Read Article

ワイキキのDFSでトロリーのバス停がある場所

ワイキキのDFSでトロリーのバス停がある場所

今回は、初めてのハワイ旅行中の交通手段として、トロリーを使う人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、「ワイキキのDFSでトロリーのバス停があるのは、ここですよ」ということです。「ワイキキのDFS」とは、正確には、T ギャラリア ハワイ by DFSのことです。

初利用の時にバス停の場所がわからなかった

なぜ、DFSのトロリーのバス停の場所をご紹介したいかというと、私が初めてそのバス停を利用しようとした時、その場所がすぐに分からなかったからです。

DFSは、その敷地が奥に長くなっており、初めてだと何がどこにあるのか分かりにくいんですね。またそのバス停の位置は、この建物の正面玄関である、カラカウア通り側から見ると、一番奥にあります。なので、余計わかりにくい場所にあります。

さらに。トロリーのバス停は、通常であれば、道路沿いの路上にあります。ところが、DFSのバス停は、建物の中にあります。その事実を知らないと、「この建物が面する周辺の路上のどこかにバス停があるのかな?」と誤解してしまって、ぐるりと探し回ってしまいます。

このような事情から、初めてこのバス停を利用する人は、その場所に注意が必要です。

DFS内のトロリーバス停がある場所

それでは、ワイキキのDFS内のトロリーのバス停がある場所をご紹介します。その場所は、次のリンク先から、Googleマップを見るとわかりやすいです。

GoogleマップでDFSのトロリーのバス停がある場所を見る

上のリンク先を見ると、「Waikiki Trolley」というところにマーカーが置かれた状況で地図が開きます。

DFS1Fのそのマーカーの位置に、ワイキキトロリーのバス停があります。Googleマップ上の位置を見るとわかる通り、カラカウア通り側から見て、一番奥の左手にバス停があります。

DFSの入り口として、カラカウア通り側の正面玄関が大きくて、わかりやすいのは確かです。一方で、トロリーのバス停を利用する場合は、ロイヤル・ハワイアン通り沿いの入り口から入るのが、バス停から最も近い場所に行けます。

その入り口の様子は、次のGoogleストリートビューで確認できます。

GoogleストリートビューでDFSのロイヤル・ハワイアン通り側の入り口を見る

トロリーのバス停にだけ用がある人は、こちらの入り口を使った方が早いです。

例外もあるので注意

DFS内のバス停の場所は以上の通りなのですが、その例外もあるので注意が必要です。

というのも、ワイキキ内を走るトロリーには、運行する会社がいくつかあるからです。そして、運行する会社によって、DFSのバス停の場所が建物内ではない場合があります。

まず、ワイキキにおいて、トロリーは、いくつか種類があります。次の通りです。

これらのうち、DFS内のバス停を使うのは、ワイキキトロリーとレインボートロリーの2つだけです。

オリオリウォーカーのバス停は、DFSの外にあり、ロイヤル・ハワイアン通り沿いの路上となります。レアレアトロリーに関しては、この記事を書いている現在、DFSのバス停はありません。

私は、初めて、JALPAKのレインボートロリーを使う際に、DFSのバス停を探す必要がありました。そして、最初は、ロイヤル・ハワイアン通り沿いにあるオリオリウォーカーのバス停を自分が使うバス停と誤解して、無駄に待ってしまった経験があります。

このように、「DFSのトロリーのバス停」と言っても、利用するトロリーによって違いがあるので、ご注意ください。

Return Top