はじめてのハワイ旅行

レンタカーでポリネシア・カルチャー・センターに行きたい人に伝えたいこと

レンタカーでポリネシア・カルチャー・センターに行きたい人に伝えたいこと

今回は、ハワイ旅行でオアフ島のノースショアにあるポリネシア・カルチャー・センター(以下、PCC)を初めて訪れる人のうち、そこまでの交通手段としてレンタカーを検討している人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、「帰りの夜の運転の怖さを考慮していますか?」という点です。

レンタカーの駐車代は無料

私は、2018年1月にPCCを初めて訪れました。この時に、PCCのスタッフの方から話を伺って発見だったのが、この施設の来場者は、駐車場を無料で使えるという点でした。

PCC日本語公式サイト: ポリネシア・カルチャー・センターへのアクセス

実際、上のリンク先のページには、次の記述があります。

レンタカーで来園される場合の駐車場は無料です。

また、PCCでは、「日本語ガイド付きツアー」というその施設内を案内するサービスが提供されているのですが、そのツアーには、レンタカーで訪れた人も合流できます。

ので、「ワイキキからレンタカーで自力でこの施設を訪れ、日本語ガイドツアーでこの施設を楽しむ」ということも、やろうと思えばできなくありません。

「自分で運転しなくてよかったな」と感じた理由

この時、私は、ワイキキのホテルに宿泊しており、PCCまでの行きはPCCの送迎バスを利用しました。また、PCCからワイキキまでの帰りは、Uberを利用して戻りました。

計画時点では、ワイキキとPCC間の移動について、「日帰りでレンタカーを借りて往復しようかな」という考えもありました。ですが、実際にこの移動をした結果、「自分で運転しなくてよかったな」と感じることになりました。

なぜかというと、ワイキキとPCC間の距離が、意外に長かったからです。次のリンクから、ワイキキのロイヤルハワイアンセンターから、PCCまでの距離感をGoogleマップで確認できます。

GoogleマップでワイキキのロイヤルハワイアンセンターからPCCまでのルートを見る

確認すると、距離にして35マイル(約56.3km)、時間にして70分程度の運転となることがわかります。この運転をするだけならまだ良いのですが、PCCに到着後、その広大な敷地(5万坪)を歩きながら見て回ることを考えると、この距離を往復で運転するのは辛いことがわかりました。

この距離は、運転できるできないで言うと、できる距離感なのですが、少なくとも、ドライバーは運転する余力を残す必要がある距離感です。つまり、ドライバーをする人は、PCCを全力で楽しめない心理になります。

イブニング・ショー後は暗い夜道の運転になる

そして、自分で運転しないことにしてよかったもう1つの理由は、帰りの夜道の運転を避けられることです。

PCCで最も人気のあるショーの1つとして、イブニング・ショーがあります。PCCを訪れた人は、「必ずこのショーを見るべき」と言う定番のショーとなっています。

そして、このショーは、21:00に終了しますので、終わる頃にはすっかり暗くなっているわけですね。結果、ワイキキまでの帰りは、その暗い夜道を運転することになります。

私は、以前、ノースショアのサンセットビーチで夕日が沈むのを見た後、ワイキキまで運転して帰った経験があります。その時に感じたのは、H-1などのフリーウェイに着くまでの下道は、電灯も少なく暗い夜道を運転する羽目になり、怖さを感じることでした。また別の体験として、ノースショアで夜道を運転していて、橋の欄干に車をぶつける自損事故を起こした経験もあります。

ノースショアの夜の運転には、このようなリスクがあります。なので、PCC初訪問にあたり、レンタカーで訪れることを検討している人に、そのリスクを考慮して欲しかったわけです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly