Read Article

ワイキキのハロウィンに初めて参加する人が気をつけること

ワイキキのハロウィンに初めて参加する人が気をつけること

今回は、ハワイ旅行のその日程に、10月31日、つまりハロウィンが含まれている人へのご参考として。ワイキキのハロウィンに初めて参加する人が気をつけることをご紹介します。

で、以前私が実際にワイキキのハロウィンに参加した時の様子は、『ワイキキのハロウィンは大人のコスプレイベント!?』の記事でご紹介しています。

今回は、この時の体験を踏まえつつ、ワイキキで初めてハロウィンに参加する人の向けて「気をつけることとしてご紹介し直したい」というのが、この記事のネライです。

たくさんの人混みに注意

ワイキキのハロウィンですが、夜になればなるほどに仮装した人で溢れかえってきます。その人混みの数ですが、初めての場合は、その混み具合がわからないですよね。実際のところ、想像以上にたくさんの人混みになります。

具体的には。ワイキキの中心部となるロイヤルハワイアンセンターのカラカウア通りの交差点ですが、日中の様子を、次のGoogleストリートビューで見ることができます。

Googleストリートビューで日中のロイヤルハワイアンセンター前の交差点を見る

で、上のリンクをご覧いただくと、そんなに混雑していないことがわかりますよね。もっともシーズンや時間帯によっては、もっと人が歩いていることもあるのですが、何事もないカラカウア通りの人混みは、こんなもんですね。

一方、ハロウィンの時はどうなるかというと。上のストリートビューで見渡す限り、すべて人で埋め尽くされます。この記事のトップの写真が、まさにその様子です。渋谷のハチ公前の交差点を訪れた経験がある方は、まさにそのような感じになります。

なので。油断していると、人混みに紛れて一緒に歩いている人とはぐれそうになります。特に、小さいお子さん連れの場合は注意したほうがよいですね。この人混みと馬鹿騒ぎの中で、はぐれるとそれを探すのが本当に大変です。

飲食店が混むのでその対策が必要

次に。以上で述べた通り、ワイキキのハロウィンの夜は、たくさん人出があるため、入れる飲食店を探すのに本当に苦労します。

私がワイキキのハロウィンに参加した時は、複数のハワイ在住者の方と一緒に行動していました。なのですが、そのハワイ在住者の方々の経験を持ってしても、なかなか入れる店が見つからず、カラカウア通り沿いを右往左往することになりました。

なので。もしハロウィンの夜に、どこか飲食店を利用したい場合は、絶対に予約をしておいた方が良いです。また予約をしない場合は、目当てのお店に入れない時に備えて、最低でも5店舗は、代案のお店の候補を考えておいた方が良いです。ちなみに、代案の5店舗に当たっても全部ダメな可能性も十分にあります。

私の実体験では。複数のお店が満席で入れなかった結果、「もう仕方がないからロイヤルハワイアンセンターのフードコートでちょっと休む?」と移動することになりました。で、案の定フードコードの席もほとんど空いてはいなかったのですが、本当にたまたま1卓空いていて、そこに座ることになりました。

そして、フードコートで「何か食べようか」と、物色していたところ、同じロイヤルハワイアンセンター内にある道楽寿司に空き席が出て、運良く入れたんですね。

この時は、ハワイ在住者の方の経験があったので、なんとかお店に入ることができましたが、それがなかったら、私は諦めてホテルで食事をしていたはずです。なので、もし初ハワイで、ハロウィンを迎える人は、「その日の夜は、外食するのが本当に大変」と言うことを知っておいた方がよいですね。

コスプレした方が絶対に楽しい

最後に。ワイキキのハロウィンですが、私は仮装せず参加しました。ですが、「これは、コスプレした方が絶対に楽しかっただろうな」と思うことになりました。その理由ですが、夜になると、むしろコスプレをしている人の方が多数派になっていたからです。

これは、冒頭でご紹介した、実体験の記事でも述べていることなのですが、ワイキキのハロウィンは、夜になればなるほど仮装している人の比率が高まってきます。仮装している人は、日中はまばらなのですが、夜になるとむしろ仮装している人の方が多数派になります。

なので。夜になると極端には、仮装せず普通の格好をしている人の方が、浮いてしまう印象を受けました。そのため、凝ったコスプレをする必要はないでしょうけど、多少は何か仮装的な要素をしていた方が、絶対にハロウィンは楽しめます。

ワイキキのハロウィンの様子を見ていると、そこら中で見知らぬ人同士で、記念写真を取り合っています。その様子が、本当に楽しそうなんですね。で、仮装をしているとそのような写真の取り合いにも参加しやすく、ハロウィンをより楽しめるわけです。

一方、普通の格好でいると、「この格好だと普通すぎて浮くな・・・」と言う気持ちになって、写真の取り合いに参加しにくいんですね。もちろん普通の格好でも、記念撮影に応じてくれる人は多いでしょうけど、自分も仮装している方が楽しいことは間違いないです。

もし日本から仮装グッズを持ち込むのが面倒な場合は、現地購入すると言う方法もあります。ので、ハロウィンの夜をワイキキで過ごす場合は、恥ずかしがらずにコスプレしてみることをオススメします。

Return Top