Read Article

ハワイのレンタカーでの車種選びの注意点

ハワイのレンタカーでの車種選びの注意点

今回は、ハワイ旅行で初めてレンタカーを借りる人に伝えたい情報です。

ハワイで借りるレンタカーは、セダンやコンパクトカー、SUVやミニバン、オープンカーにもなるコンバーチブルなど様々な車種から選べます。なので、初めてだとその車種選びに迷います。

そこで今回は、オアフ島のワイキキに滞在する前提で、レンタカーの車種を選ぶときの注意点をご紹介します。

ホノルル空港で借りるかワイキキで借りるか

オアフ島のワイキキ宿泊の場合、レンタカーを借りるチャンスは2度あります。1度目は、到着したホノルル空港で、2度目は、ワイキキです。

この「空港とワイキキのどちらで借りるか」が、車種選びに影響します。というのも、ワイキキで借りる場合は、スーツケースを運ぶことを考慮しなくて済むからです。つまり、小さいサイズの車を借りられます。

一方、ホノルル空港から借りる場合は、そうも行きません。自分が持ち込む分のスーツケースを乗せた上で、さらに乗車人数が乗れるサイズの車を選ぶことになるからです。

そのため、その旅行の参加者の人数次第では、あまりに小さい車は選択できなくなります。

レンタカーは、サイズが小さいものほど、その費用が安いです。つまり、ワイキキで小さい車を借りた場合は、その費用をお得に済ませられます。

宿泊先の駐車場の広さを考慮する

次に。空港とワイキキのどちらで借りるにせよ、車種を選ぶにあたり、宿泊先の駐車場の広さを考慮した方が良いです。

というのも、ワイキキには、場内や駐車スペースが狭い立体駐車場があるからです。そのため、普段運転し慣れない大きさの車を借りてしまうと、駐車するときにヒヤヒヤします。

なので。ワイキキ滞在の場合は、普段運転している車のサイズと同じか、それより小さい車種を選ぶ方が良いです。

ちなみに、コオリナリゾートやタートルベイリゾートのような、ワイキキではないリゾートホテルに滞在する場合は、このような心配はありません。駐車場が広いからです。

また、ワイキキにホテルでも、バレットパーキングの場合は、この問題は関係なくなります。自分で狭い立体駐車場に駐める必要がなくなるからです。

とは言っても、やはり普段慣れたサイズの車の方が運転しやすいのは間違いないです。

オープンカーのメリットとデメリット

新婚旅行でハワイを訪れる場合、オープンカーを借りて、ハワイでロマンティックなドライブを楽しみたくなります。その場合、ハワイにおいて、オープンカーを借りるメリットとデメリットを知っておいた方が良いです。

メリットは、ハワイの爽やかな気候の中で、開放感のある楽しいドライブを体験できることです。実際、私もハワイでオープンカーを借りたことがあるのですが、本当に楽しい体験でした。

一方で。ハワイは、急に天気が変わって雨が降ってくることがあります。そのため、せっかくオープンカーを借りても、オープンにしないままで運転する機会も、意外に結構ありました。

オープンカーは、レンタル費用が高い点が、デメリットです。私は、レンタカー会社の窓口のスタッフから、「アップグレードしませんか?最高ですよ。」という口車に乗って、あるハワイ旅行中、ずっとオープンカーを借りた経験があります。

その際には、想定した以上にアップグレード費用(数万円)が発生してしまい、のちの請求額を見て驚くことになりました。

ほか、オープンカーは、トランクが狭く、買い物には向きません。また、観光客がよく利用するので、車上荒らしに遭いやすいリスクもあります。このような背景があるため、オープンカーは、日帰りなど短期間で借りることをオススメします。

最後に、次の記事では、車種選びのコツをより掘り下げてご紹介しています。合わせてご覧ください。

ハワイでレンタカーの車種を色々と試してわかった車種選びのコツ

Return Top