったり、マノアの滝であったりです。これらのスポットは、公共の交通手段でアクセスしにくいため、便利に訪れるためには、オプショナルツアーを利用するか、レンタカーで自力でアクセスする必要があります。

マカプウ岬やマノアの滝などは、企画されるオプショナルツアーが多いのでまだ良いです。ですが、もっとマニアックなスポットになると、オリジナルプランとしてアレンジしてもらわない限りは、アクセスしにくいスポットもあります。例えば昼間のタンタラスの丘です。そのような場所へは、やはりレンタカーがあると楽にアクセスできる便利さがあります。

レンタカーなしで行けても不便な場所ですが、具体的にはカイルアが該当します。カイルアは、主にカイルアタウンとカイルアビーチ、ラニカイビーチを見ることになります。で、カイルアタウンとカイルアビーチの移動は、徒歩だと25分はかかる距離です。ラニカイビーチまでだと35分はかかります。

そして、パッケージツアーで利用できる、ワイキキからカイルアまでのシャトルバスは、カイルアタウンが降りる場所となります。なので、ビーチを見たい場合は、その交通手段を考える必要があります。もちろん歩いても良いのですが、ラニカイビーチまで行った場合、往復の移動だけで70分は必要です。

なので、カイルアは、車があるとないとでは、観光できる便利さが大きく変わります。カイルアにレンタカーで訪れられない場合は、せめてレンタサイクルを借りた方が、移動が便利なのは間違いないです。

Return Top