Read Article

ハワイでGoogleマップをカーナビ代わりにする人が日本でやっておくべきこと

ハワイでGoogleマップをカーナビ代わりにする人が日本でやっておくべきこと

今回は、ハワイでレンタカーを借りる人のうち、スマホをカーナビ代わりにする予定の人にお伝えしたい注意点です。

で、そのような人の中でも、特にGoogleマップをカーナビ代わりにするのが初めての人に対してお伝えしたい注意点となります。

今回お伝えしたいことは、一言でいうと、「ハワイでGoogleマップをカーナビ代わりにするのをぶっつけ本番で試す前に、日本で試し運転しておくといいよ」ということです。

なぜそうした方がよいかですが、Googleマップをカーナビ代わりに使う場合、一般的なカーナビと比較し、ちょっと慣れが必要な部分があるからです。

設置場所と縦横どちらの向きで使うか

では、どのような部分に慣れが必要になるのかを、いくつか具体例を挙げてご紹介していきます。

ハワイにおいて、運転中、ドライバーがスマホ見ているのを見つかると、取り締まられます。なので、スマホをカーナビ代わりに使う場合、車載ホルダーが必要になります。

で、その車載ホルダーをどこに設置するかが、最初の課題となります。というのも、それが初めてだと、なかなか自分の見やすい位置が、ピンとこないからです。なので、ハワイでぶっつけ本番で設置場所を決めると、走り出してから「ちょっと見にくいな〜」という思いをすることになります。

加えて、スマホのGoogleマップをカーナビ代わりにする場合、スマホを縦と横のどちらで固定するかで悩むことになります。というのも、Googleマップが縦横、どちらの向きにも対応したアプリとなっているからです。

そして、縦横どちらが見やすいかは、その人の好みによるんですね。なので、これも一度日本での運転で試して、縦横どちらが自分にとって見やすいかを体験していた方が良いです。

ちなみに、iPhoneをお使いの方が横で固定することにした場合、接続部分がL字型になったLightningケーブルがあると役立ちます。このケーブルを使うと、接続部分に変な負荷がかからず済みますし、取り回しも楽になるからです。

ところが、このようなL字型Lightningケーブルは、一般的にたくさん売られている商品ではないんですね。例えば、私が2016年7月に秋葉原中を探した時に、売っていたのはヨドバシカメラぐらいのものでした。

なので、ハワイ旅行直前に、「横向きが見やすいから、L字型Lightningケーブルが欲しい!」と思っても入手できない可能性があるんですね。そのようにならないためにも、日本でGoogleマップをカーナビ代わりにすることを試し、早めにスマホを固定する向きの好みを知っておくのが重要となります。

音声案内の必要性を感じるか

次に。Googleマップをカーナビ代わりに使うにあたり、「音声案内の必要性を感じるか」を事前に試していた方が良いです。この記事を書いている2016年7月現在ですが、Googleマップのアプリの音声案内が、ちょっと聞き取りにくい、ロボット音声に変わってしまった状況なんですね。

なので、人によっては、「このロボット音声で案内されるくらいなら、音声案内なしでいいよ」と思う人もいるはずです。一方で、音声案内は、土地勘のない場所を運転する時は、やはりあった方が便利なんですね。曲がるタイミングを地図を見なくても、把握することができるからです。

この辺りの「音声案内の必要性」について、事前に日本で試して知っておいた方が良いです。

そして、そのように試した結果、「音声案内の必要」と判断した場合。今度は、その音声がちゃんと聞き取れる音量で聞こえるかをテストしておいた方が良いです。例えば、ハワイのレンタカー会社で借りる車種によっては、標準でBluetooth接続で、スマホとカーステレオを接続できる場合があるんですね。

で、それができる場合、カーステレオでスマホに入れた音楽を聴きたくなるもんなんですね。そのようなスマホの音楽を再生した状況で、Googleマップの音声案内がちゃんと聞こえるかを試していた方が良いです。

私がiPhoneで試した限りは、Googleマップのアプリで音声案内があるときは、再生中の音楽のボリュームが下がる工夫がされていました。ですがそれでも、ちょっと聞き取りにくい印象を受けました。

ちなみに、このようにBluetooth接続でスマホをつなげる場合は、カーステレオからGoogleマップの音声案内を聞ける分、音量という意味では、マシな環境なんですね。Bluetooth接続できなかった場合は、スマホの標準のスピーカーから音声案内を聞くことになるからです。

この辺の音声案内の音量周りの問題も、事前に試すことで把握することができます。

経路の再検索できなくなることがある

最後に。Googleマップのアプリですが、場合によっては、経路の再検索ができなることがあるのでご注意ください。

具体的には、Googleマップのオフラインの地図データをダウンロードしていない状況下で、かつ、データ通信ができない環境において、経路の再検索ができなくなります。

もう少し補足しますと。まず、Googleマップのアプリですが、データ通信ができないオフラインの状況下でも、経路検索ができるようになったんですね。詳しくは、次のGoogleの公式サイトに詳しいです。

エリアをダウンロードしてオフラインでナビゲートする

で、上のリンク先にもある通り、オフラインで経路検索をするためには、事前に対象となるエリアの地図データをダウンロードする必要があります。逆に言うと、エリアをダウンロードしていない場所では、オフラインの状況下では、経路検索できないわけです。

この事実を知らずに、「Googleマップはどこでもオフラインで経路検索できる」と思い込んでいると、オフラインの状況下で「あれ、経路検索ができない」と焦ることになるんですね。なので、ハワイ旅行にあたっては、訪れる島全体のエリアの地図データを事前にダウンロードしておくのがオススメです。

ちなみに、Googleマップですが、たまにかなりマニアックな道を経路として案内することがあります。例えば、車が対面通行できない細い道で、地元の人は普通は通らないような道を案内することがあるんですね。

そのような案内をする可能性があることを、事前に日本で試すことで、肌感覚として持っておくのが良いです。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す (要reCAPTCHAチェック)

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top