Read Article

赤ちゃんとのハワイ旅行で安心できる航空券の取り方

赤ちゃんとのハワイ旅行で安心できる航空券の取り方

今回は、赤ちゃんとのハワイ旅行を初めて計画している人に伝えたい情報です。

赤ちゃん連れだと座席選びに悩む

赤ちゃんとのハワイ旅行を計画している時、飛行機の座席について不安を感じていませんか?

たとえば、バシネットを使える席が確約されるのか、夫婦で並びの席が取れるか、など。取れないにしても座席がどうなるのかはっきりしないと、どうしても心配になってしまいますよね。

私は、初ハワイ旅行の場合は、パッケーツアーをオススメしています。というのも、ツアーには、空港からワイキキまでの送迎が付いていたり、現地で便利な交通手段を利用できたり、また現地で日本語で相談できるラウンジやツアーデスクが利用できたりするからです。

ですが、赤ちゃんとのハワイ旅行での飛行機の座席の指定に関しては、個人で航空券を手配するのをオススメします。

個人で航空券を手配したほうが安心な理由

なぜ個人で航空券を手配したほうが安心なのかと言うと、バシネットが使える席が取れるにせよ、取れないにせよ、それを事前に把握できるからです。

どう言うことかというと、個人で航空券を手配した場合は、各航空会社の予約センターに電話で直接問い合わせることで、バシネットを使える席を取れるかどうかが確認できます。

それは、次のリンクを見るとわかります。これは、日本からハワイへの航路を運行している航空会社の赤ちゃん向けのサービスを紹介しているサイトとその申し込み方法についての一覧となっています。

ハワイへの航空会社の赤ちゃん向けサービスの一覧

JAL: 国際線赤ちゃん、お子様向けサービス
国際線予約案内に電話で申し込み

ANA: ANAファミリーらくのりサービス【国際線】
ANA国際線予約・案内センターに電話で申し込み

デルタ: お子様のご旅行
デルタ航空予約センターに電話で申し込み

ユナイテッド: 小さなお子様をお連れのお客様
お客様相談センターに電話で申し込み

ハワイアン: お子様連れのお客様
ハワイアン航空(旅客)日本総代理店に電話で申し込み

チャイナエアライン: 特別食について
→チャイナ エアラインコールセンターに電話で申し込み

大韓航空: 乳幼児
サービスセンターに電話で申し込み

以上の一覧を見れば分かる通り、赤ちゃん向けのサービスについて、すべての航空会社で電話でのサポートの窓口が用意されています。

そして航空券を個人手配する場合は、その窓口に電話で申し込むことによって、バシネットの席が取れるかどうかも事前に把握できます。バシネットが使えない場合でも、それが事前にわかれば、子供分のシートも抑えることでチャイルドシートをつけて利用することもできます。

いずれにせよ、航空券を個人手配すると、家族が並びの席で飛行機を過ごせることが事前にわかり安心できます。

一方、パッケージツアーの場合

一方、パッケージツアーの場合は、少々事情が異なります。と言うのも、パッケージツアーでは、そのツアーの条件によって、席の指定が難しいことが多いからです。

たとえば、そもそも席が指定できないツアーがあります。また並び席の指定ができるツアーでも、その場合バシネットが使える席とは限りません。またバシネットを使えることを優先しようとすると、今度は大人の席が並びではなくなる可能性もあります。

なので、ツアーを利用して、バシネットかつその夫婦が並び席で座りたい場合は、出発日に早めに空港に言ってカウンターでリクエストするなど、とにかく努力し続けることが必要になります。

せっかくハワイ旅行に行くのに、このように出発日まで飛行機の座席についての不安を抱えているのは、ちょっと辛いですよね。

赤ちゃんとのハワイ旅行の航空券は個人で手配したほうが安心

というわけで、赤ちゃんとのハワイ旅行の航空券は個人で手配したほうが安心です。個人で航空券を手配すると、電話で事前にバシネットを使える席かどうかの確認ができますし、できない場合はその対策を取れます。

今回ご紹介した航空会社の電話のサポートの窓口は、バシネット以外のリクエストについても確認でき便利です。たとえば、デルタ、ユナイテッド、ハワイアンで利用できるちょっと広いエコノミークラスのシートに変更できるのか、そして、それがいくらなのか、なども確認できます。

インターネットで何でもできる時代になりましたが、電話の場合は窓口の担当者に疑問点をすぐ確認できる良さがあります。

Return Top