Read Article

ハワイでレンタカーの車種選びの注意点!空港ではなくワイキキで借りるメリット

ハワイでレンタカーの車種選びの注意点!空港ではなくワイキキで借りるメリット

ハワイ旅行ではじめてレンタカーを借りる場合、「どんな車種にしようかな?」と悩んでいませんか?レンタカー会社にもよりますが、車種としてセダンやコンパクトカー、SUVやミニバン、オープンカーにもなるコンバーチブルなど様々なタイプから選ぶことができるので迷いますよね。

車種選びの注意点

さて。ハワイ旅行でレンタカーを借りる時の車種選びには、注意点があります。それは「スーツケースを載せることを踏まえた上で車種を選ぶ必要がある」、と言うことです。つまりレンタカーに乗る人数だけではなく、スーツケースを何個載せられるかを考える必要があると言うことですね。

たとえば、Hertzレンタカーで、コンパクトカーのFord Focusを借りるとした場合、乗員数は最大5人ですがトランクにスーツケースを乗せられる数は1つです。もし4人家族でスーツケースが2個あった場合は、この車では小さすぎて利用できないわけです。

空港ではなくワイキキで借りるメリット

このようにハワイ旅行でレンタカーを借りる場合は、スーツケースの量を踏まえた上で車種を選ぶ必要があるのが原則です。ですが、オアフ島のワイキキに滞在する場合は違う選択肢があります。と言うのもワイキキにもレンタカーの営業所がたくさんあるので、空港で借りなくてもワイキキで借りることもできるのです。

そして、レンタカーを空港で借りずにワイキキで借りる場合は次のメリットがあります。

・スーツケースを運ぶ必要がなく費用の安い小さい車種を選べる
・到着初日の疲れた体調でワイキキまでの運転をしなくて済む
・必要な日だけに絞れるのでレンタカー代も駐車代も節約できる
・空港使用料がかからないため、レンタカー代が節約できる

費用の安い小さい車種も選べる

ワイキキでレンタカーを借りる場合ですが、空港からワイキキまでは別途交通手段として、タクシー、シャトルバス、送迎サービスなどを利用します。つまりその分の費用は別に必要となるデメリットがあります。

ですが。その一方で、レンタカーの車種を費用の安い小さい車種にできると言うメリットがあります。と言うのも、一度ワイキキに移動しホテルなりコンドミニアムなりにスーツケースを置いてしまえば、スーツケースの積むことを考えて車種を選ぶ必要がなくなるからです。

そのため純粋に車に乗る人数だけで車種を選べるので、レンタル費用の安い小さい車種も選ぶことができるようになります。ちなみに2014年2月にHertzレンタカーで借りる場合の費用を確認すると、コンパクトカーで約50ドル/1日、5人乗りで3個のスーツケースを載せられるSUVで約80ドル/1日となっていました。1日30ドルの違いは大きいですよね。

到着初日の運転を避けられる

次にワイキキで借りる場合は、ハワイに到着した初日に、飛行機と時差ぼけで疲れている体調で運転することを避けられる、と言うメリットがあります。

ハワイ行きの飛行機は、日本の夜に出発してハワイの午前中に着くことになるのですが、フライト時間で7時間前後、時差にして19時間あるため、到着初日の体調はかなりヘロヘロな状態となります。機内で寝られればまだ多少はましですが、寝られなかった場合は徹夜明けのような体調で初日を迎えることになります。

空港からワイキキまでは車で25分程度の距離ではあるのですが、この疲れた体調で運転をすることは、場合によって事故を起こしてしまう危険があります。一方、空港で借りずワイキキで借りる場合は、この到着初日の疲れた体調での運転を避けられるので安心です。

ちなみに、このブログで何度も紹介しているのですが、私は『ノースショアでレンタカーをぶつけて学んだこと』記事でご紹介した通り、ハワイ到着初日交通事故を起こしました。この事故の一因として、やはり初日の疲れがあったのは言うまでもありません。

レンタカー代と駐車代を節約できる

次にレンタカー代と駐車代を節約できる、と言うのもワイキキで借りるメリットです。

と言うのも。ワイキキで借りる場合は、レンタカーが必要な日だけに絞ってレンタカーを借りることができるからです。そのため、ハワイ滞在中ずっとレンタカーを借り続けた場合と比較して、レンタカー代を節約することができるわけです。

また、ワイキキに滞在する場合は、レンタカーの駐車場代も考える必要があります。以前、『えっ3万円も!?ハワイのホテルから請求される想定外の追加費用』の記事でご紹介した通り、ハワイのホテルではそのホテルの宿泊者であろうとも駐車場の利用代が発生することがほとんどです。この駐車場代は、1日30ドル程度の費用が発生するホテルもあり、連泊する場合はバカにできない金額となります。

必要な日だけレンタカーを借りることにした場合は、この駐車代を節約することができます。特に日帰りで車を返す場合は、駐車代が発生することさえなくなりますね。

空港使用料がかからないため、レンタカー代が節約できる

最後に、空港使用料がかからないため、レンタカー代が節約できると言うメリットもあります。

空港でレンタカーを借りる場合は、一部のレンタカー会社を除いて、レンタカーの費用に空港使用料が上乗せされてしまうんですね。一方で、ワイキキで借りる場合は、その空港使用料がかからない分、安くレンタカーを借りることができます。

ハワイでのはじめてのレンタカーはワイキキで借りるのがオススメ

以上、ハワイでレンタカーを借りる時の車種選びの注意点と空港ではなくワイキキで借りるメリットをご紹介しました。

ご紹介したワイキキで借りるメリットを考えると、ハワイではじめてレンタカーを借りる場合は、やはりワイキキで借りるのがオススメですね。ワイキキで借りると初日に事故を起こすリスクも避けられますし、レンタカー代や駐車代を節約できます。

またワイキキでレンタカーを借りるのはとても簡単なので心配ありません。なぜならホテルの敷地内にレンタカーの営業所がある場合もありますし、そうではない場合でも徒歩圏にレンタカーの営業所が見つかるからです。なので、空港で借りなくてもワイキキで安心して借りることができますよ。

スポンサーリンク

Return Top