はじめてのハワイ旅行

Airbnbでのワイキキ宿泊でチェックインまで荷物を預ける3つの方法

Airbnbでのワイキキ宿泊でチェックインまで荷物を預ける3つの方法

今回は、Airbnbでワイキキの貸切物件に初めて宿泊する人に伝えたい情報です。

ハワイ到着日の荷物の預け先に困ることがある

日本人旅行者が、Airbnbでワイキキの貸切物件に宿泊する場合、ハワイ到着日に荷物の預け先に困る可能性が考えられます。

なぜかというと、宿泊先のチェックイン時間が、午後となる場合があるからです。一方、日本からのハワイ便は、日本の夜に出発して、ハワイの午前中に着くことが多いです。

そのため、チェックイン時間まで間があり、それまで荷物の預け先に困ります。

ホテルの場合は、午前中に着いたとしても、何とかなります。フロントに荷物を預ける、ホスピタリティールームを使う、アーリチェックインを頼む、デイユースの部屋を使う、などの方法が取れるからです。

一方、Airbnbでワイキキの貸切物件に宿泊する場合は、荷物の預け先に困ります。ホテルで使えた方法が取れないからです。

ホストに荷物を預かってもらえないか聞く

そこで、Airbnbでのワイキキ宿泊でのチェックイン時間までの荷物の預け方をご紹介します。

まず、一番簡単な方法として、宿泊する物件のホストに、チェックイン時間まで荷物を預かってもらえないか聞くのが良いです。ホストによっては、「OK」と返事がもらえる場合があります。

私の実体験としては、ワイキキのコンドミニアムの貸切物件にAirbnbで宿泊した際に、そのように相談したことがあります。結果、「OK、ワイキキに着いたら、建物の○階に来てください。そこで荷物を預かります。」という返事を貰いました。

実際にその宿泊先を訪れてみると、その部屋のオーナーは、宿泊先の部屋と同じビルに営業所を構える不動産の管理会社のスタッフでした。その管理会社の事務所で「荷物を預かってくれる」とのことでした。

このようなケースもあるので、試しに、ホストに荷物を預かってもらえるか聞いてみるのが良いです。

ワイキキのJCBプラザ ラウンジ・ホノルルに預ける

ハワイ到着日に、チェックイン時間まで荷物を預ける2つ目の方法として、JCBプラザ ラウンジ・ホノルルを利用する方法があります。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルルの公式サイトから引用すると、そのサービス内容として、次のようにあります。

ラウンジサービス
…略…
7.お荷物の当日中一時預かりサービス

以前、このラウンジに直接問い合わせた際には、「荷物は無料で預かります」とのことでした。

このサービスは、JCBブランドのクレジットカードを持っている人しか使えない方法です。ですが、持っている人はぜひ活用すべき方法です。というのも、JCBプラザは、日本語が通じ無料で荷物を預けられる安心の環境だからです。

また、JCBプラザは、ワイキキのど真ん中にあるため、どこに宿泊するとしてもアクセスしやすい立地です。ので、到着日に荷物の預け先としてうってつけの場所です。

レンタカーで観光する

最後の3つ目の方法として、「レンタカーで観光する」という方法もあります。この方法は、正直なところ、あまりオススメできない方法です。初日は、時差ボケとフライト疲れがあり、運転に危険があるからです。

ただ、この方法を取ると、とりあえず、荷物の預け先には困らなくなります。荷物を車のトランクに入れて移動できるからです。

この方法を取る場合でも、無理に運転しないように工夫して過ごすことで、初日に運転するリスクを減らせます。例えば、空港でレンタカーを借りたら、アラモアナセンターに直行し、駐車場に車を駐めます。その後は、アラモアナセンター内でチェックイン時間まで過ごします。

こうすると、駐車料金もかかりませんし、運転する時間も減らせます。かつ、アラモアナセンター内で買い物することで、チェックインまでの時間を有効に使えます。

ほか、空港からワイキキに向かう途中に寄りやすい、モアナルア・ガーデンやタンタラスの丘の頂上の公園でゆっくり過ごすのも方法です。ただ、こうする場合は、初日の眠気の中での運転に、くれぐれも気をつけたほうが良いです。

同じ理由から、ノースショアやカイルアなど、ちょっと長めに運転が必要な観光スポットに行くのはオススメしません。できなくはないのですが、眠気から事故を起こすリスクが高いからです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly