Read Article

行動範囲が全く変わる!ハワイでの配車アプリUberの使いこなし方

行動範囲が全く変わる!ハワイでの配車アプリUberの使いこなし方

今回は、「ハワイでうまくタクシーを使えるかな?」と心配な人に向けて、ハワイでの配車アプリUberの使いこなし方をご紹介します。

ハワイでのUberの使い方の具体例をご紹介したい

以前、『配車アプリUberでハワイ旅行の楽しさが倍増する理由』の記事では、「配車アプリUberをハワイで使うとハワイ旅行が楽しくなること」をご紹介しています。

そしてこの記事では、Uberを具体的にハワイ旅行でどう活用するのかまでは触れられませんでした。なぜならUberについてのご紹介とハワイで使うとなぜ楽しさが倍増するのかを説明するだけで、それなりのボリュームの記事となってしまったからです。

そこで今回は、この前回の記事からもう一段踏み込んで、「ハワイでUberをこう使いこなすと良いよ」と言う具体的な使いこなし方をご紹介します。

また「Uberって何?」と言う方は、先に前回の記事をご一読ください。簡単には、スマホからタクシーのような車を現在地に手配するためのアプリで、ハワイでも使えます。

Uberでは乗車時には現金での支払いが不要になります。事前にクレジットカード番号を登録しそのカードで決済されるからです。なので。ハワイでは支払い時のチップを計算する必要もなく、本当に便利に車が利用できます。さらに言うと、目的地も配車時にアプリからドライバーに伝えられるので英語が苦手でも助かります。

空港の送迎から使える

それでは、ハワイ旅行でのUberの具体的な使いこなし方をご紹介します。Uberは、オアフ島のホノルル国際空港に到着した時点から活躍します。具体的には、ホノルル空港から宿泊先のホテルまでの移動のための車をUberで呼ぶとと便利と言うことですね。

一方で。ホノルル空港にはタクシープールがあります。なので、Uberを使ってわざわざ配車をしなくてもタクシーは簡単に利用できます。ですが、Uberを利用した場合、上で述べたように支払いに現金が不要になるメリット、目的地を簡単に伝えられるメリットがあるため、Uberで車を呼ぶメリットは十分にあります。

加えて、Uberでは、ドライバーの素性もある程度わかるので、その点でも安心できます。

中にはUberを利用するにあたり、「車を呼んだらすぐに来るの?」と不安になる方もいますよね。それは、まず大丈夫です。その理由ですが、次の画像を見てください。

IMG_8674この画像は、ハワイ時間の午前10時(日本時間の午前5時)頃に、実際にUberでホノルル空港周辺の車を呼べるかどうかを確認したものです。

画像の一番下に「およそのお迎え時間5分」とあり、すぐに車を呼べることがわかりますよね。もっとも、この配車の待ち時間は、時と場合で変わりますのでその点はご注意くださいね。

ダイヤモンドヘッドからの帰りの配車も簡単

Uberは、ダイヤモンドヘッド登山をしたい時にも活躍します。具体的には、帰りの車の配車が簡単になるので、安心して行きもタクシーでダイヤモンドヘッドに行くことができます。つまり、ダイヤモンドヘッドの往復に車を利用できるわけです。

詳しく説明しますと。ワイキキからダイヤモンドヘッドまでの行きは、タクシーで簡単に行けます。なぜならタクシーの配車をホテルのフロントに頼めば良いだけだからです。その料金も$15前後と高くありません。

一方問題は帰りなんですね。どう問題かというと、そもそもダイヤモンドヘッドの登山口にある駐車場にはタクシープールはありません。ただ、メーターを回さないぼったくりタクシーが待機していることがあります。それ以外の交通手段としては、トロリーがあるのですがこれには、タクシー代より高くつく1日乗車券が必要になります。

なので、ダイヤモンドヘッドまでの行きをタクシーで来てしまうと、そのぼったくりタクシーを使うか、10分程度歩いてKCCのThe Busのバス停に行くか、の2択になるわけです。もちろん英語が得意であれば、携帯電話でタクシーを手配することは可能なのですが、初ハワイでそれができる人は少ないですよね。

と、これまではこのような事情があったので、ダイヤモンドヘッドの往復に車を利用するのが難しかったわけです。そして、それがUberで帰りの車を簡単に配車できるようになり解決したわけですね。

IMG_8675

トロリーやThe Busで行きにくい店へも気軽に行ける

そして。このようにワイキキ近辺で帰りの車を手軽に呼べるようになったので、ワイキキ周辺の観光の幅が本当に広がることになりました。つまり、これまでワイキキから近くてもトロリーやThe Busでアクセスするのが難しい場所へのアクセスが簡単になったわけです。

具体的には、ワイキキ周辺のローカルに人気のショップや飲食店まで車で往復するが簡単になったわけですね。これまでは、レンタカーがないとそのような店に行くのは難しかったのですが、Uberのお陰で簡単にアクセスできるようになりました。

ご参考に、車で行けると嬉しいワイキキ周辺のローカル向けの店の例を挙げますと。

たとえば、South Beretania通り沿いにあるメキシコ料理店Los Chaparrosがありますね。この店は、ローカルにも人気の本当に美味しいメキシコ料理が食べられる店なのですが、レンタカーがないとアクセスしにくい場所にありました。またLos Chaparrosの近くには、Toma Karaokeと言うローカルに人気のカラオケボックスがあるのですが、このカラオケボックスも簡単に利用できるようになったわけです。

ほか、Young Street沿いにはYama’s Fish Marketと言う総菜店があり、美味しいハワイ伝統料理のプレートランチが食べられます。この店もUberが使えるとタクシーで簡単に往復できます。さらに、South King Street沿いのDown To EarthやKokua Marketなどのオーガニックスーパーだって、手軽に車で往復できちゃうわけです。

と、このようにこれまではレンタカーがなければ行きにくかったワイキキ周辺の様々なところに、車で往復しやすくなったので、ワイキキ周辺の観光の幅が本当に広がりました。

カイルアにも行ける、けど注意点もある

最後に。Uberを使えば、カイルアへも簡単に行くことができます。カイルアは、ワイキキから車で40分ちょっとの距離にある人気の観光スポットなのですが、これまではレンタカーがない場合は、送迎ツアーなどを利用していく必要があったのです。

Uberでカイルアに行った場合ですが、その料金もさほど高くなく、この記事を執筆した時点での見積もりは$33〜$44となりました。次の画像の通りです。

IMG_8676カイルア送迎のオプショナルツアーの大人一人あたりの相場が$30前後はしますので、大人2人であればUberで往復してもさほど変わらない金額となります。そして、2人以上であれば、むしろUberで往復したほうがお得な可能性もあるわけですね。

ただ、カイルアのようにワイキキから離れた場所での注意点として。行き先のエリアにUberの車が走っているかを事前に確認してください。カイルア周辺ではUberに対応した車が走っていることが今現在は少ないんですね。

IMG_8677

そのためワイキキからカイルアまでの行きの車はUberで手配できますが、カイルアからの帰りの車をアプリから手配するのが難しい状況なのです。

Uberが使いこなせるとハワイ旅行がより楽しくなる

以上、ハワイでのタクシー配車アプリUberの使いこなし方をご紹介しました。

ご紹介した通り、Uberを使うとワイキキ周辺では、現在地に気軽に車を呼べる時代となりました。これは、トロリーでしか移動できないハワイ旅行と比べると、格段にその行動範囲が広がります。

なので、Uberが使いこなせるとハワイ旅行がより楽しいものとなりますよ。本当に便利な時代になったものですね。

Return Top