Read Article

2歳児とした6泊8日のハワイ旅行記(六日目)ーハナウマ湾、カハラモール、ワイキキで買い物

2歳児とした6泊8日のハワイ旅行記(六日目)ーハナウマ湾、カハラモール、ワイキキで買い物

今回は、初めてのハワイ旅行を計画している人へのお役立ち情報です。

私は、2016年10月に6泊8日で家族でオアフ島を訪れました。その概要については、次の記事でご紹介しています。

2歳児とした6泊8日のハワイ旅行の全体像、使ったお金の全て

そして、その6泊8日の旅程を、旅行中撮影した動画を交えながら「1日ごとに分けて詳しくご紹介したい」というのが、この記事の趣旨です。その過ごし方を、これからハワイ旅行を計画している人の参考にしていただきたいわけですね。

では、今回は、その最終回となる第六弾として、六日目に過ごした内容をご紹介します。翌日が帰国日となる六日目にしたのは、主にハナウマ湾観光とカハラモールやワイキキでの買い物です。

9時台だとすでにそこそこ混んでいたハナウマ湾

六日目ですが、まずワイキキを朝8時頃に出発して、レンタカーでハナウマ湾に向かいました。ハナウマ湾に行くことにしたのは、帰国日を翌日に控え、「ハワイらしいビーチで過ごしたい」と考えたからです。

で、ハナウマ湾に到着し、レクチャーのビデオを見て、ビーチに降りられたのが大体9時頃となりました。その時の様子が次の動画で確認できます。

この時ハナウマ湾を訪れた時に私が感じた印象ですが、自分としてはそこそこ早めに行動したつもりなのに、「結構混んでるな〜」というものでした。

例えば、ハナウマ湾の駐車場は、手前側の駐車場とちょっと奥の方の駐車場があるのですが、私が朝8時台に訪れた時には、手前側の駐車場が既に満車の状態でした。

また、入園料を支払う受付の前には、結構長い行列ができており、チケットを買うのに時間がかかりました。その結果、レクチャーのビデオを見るタイミングが1本遅れてしまい、ビーチに降りるのが遅くなってしまいました。

もしすぐにレクチャーのビデオを見られた場合は、もう20分は早くビーチに降りられたはずだったんですね。

ビーチに降りた後に感じたのも、「人が多いな」というものでした。特に印象的だったのが、中国人旅行者の多さでした。私が荷物置き場を作った場所から見渡した感じでは、日本人旅行者よりもよっぽど中国人旅行者の方が多いように感じました。

この旅行で、カイルアのラニカイビーチを訪れた時も中国人の多さを感じましたが、ハナウマ湾でも同様でした。ハナウマ湾では、10人くらいの大家族で楽しんでいる中国人旅行者もおり、より多く感じたのかもしれません。

ほか今回、ハナウマ湾で感じた印象として。泳いだ時に「海流の流れがすごく強いな」と感じました。これまで、私がハナウマ湾を訪れた中では、一番の強さでした。油断していると、どんどん流される感じだったんですね。

なので、「泳ぎが得意でない人がこの海流の強さで泳いだら怖いだろうな」と感じました。ハナウマ湾は、砂浜から海に入るとすぐに深くなっているため、流されるとすぐに足がつかなくなるからです。

カハラモールでランチとお土産の買い物

10時半頃までハナウマ湾で遊び、ワイキキに戻ることにしました。そして、ハナウマ湾からワイキキに戻る途中には、カハラモールにより易いため、ランチを食べるために寄ることにしました。

で、どこでランチをしようかと検討した結果、悩んだ挙句Whole Foodsのサラダバーを利用することにしました。この旅行では3度目の利用です。

最初は、「さすがにサラダバーはもう飽きたな」と感じて、カハラモール内にあるフードコートの別の店を利用しようとしました。ですが、胃が疲れていて、何となく食べたい気分の店が見つかりませんでした。

結果としてWhole Foodsのサラダバーでランチをすることになりました。このサラダバーの良さは、料理の量も種類も自分で選択できることにあります。

そのため、ハワイ旅行の後半で胃が疲れている時ほど、サラダバーであっさりしたものを適量で食べられるのが助かるんですね。

というわけで、Whole Foodsのサラダバーでランチをしつつ、細々としたお土産をついでに買うことになりました。

ワイキキのNordstrom Rackで靴を買う

その後、宿泊先のワイキキバニアンに戻り、ランチを済ませ一休憩しました。そして、私は一度、Hertzレンタカーの営業所に車を返しに行くことにしました。

というのも、翌日の帰国日の朝は、ハワイ在住者の方にホノルル空港まで送っていただけることになっていたからです。そのため、六日目のうちにレンタカーを返して問題なかったわけです。

レンタカーを返した後に、ワイキキのNordstrom Rackに靴を買いに行きました。この時は、私、妻、子供の分の靴をそれぞれ何足か買いました。それだけお得な価格で売られていたからです。

買った靴の合計額は、334ドルくらいになりました。で、Nordstrom Rackのレシートでは、「あなたは、これだけお得に買い物をできましたよ」と割引された額が、記載されていました。正確な割引額は忘れたのですが、半額ぐらいの割引となっていたことを知り驚きました。

その買い物の後、宿泊先に戻り、私だけ仕事の打ち合わせのために、ロイヤルハワイアンセンターに向かいました。その際に、ワイキキのカラカウア通り沿いの様子を撮影したのが、次の動画です。

晴天のカラカウア通りは、歩いているだけで楽しい気持ちとなりました。

夕食用にベトナム料理店PHO BISTRO 2に持ち帰り料理を買いに行く

仕事の打ち合わせを終えた後、ワイキキショッピングプラザのスタバでちょっと休憩しました。一休憩したのち、夕食用にベトナム料理店PHO BISTRO 2で持ち帰り料理を買いに行くことにしました。

で、PHO BISTRO 2の場所ですが、ワイキキから徒歩で行くには、ちょっと距離がある立地です。

GoogleマップでPHO BISTRO 2の場所を見る

一方で、私は、すでにレンタカーを返してしまっており、そこまでの交通手段をどうするか悩むことになりました。結局、ハワイ在住者の方のご好意に甘えて、お店まで車で連れて行ってもらうことになりました。

この店では、持ち帰りでもフォーなどの麺類の料理を買えるのが面白いところです。バケツのような形をした発泡スチロールの容器でスープを、また麺は別の容器に入れて渡してくれます。それを後で自分で混ぜて食べると言うわけです。

この店では、その持ち帰りのフォーとパパイヤのサラダ、春巻きなどを買いました。

ハワイ旅行の締めにカラオケ

PHO BISTRO 2で持ち帰り料理を買ったのち、宿泊先に戻りました。あとは、夕食まで荷造りなどをしつつ、ゆっくり過ごしました。

で、夕食を食べた後ですが、ハワイ旅行の締めにカラオケに行きました。訪れた店は、ワイキキから車で10分くらいの距離にあるカラオケボックス、TOMA KARAOKEです。

GoogleマップでTOMA KARAOKEの場所を見る

この店までの移動は、一緒にカラオケに行くハワイ在住者の方の車で移動しました。

私は、そもそもカラオケが好きな方ではあるのですが、ハワイでするカラオケはより楽しく感じます。なんと言いますか、ハワイ旅行中で気持ちが乗っている分、より楽しく歌えるんですね。

中には、「ハワイまで行ってカラオケをしなくても」と考える方もいると思いますが、やって見ると意外に楽しいですよ。

ちなみに、TOMA KARAOKEですが、ワイキキから車でないとアクセスしにくいため、日本人旅行者にはちょっと利用しにくいかもしれません。ただ、お店のスタッフは、日本語対応が完璧ですので、その面では、心配なく利用できる店です。

というわけで、帰国日を翌日に迎えた最後の夜をカラオケで締めて、このハワイ旅行は終わりを迎えることになりました。

7日目、雨の朝の中ホノルル空港に向かう

翌日となる7日目の朝は、ハワイ在住者の方の車で、ホノルル空港まで送っていただきました。

で、このハワイ旅行中の天気の傾向として、「朝、雨になりやすい」というものがありました。それは、帰国日となるこの日の朝も例外ではなく、雨の中をホノルル空港に向かうことになりました。

また、気候つながりで、この旅行で感じたハワイの気候の印象を述べますと、旅行全体を通じて「あれ、こんなに湿度が高かったけかな?」という印象を持ちました。

私は、ハワイの気候には、もっとカラッと乾燥した爽やかな印象を持っていたんですね。それが、この旅行の時は、全体的に湿度が高く感じました。

この旅行の時は、午前から夕方前までは湿っぽい気候となり、夕方くらいから、いつもハワイで感じていた爽やかな風が吹いてくる気候となりました。

これが、時期的なものなのか、そうではないのかは、私には判断できませんでした。そこで、「この時期にしては、ちょっと湿度が高いですか?」と、ハワイに長年暮らす在住者の方に聞いてみたのですが、そのご回答は、「だいたい、いつもこんな感じだと思いますよ」というものでした。

と、今回のハワイ旅行では、全体的に、その気候面でちょっと違う印象を感じましたが、総じては、いつも通りの楽しいハワイ旅行となりました。

Return Top