Read Article

ワイキキで初レンタサイクルの時に戸惑う交差点

ワイキキで初レンタサイクルの時に戸惑う交差点

今回は、ワイキキで初めてレンタサイクルを運転する人に伝えたい注意点です。

ハワイでは自転車は、車と同じ交通ルールで運転する必要があります。ですが、自転車だとどう走って良いのか戸惑う交差点がワイキキにはあります。

ハワイの自転車は車と同じ交通ルールを守る必要がある

ハワイでは自転車は、車と同じ交通ルールに従う必要があります。ハワイでは、このルールが本当に厳格で、自転車は、自動車と同じように走らなくてはなりません。

つまり自転車は、原則歩道を走ることはできませんし、車道を進行方向と逆に走ることができません。また、左折する際には、ハワイでは右側車線を走ることになるので、2段階左折で曲がることになります。

このような交通ルールを破って運転をしているところを警察に見つかると、外国人観光客であろうと容赦なく取り締まられます。時にハワイでローカルっぽい人が、自転車で歩道を走っているのを見かけるかもしれません。例外的にそのように走れる歩道もありますが、車道を走らなくてはならないのが原則です。

ワイキキには広い一方通行の道路があり逆走に注意

そのため。初ハワイでハワイの交通ルールに慣れていない人には、正直なところレンタサイクルを運転するのは、少々ハードルが高いものとなります。この点は、事前に知っておいたほうがよいです。

例えば、ワイキキでは、カラカウア通りアラ・ワイ通りなどが、一方通行になっており、この道路の逆走に注意が必要です。

車と同じルールを守る必要があるからです。つまり、自転車だからと言ってこれらの一方通行を逆走できない、と言うことですね。

特に、カラカウア通りは要注意です。通り沿いに、ホノルル警察の交番があるからです。その前を自転車で逆走すると、注意を受けます。最悪、取り締まられます。

ワイキキで運転に戸惑う交差点がある

また、ワイキキから、アラ・ワイ通りを通って、北西側に向かうときは、注意して欲しい交差点があります。具体的には、アラ・ワイ通りとマッカリー通りの交差点です。その交差点の様子を次のリンクから、Googleストリートビューで確認できます。

Googleストリートビューで、アラ・ワイ通りとマッカリー通りの交差点を見る

なぜこの交差点を自転車で走る時に気をつけたほうが良いかというと、アラ・ワイ通りが、右折専用レーンのある広い一方通行の道路だからです。

まず、アラ・ワイ通りが、広い一方通行の道であることは、上のストリートビューの様子からもわかりますよね。加えて、この道路には、右折専用レーンがあります。このレーンは、マッカリー通りで右折したい車が走るための道路です。

怖い時は、自転車を降りて歩いて渡る

ハワイで自転車で車道を走る時は、一番右側のレーンを走りたくなります。そうしないと車に追い越してもらいにくいからです。つまり、アラ・ワイ通りでは、この交差点で右折をしたくなくても、右折専用レーンの車道を走ることになります。

結果、この交差点を直進したい時に戸惑います。車がバンバン走る右折レーン以外の車道を自転車で走るのが怖く感じるからです。この記事のトップの写真は、まさにアラ・ワイ通りの様子です。このように車がたくさん走る車道を、右端以外走るのは怖いわけですね。

このような右折専用レーンのある交差点でも、その交通量が少なければ、そのまま直進レーンの車道を走れます。ですが、交通量が多く怖さを感じるときは、無理をしないほうが良いです。具体的には、自転車を降りて、歩いて横断歩道を渡るのが簡単です。

Return Top