Read Article

ワイキキでレンタカーを日帰りで借りる場合の注意点

ワイキキでレンタカーを日帰りで借りる場合の注意点

今回は、ハワイ旅行でレンタカーを初めて借りる人に伝えたい注意点です。

オアフ島のワイキキに滞在する場合、レンタカーを借りるチャンスは、ホノルル空港とワイキキの2か所あります。で、空港ではなくワイキキで借りる場合は、次のようなメリットがあります。

ワイキキでレンタカーを借りるメリット

  • 空港利用税がかからない分、お得に借りられる
  • スーツケースを詰まなくて良いので、小さい車種の車でも済む
  • 到着初日の疲れた体調で運転しなくて済む
  • 必要な日にだけ借りられレンタカー代がお得になる
  • 同時に駐車代もお得になる

以上がワイキキでレンタカーを借りるメリットなのですが、つまり、「総合的にレンタカー代をお得に済ませられる」ということですね。

で、ワイキキ宿泊の場合、その駐車料金もバカにできないんですね。というのも、ワイキキではそのホテルの宿泊客であっても1日30ドル以上の駐車料金が取られることが多いからです。

その例外として、ワイキキでもその駐車料金が、特定のホテルにおいてはリゾートフィーに含まれていたり、特定のコンドミニアムでは無料であったりする場合もあります。ですが、駐車料金が発生するのが基本なんですね。

さて、今現在ハワイのレンタカー代ですが、エコカーの場合1日60ドル以下で借りられることもあります。なのに、駐車料金に30ドル以上もかかると、「なんだかな〜・・・」という気持ちになるわけです。

ワイキキで日帰りレンタルするデメリット

ワイキキに宿泊する場合、この高額な駐車料金が発生するため、その料金をお得に済ませたい場合は、「必要な日にだけ日帰りで借りる」という作戦を取りたくなるんですね。

こうした場合、レンタカーの車両代もお得になります。なので、お得に済ませる意味では、この作戦は言うことありません。

一方で、日帰りで借りる場合には、デメリットがあるんですね。そのデメリットですが、「朝一に出発できない可能性がある」というデメリットです。

なぜ朝一に出発できない可能性があるかというと、レンタカー会社の営業開始時間に訪れたとしても、すでに窓口に行列ができていて、その契約に時間がかかることがあるからです。

その結果、せっかく朝一で訪れても、「出発できるのは1時間後」という事態になり得るんですね。

朝一に出発した方が良い観光スポット

で、オアフ島観光をする場合ですが、朝一に出発した方が良い場所があるんですね。なぜかというと、そうしないと駐車場が混雑して、その空き待ちをすることになる観光スポットがあるからです。

それは、すなわちオアフ島の人気観光スポットでもあるんですね。例えば、ダイヤモンドヘッド、ハナウマ湾、カイルアビーチパークなどの駐車場です。

これらのうち、ダイヤモンドヘッドは、出発が遅れ多少着くのが遅くなっても、大丈夫なことが多いでしょう。なぜなら、ワイキキから車で10分ちょっとの距離なので、出発の遅れの影響が少ないからです。

ただし、そのダイヤモンドヘッドでも、土日など週末は、駐車場が混みやすくなります。その場合は、その遅れのために、駐車場が満車になる可能性が考えられるんですね。

一方、ハナウマ湾やカイルアは、出発の遅れが駐車場待ちの原因となる可能性が高いです。というものそこまでにかかる所要時間が、ダイヤモンドヘッドよりも時間がかかるからです。

その結果、朝一で出発できないと自分が到着する頃には、「目当ての駐車場が満車」という目に遭うこともあります。

実体験として、私は、「平日の午前10時着であればカイルアビーチの駐車場には余裕があるだろう」と訪れた結果、実際には、「あと1台」という状況になっていて驚いた経験があります。

なので、そのような観光スポットで駐車場の空き待ちをしたくない場合は、朝一に出発できることが重要になってくるわけですね。

お得な駐車場を無理に探そうとしない

というわけで、そのような人気観光スポットの駐車場にすんなり停めたい場合は、前日からレンタカーを借りていた方が良いわけです。こうすると、出発する朝に、レンタカー会社の窓口で契約のために並ぶ必要がなくなるからです。

一方で、そうした場合は、その前日から借りた車を、ワイキキ内のどこかに駐車する必要が出てきますね。

その駐車場所を探す時ですが、お得な駐車場を無理に探そうとせず、素直に自分の宿泊しているホテルの駐車場を借りるのがオススメです。

なぜかというと、ワイキキのホテル以外の駐車場ですが、その料金体系が非常にわかりにくいからです。どうわかりにくいかというと、駐車場に掲示されている駐車料金の看板が、時間帯によって丸ごと切り替わるような駐車場があるんですね。

例えば、表に出ている看板の駐車料金を見て、「◯時間駐めるから、◯ドルくらいだな」という見込みが、全く当てにならない駐車場があります。もちろん、1時間や2時間などの短時間の場合は、自分が見た時の料金から変わることは少ないです。

ですが、一晩駐車する場合は、自分が駐めている間に、その料金体系が切り替わることがあるんですね。そのため、車を一晩駐車した後に、その料金を精算する際に、「あれっ、思っていたより高い」という目に遭う場合があります。

で、それを駐車場のスタッフに指摘すると、「あんたが見たのは、この料金だと思うけど、うちは時間帯によってこの料金になるんだ」のような説明をされるわけです。

結果として、「あ〜そうだったのか、これだけ払うなら最初からホテルの駐車場に駐めれば良かった。」と後悔することになるわけですね。

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top